ハイパーガジェットチャンネル

mineoのパケット放題 Plus使うならOPPO A54 5Gが最適!1/21までOCNモバイルONEで6400円!

Pocket

mineoのパケット放題Plusを使うならOPPO A54 5Gが最適!OCNモバイルONEで6400円!

通信量がカウントされない『節約モード』をONにした状態でも、最大『1.5Mbps』の速度で通信が可能なmineoの『パケット放題 Plus』。月額385円(税込)で利用出来るオプションサービスとしてはかなり優秀な部類に入ります。

パケット放題Plus

mineoより

なぜ優秀なのかと言えば、それは最大『1.5Mbps』の速度にあります。『通信速度は速ければ速いほど良い』と思っている人が沢山いると思いますが、利用用途によってはそうとも言い切れません。

現状では殆どの通信サービスが月に利用出来るデータ量を定めています。使えるデータ量が決まっているのにストリーミング動画を高速通信で観てしまうと、高解像度再生されデータ容量をかなり早いペースで使い切ってしまうことに。解像度の初期設定は必須です。

ahamo、LINEMO、povo 2.0ではYouTubeの解像度指定必須な理由
デフォルトは危険!ahamo、LINEMO、povo 2.0ユーザーはYouTubeの解像度を絶対指定した方が良い理由

『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は、NTTドコモ、Softbank、KDDIが提供している格安プラン。通信キャリアが直接提供している『MNO』サービスに該当するので、混雑が想定される ...

続きを見る

本当に重要なのは速さではなく『利用目的に合った速度で安定的に大容量通信出来る』こと。先述している通りmineoパケット放題 Plusは公式に発表されている通信速度が最大『1.5Mbps』。

最大1.5Mbpsであれば、日常的に1Mbps~1.3Mbps程度の速度が出ていれば十分だと普通は思いますよね。しかし実測してみると最大『1.5Mbps』が嘘であると発覚。

通信開始から少しの間は3Mbps程度まで速度が上昇。徐々に速度は落ちていき、大体『1.5~1.6Mbps』あたりで落ち着きます。ありがたい事に速度オーバーしてるんです。

mineo通信速度

最大速度に上限を定めていないと、通信キャリアから回線をレンタルしている『MVNO』の場合は混雑する時間帯に著しい速度の低下を起こします。

しかし予め『1.5Mbps』と目安を決めておけば、余裕をもって管理する事が可能となり速度が安定。まさにパケット放題 PlusはMVNOにジャストフィットした回線の使い方をしていると言えるでしょう。

mineoの通信速度

1.5Mbpsだと10秒1.875MB60秒(1分)で11.25MB60分(1時間)で675MBのデータ通信が可能。LINEモバイルが公表しているデータを参考にすると、スマートフォンの画面サイズでは十分実用的な『480p(SD画質)』で動画を観られる事が分かります。

動画のデータ通信量

LINEモバイルより

実際YouTubeを480pで再生しても読み込みで止まる事は無く、さらに上の720pでも比較的スムーズに再生。Amazonプライムビデオも再生開始から少し時間が経過したら表示が『HD(高画質)』に切り替わりました。

youtube解像度

YouTubeより

mineoでは3日間で10GB以上通信を行うと速度制限がかかる可能性があると定めていますが、今のところ私は制限をかけられた事がありません。あくまで『パケット放題』をウリとしているサービスなので、ある程度はオーバーしても許容されるのかと。

節約モード

mineoより

ちなみにパケット放題 Plusはデータ通信専用の『シングルタイプ』、音声通話対応の『デュアルタイプ』どちらにも適用する事が可能です。シングルタイプは『1GB:880円(税込)』~利用出来るので、パケット放題 Plusと組み合わせても月額1,265円(税込)とかなりリーズナブル。

mineoパケット放題 Plusの利用用途として一番お勧めしたいのは『オンライン動画視聴』。動画視聴は電力消費が多くなるので、mineoと組み合わせるなら電池持ちの良い『スタミナスマホ』が理想。現行端末から選ぶなら低消費電力設計のSnapdragon 480 5Gを搭載している『OPPO A54 5G』がイチオシ。

OPPO A54 5G

OPPO A54 5G

Snapdragon 480 5Gは日常使いを快適に行える程度の処理能力と低消費電力による長時間駆動が特徴となります。さらにOPPO A54 5Gは電池容量が5,000mAhと大容量。私はこれまでかなりの数のスマートフォンを使用してきましたが、OPPO A54 5Gの電池もちはその中でも確実にトップクラスです。

Antutu
5G世代のエントリーモデルOPPO A54 5Gの実力を徹底検証!スナドラ400シリーズってポンコツじゃないの?

5G世代のエントリーモデルとなるOPPO A54 5G。Socには『Snapdragon 480 5G』を採用しています。Snapdragon 400シリーズ搭載モデルと言えば、少し前まではおサイフや ...

