ハイパーガジェットチャンネル

AQUOS sense6の有機EL IGZOが神ってる!22gの軽量化も実現。女性に超モテるスマホの魅力が更にアップ!

Pocket

IGZOが有機ELになって神進化したAQUOS sense6。さらに22g軽量化!

SHARPの大人気スマートフォン『AQUOS sense』シリーズが『AQUOS sense4』から『AQUOS sense6』にアップデート。処理能力に特化したモデルでは無いので、近い価格帯で高い処理能力を求めるのであれば、『Mi 11 Lite 5G』や『Motorola edge 20』をお勧めします。

AQUOS senseシリーズの魅力は処理能力ではありません。17項目のテストをクリアしてMIL規格(MIL-STD-810H)を取得した耐久性の高さ。そして最高レベル防水防塵性能(IPX5/IPX8/IP6X)ととにかく場所を選ばずタフに使えること。

そしてFeliCaに対応しているので『おサイフケータイ』も使えます。男性であれば処理能力などスペック重視になりますが、女性ユーザーは『実生活に寄り添っているかどうか』を重要視しているような。だからAQUOS senseシリーズが人気なのでしょうね。

実用性の高さはそのままに、今回大きく刷新された一つが『デザイン』。私はAQUOS se                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       nse4のデザインは『微妙だな』と感じていました。女性ユーザー向けのモデルである事を考えるともう少し何とかならないものかと。

AQUOS sense4のデザイン1

AQUOS sense4のデザイン2「

AQUOS sense6では有機ELを採用した事でバックライトが不要に。物理的に薄くフラットなデザインへの切り替えが可能となりました。

薄くなったAQUOS sense6横に並べると厚みの違いをはっきりと確認出来ます。重量も22g軽量化。薄型軽量化しつつ、画面サイズを『5.8インチ』から『6.1インチ』に拡大出来たのは、有機ELを採用して指紋認証センサーを画面内に埋め込んだから。

AQUOS sense4とAQUOS sense6の厚みを比較

AQUOS sense6の画面内指紋認証

フレームの丸みを抑えたことで野暮ったさが無くなり洗練されたイメージに。iPhoneの最新シリーズに近づいた印象です。手に持つと尚更『iPhoneぽいな』と感じます。

ライトカッパーのカラーリングとの相性も良好。折角デザインが良くなったので、薄さを活かしたクリアケースと合わせて使いたいですね。

デザイン以上に強化されたのが『ディスプレイ』。もともとSHARPが開発した『IGZO』技術を採用していたので、液晶の中ではトップクラスの画質と低消費電力を持っていたAQUOS sense4のディスプレイ。

AQUOS sense6では先述している通り液晶が『有機EL』に進化。さらに10bit(10億色以上)表示にも対応するという1段飛ばしなアップデートを敢行。そして画面サイズが『6.1インチ』に拡大した事で0.3インチ分多くの情報を1画面で表示出来る様に

これまで疑いの余地なく『美しい』と認識していたAQUOS sense4のIGZOディスプレイですが、AQUOS sense6の『有機EL IGZO』と比較するとその差は一目瞭然。ダイナミックレンジが広がったことで奥行きが一気に増しました。

ダイナミックレンジの差

左:AQUOS sense6 右:AQUOS sense4

10bit対応』非対応による大きな違いも明らかに。下の画像でAQUOS sense4は空のグラデーション部分が破綻してしまっています。それに対しAQUOS sense6はとても高精細で滑らか。黒の深さと階調の豊かさをどちらも兼ね備えていなければこのクオリティで表示する事は出来ません。

AQUOS sense4

AQUOS sense4のIGZOディスプレイ

有機EL IGZO

AQUOS sense6の有機EL IGZOディスプレイ

AQUOS sense4のディスプレイ

AQUOS sense4のIGZOディスプレイ

AQUOS sense6のディスプレイ

AQUOS sense6の有機EL IGZOディスプレイ

カラフルな色の表示もご覧の通り。有機ELの質が悪いと原色系の発色が強くなりすぎて目にきつい不自然な描写に。

ビビッドカラーの表示比較

下:AQUOS sense6 上:AQUOS sense4

有機EL IGZOの場合はピクセルごとに色表現が精細なので不自然さは皆無。逆にリアリリティが強すぎてガラス越しに生の景色を観ているかの様な錯覚を起こしてしまいます。このレベルのディスプレイはかなり稀ですね。

『ディスプレイの画質が上がっているだろう』と想定はしていましたが、実際に比較してみるとその差は明らかに想定以上。見入ってしまいます。

AQUOS sense4ユーザーは、機種変するつもりが無いのであれば量販店でAQUOS sense6を見かけても素通りしてください。恐らくショックを受けるので!

AQUOS sense6を一番安く買えるお店は?
IGZOが有機ELに超進化!10億色表示対応のAQUOS sense6を安く買えるのは?格安SIMなら期間限定2万円

SHARPは2021年11月26日(金)に、大人気シリーズとなるAQUOS senseの最新モデル『AQUOS sense6』のSIMフリー版を発売開始しました。『ライトカッパー』『シルバー』『ブラッ ...