続きを見る

Redmi Note 10 JEと同じSocを搭載するOPPO A54 5Gでストレステストしたらとんでもない結果に!

記事に書かれている内容1 Xiaomi Redmi Note 10 JEはSnapdragon 480 5Gを搭載するエントリーモデル2 Snapdragon 480 5Gを搭載するOPPO A54 ...

続きを見る

バッテリー消費量が『30%削減』されるColorOS12へのアップデートも確定しているので、今後さらに電池のもちは長くなります。画面サイズは6.5インチと大きめ。通勤通学、お昼休みとフルに動画を観続けても余裕の電池もち。パケット放題 Plusを使い倒すのに最適な端末なのは間違いなし。

Android 12
Android 12へのアップデートが確定している格安エントリー5Gスマホ『OPPO A54 5G』を買うべき理由。

先日Googleは自社端末となるPixelシリーズに『Android 12』の先行配信を開始しました。年内に『Xiaomi』『Realme』『Oppo』『OnePlus』『Vivo』『Tecno』の端 ...

続きを見る

OPPO A54 5Gを一番安く買えるお店

OPPO A54 5Gのメーカー店舗価格は31,800円(税込)。5G対応のスマートフォンとしてはかなり控えめな設定ですが、格安SIMOCNモバイルONEでは1月21日(金)の午前11時までOPPO A54 5Gの限定セールを行い更に大幅値下げ。期間中は『6,400円(税込)』で同端末を購入する事が可能です。

OPPO A54 5G SALE

OCNモバイルONEより

セール価格で購入するには音声対応SIM(月額770円~)の契約が必要になりますが、ランニングコストを更に下げる裏技があります。OCNモバイルONEは10月21日から月額550円の新プランをスタート。

OPPO A54 5Gの購入時にこのプランを選択する事は出来ません。しかし770円から550円のプランに切り替える事は可能。この方法をとればOPPO A54 5Gをセール価格で購入し、月額550円でOCNモバイルONEの音声対応SIMを維持出来ます。

月額550円で1円スマホを維持する方法
【裏技】OCNモバイルONEで『1円スマホ』を買って月額550円で運用する方法。ミュージックカウントフリーも使えるぞ!

本日(10月21日)から、格安SIMのOCNモバイルONEが月額550円(税込)で利用可能な音声対応SIM用の新プラン『500MB/550円(税込)』の提供を開始しました。 OCNモバイルONEより ...

続きを見る

550円プランの通信容量は0.5GBと少なめですが、データ通信はmineoパケット放題 Plusで行えば問題なし。しかもOCNモバイルONEは通話料金が11円/30秒とかなり割安で、同プランには10分相当の無料通話もついてきます。通話用のSIMとして最適ですね。

激安でOPPO A54 5Gを購入出来て、かつ安価な通話環境も手に入るOCNモバイルONE。月額ランニングコスト『1,815円(1,265円+550円)』で、通信量と電池切れを気にせず超自由なモバイルライフを満喫しましょう!

OPPO A54 5Gの主な仕様

重量約190g
サイズ(mm)約75mm×163mm×8.4mm
連続通話時間約2,700分
連続待受時間約400時間
電池容量5,000mAh
充電時間約136分(18W(9V/2A)のUSB PD/ACアダプター使用時)
充電Qualcomm®Quick Charge™ 2.0(18W)
USB Power Dellvery2.0(18W)
OSColorOS 11 (Based on Android™ 11)
CPUQualcomm® Snapdragon™ 480 5G
オクタコアCPU:2.0GHz×2+1.8GHz×6
内部メモリRAM 4GB/ROM 64GB
外部メモリmicroSDXC™ 最大1TB
SIMカードスロットトリプルスロット
nanoSIM×2+microSD×1
SIMタイプnanoSIM
ディスプレイ約6.5インチ/フルHD+(2400×1080)/TFT-LCD/90Hz
アウトカメラ【メイン】約4,800万画素(F値1.7)
【超広角】約800万画素(F値2.2/画角119°)
【モノクロ】約200万画素(F値2.4)
【マクロ】約200万画素(F値2.4)
インカメラ約1,600万画素(f/2.0 絞り値)
対応周波数GSM: 850/900/1800/1900MHz
WCDMA: Bands 1/2/4/5/6/8/19
FDD-LTE: Bands 1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28
TD-LTE: Bands 38/39/40/41/42
5G NR: n3/n28/n77/n78
無線通信方法Wi-Fi®:2.4/5GHz 802.11a/b/g/n/ac
テザリング対応
BluetoothVer.5.1
位置情報GPS / Beidou / GLONASS / QZSS
USBポートUSB Type-C™ / USB 2.0対応 / OTG対応
センサー磁気センサー / 近接センサー / 光センサー / 加速度センサー / ジャイロセンサー / ステップカウント機能対応
サウンドシステムモノラルスピーカー / 3.5mm イヤホンジャック
生体認証側面指紋認証・顔認証
本体付属品SIM取出し用ピン×1 / 保護ケース×1 /
保護フィルム(貼付済み)×1 /
安全ガイド×1 / クイックガイド×1

OPPO A54 5Gが対応する周波数帯

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

mineoはデータ使い放題の通信品質が安定。YouTubeも快適
mineoは格安SIMだけどデータ通信使い放題の品質良好。最大1.5Mbpsがもたらす抜群の安定&安心感!動画も余裕!

数年前まで、一定の料金で『データ通信し放題』を提供する格安SIM(MVNO)が複数存在していました。しかしどのサービスも評判が良いのは最初だけ。それはなぜだったのか。 MVNOは通信キャリアから帯域を ...

通信キャリアで購入したスマートフォンにお勧めなSIMと設定方法
NTTドコモ、Softbank、auで購入したスマホで使える格安なSIMはコレだぁ!通信開通までの簡単な設定方法も解説

数年前までスマートフォンは『NTTドコモ』『Softbank』『KDDI(au)』といった通信キャリアのショップで購入するのが一般的。端末には特定のSIMのみで動作する『SIMロック』がかけられていた ...

LINEMO PayPayボーナス増額
【吉報】1月14日にLINEMOがPayPayボーナス改善!スマホプランに他社から乗り換えで1万円相当付与!何買う!?

通信キャリアSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。一般的に認識されている格安SIMは、通信キャリアから回線をレンタルしてユーザーに提供している『MVNO(仮想移動体通信事業者)』。 ...

デュアルSIM設定方法
デュアルSIMはこうやって設定する!OCNモバイルONEとLINEMOを1台のスマホで使用する方法を分かりやすく解説。

2021年に各通信業者は利用料金の大幅な引き下げを行いました。引き下げに伴い千円以内で利用可能な格安プランが多数登場。従来は1つの通信業者を利用するのが一般的でしたが、最近では2つの通信業者を同時に運 ...

スマホデビューは1円スマホで決まり
スマートフォンデビューは『1円スマホ』『550円SIM』で決まり!最初のハードルは低めがベスト。まずはココから始めよう

携帯電話はガラケーからスマートフォンへと進化を辿りました。ガラケー世代の人であれば、スマートフォンの性能アップに合わせて機種変更を行ってきたはず。しかし今は過渡期を迎えた状態。これから『スマホデビュー ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

mineoはデータ使い放題の通信品質が安定。YouTubeも快適
mineoは格安SIMだけどデータ通信使い放題の品質良好。最大1.5Mbpsがもたらす抜群の安定&安心感!動画も余裕!

数年前まで、一定の料金で『データ通信し放題』を提供する格安SIM(MVNO)が複数存在していました。しかしどのサービスも評判が良いのは最初だけ。それはなぜだったのか。 MVNOは通信キャリアから帯域を ...

Motorola edge 20にGCamをインストールするとカメラが無双する。夜景画質大幅向上!ISOも100以下に

2021年4月に日本市場に登場し、ミッドレンジながらハイエンド並の『ディスプレイ』『カメラ』性能でコスパ重視のユーザーから絶大な支持を得た『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。 このス ...

通信キャリアで購入したスマートフォンにお勧めなSIMと設定方法
NTTドコモ、Softbank、auで購入したスマホで使える格安なSIMはコレだぁ!通信開通までの簡単な設定方法も解説

数年前までスマートフォンは『NTTドコモ』『Softbank』『KDDI(au)』といった通信キャリアのショップで購入するのが一般的。端末には特定のSIMのみで動作する『SIMロック』がかけられていた ...

Snapdragon 888
今一番お勧めしたいSnapdragon 888搭載スマートフォンはコレだぁ!超最適化が完了してお値段以上の仕上がりに。

スマートフォンの性能決めるのは、CPUやGPUを集積する『Soc(System-on-a-chip)』。海外では『Snapdragon 8 Gen 1』を搭載するハイエンドモデルが徐々にリリースされ始 ...

Xiaomi 11T ProのAntutuBenchmarkスコアが神アップデートで大幅にアップ!
Xiaomi 11T Proが神アップデートでスーパーハイエンド化。MIUI 12.5 Enhancedの本領を発揮!

Xiaomiのハイエンドスマートフォン『Xiaomi 11T Pro』。Snapdragon 888を搭載する高性能モデルです。私はXiaomi 11T Proの他に『Zenfone 8』『OPPO ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, mineo, OCN モバイル ONE, OPPO, OPPO A54 5G, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 数量期間限定セール情報, 格安SIM
-, , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信