続きを見る

SHARP AQUOS sense6の主な仕様

SHARP AQUOS sense6
SocSnapdragon 690 5G
容量4GB/64GB、6GB/128GB
電池4,570mAh(USB Power delivery Revision3.0)
重量156g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • 表示色:10億色
  • 種類: 有機EL(IGZO OLED)
  • 解像度:1080×2432ピクセル
  • タッチサンプリングレート:120Hz
  • HDR10
  • HLG
  • YouTube HDR
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:4800万画素
    F値:1.8
    広角:79度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
  • 望遠カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:45度
    焦点距離:53mm相当(35mm換算)
    望遠:光学2倍
    手ブレ補正:電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:120度
    焦点距離:15mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
オーディオシングルスピーカー
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.1
FeliCa対応
位置情報GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac
SIMnanoSIM/eSIM DSDV
防塵防水IPX5/IPX8/IP6X
MIL規格MIL-STD-810H
OSAndroid 11

SHARP AQUOS sense6にお勧めな格安SIM

  • 5G : n3 / n28 / n77 / n78 / n79
  • LTE : B1 / B3 / B5 / B8 / B18 / B19 / B38 / B39 / B41/ B42
  • 3G : B1 / B5 / B8
  • GSM : 850 / 900 / 1,800 / 1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

格安SIMに関連する記事

mineoはデータ使い放題の通信品質が安定。YouTubeも快適
mineoは格安SIMだけどデータ通信使い放題の品質良好。最大1.5Mbpsがもたらす抜群の安定&安心感!動画も余裕!

数年前まで、一定の料金で『データ通信し放題』を提供する格安SIM(MVNO)が複数存在していました。しかしどのサービスも評判が良いのは最初だけ。それはなぜだったのか。 MVNOは通信キャリアから帯域を ...

通信キャリアで購入したスマートフォンにお勧めなSIMと設定方法
NTTドコモ、Softbank、auで購入したスマホで使える格安なSIMはコレだぁ!通信開通までの簡単な設定方法も解説

数年前までスマートフォンは『NTTドコモ』『Softbank』『KDDI(au)』といった通信キャリアのショップで購入するのが一般的。端末には特定のSIMのみで動作する『SIMロック』がかけられていた ...

LINEMO PayPayボーナス増額
【吉報】1月14日にLINEMOがPayPayボーナス改善!スマホプランに他社から乗り換えで1万円相当付与!何買う!?

通信キャリアSoftbankが提供している格安プラン『LINEMO』。一般的に認識されている格安SIMは、通信キャリアから回線をレンタルしてユーザーに提供している『MVNO(仮想移動体通信事業者)』。 ...

デュアルSIM設定方法
デュアルSIMはこうやって設定する!OCNモバイルONEとLINEMOを1台のスマホで使用する方法を分かりやすく解説。

2021年に各通信業者は利用料金の大幅な引き下げを行いました。引き下げに伴い千円以内で利用可能な格安プランが多数登場。従来は1つの通信業者を利用するのが一般的でしたが、最近では2つの通信業者を同時に運 ...

スマホデビューは1円スマホで決まり
スマートフォンデビューは『1円スマホ』『550円SIM』で決まり!最初のハードルは低めがベスト。まずはココから始めよう

携帯電話はガラケーからスマートフォンへと進化を辿りました。ガラケー世代の人であれば、スマートフォンの性能アップに合わせて機種変更を行ってきたはず。しかし今は過渡期を迎えた状態。これから『スマホデビュー ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

続きを見る

格安SIMからMNOへ
格安SIMに『懲り懲りした』人はまず『LINEMO』を試してみた方が良い理由。月額990円でMNO回線が使えるのは奇跡

MVNOとMNOの大きな違いは『回線をレンタルしているか』『自ら回線を提供しているか』。MVNOは通信キャリアから必要な分回線をレンタルし、ユーザーに提供を行っています。基地局を維持する必要が無いので ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

mineoはデータ使い放題の通信品質が安定。YouTubeも快適
mineoは格安SIMだけどデータ通信使い放題の品質良好。最大1.5Mbpsがもたらす抜群の安定&安心感!動画も余裕!

数年前まで、一定の料金で『データ通信し放題』を提供する格安SIM(MVNO)が複数存在していました。しかしどのサービスも評判が良いのは最初だけ。それはなぜだったのか。 MVNOは通信キャリアから帯域を ...

Motorola edge 20にGCamをインストールするとカメラが無双する。夜景画質大幅向上!ISOも100以下に

2021年4月に日本市場に登場し、ミッドレンジながらハイエンド並の『ディスプレイ』『カメラ』性能でコスパ重視のユーザーから絶大な支持を得た『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。 このス ...

通信キャリアで購入したスマートフォンにお勧めなSIMと設定方法
NTTドコモ、Softbank、auで購入したスマホで使える格安なSIMはコレだぁ!通信開通までの簡単な設定方法も解説

数年前までスマートフォンは『NTTドコモ』『Softbank』『KDDI(au)』といった通信キャリアのショップで購入するのが一般的。端末には特定のSIMのみで動作する『SIMロック』がかけられていた ...

Snapdragon 888
今一番お勧めしたいSnapdragon 888搭載スマートフォンはコレだぁ!超最適化が完了してお値段以上の仕上がりに。

スマートフォンの性能決めるのは、CPUやGPUを集積する『Soc(System-on-a-chip)』。海外では『Snapdragon 8 Gen 1』を搭載するハイエンドモデルが徐々にリリースされ始 ...

Xiaomi 11T ProのAntutuBenchmarkスコアが神アップデートで大幅にアップ!
Xiaomi 11T Proが神アップデートでスーパーハイエンド化。MIUI 12.5 Enhancedの本領を発揮!

Xiaomiのハイエンドスマートフォン『Xiaomi 11T Pro』。Snapdragon 888を搭載する高性能モデルです。私はXiaomi 11T Proの他に『Zenfone 8』『OPPO ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, AQUOS sense6, Gadget NEWS, SHARP, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信