シャオミのスリムで速いやつ、Mi 11 Lite 5Gの進化が止まらない。アップデートの度に上がり続けるパフォーマンス

2021年12月5日

進化を続けるMi 11 Lite 5G

アップデートにより『メモリ増設機能』が提供された『Xiaomi  Mi 11 Lite 5G』。同機能が提供されるまでは、AntutuBenchmarkのスコア計測で『メモリ不足』が表示されGPUの数値を正しく測れない事がしばしば。

Antutu

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのAntutuベンチマークスコア

メモリ増設はストレージの一部をメモリとして使用する機能。スマートフォンに導入されはじめたのは最近ですが、パソコンではすでにお馴染みとなり『仮想メモリ』と呼ばれています。

RAM

ストレージはメモリと比較して読み書き速度が遅いので、増設というよりはあくまで『仮想的にメモリが増えている』状況だという事は理解しておきましょう。

例え仮想的だとしても、容量オーバーを起こしてアプリが強制停止したり、動作が極端に遅くなることを回避してくれるので効果は大。『メモリ増設機能』をON(設定→追加設定→メモリ増設)にすると、メモリとして使用出来る容量が『2GB』増加して合計で『8GB』に。

2GB増設

ONの状態でAntutuBenchmarkのスコアを3回連続で測ってみたところ、下画像の通り高い数値を連発。メモリ不足は表示されませんでした。

Antutu1

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのAntutuBenchmarkスコア(1回目)

Antutu2

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのAntutuBenchmarkスコア(2回目)

Antutu3

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのAntutuBenchmarkスコア(3回目)

AntutuBenchmarkと同様に、ベンチマーク測定アプリとして有名な『GeekBench5』でCPUのパフォーマンスを再計測。メモリ増設機能が提供される前のスコアはシングルコアが『712』でマルチコアが『2,392』。

CPU性能

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのGeekbench5スコア

メモリ増設機能ONにしてGeekbench5のスコアを2回続けて計測。1回目がシングルコア『771』で2回目がマルチコア『2,658』。どちらも同機能提供前を大きく上回っています。

Geekbench5計測1回目

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのGeekbench5スコア(1回目)

2回目はシングルコアが『804』でマルチコアが『2,732』。1回目のスコアを超えています。

Geekbench5計測2回目

Snapdragon 780Gを搭載するXiaomi Mi 11 Lite 5GのGeekbench5スコア(2回目)

AntutuBenchmarkのスコアも1回目、2回目、3回目とスコアが上昇。ベンチマークの計測は端末に強い負荷をかけ続けるので、連続で行うと通常は徐々にスコアが下がります。しかしMi 11 Lite 5Gの場合はその逆。負荷がかかっても高いパフォーマンスを維持し続けている事が分かります。

Geekbench5計測

Dimensity 1200-Ultraを搭載するXiaomi 11TのGeekbench5スコア

パワーアップしたMi 11 Lite 5GのGeekbench5スコアは、上位モデルとなるXiaomi 11Tに肉薄するもの。たったの『159g』でハイエンドに迫るパフォーマンスを持つMi 11 Lite 5G。最新ファームウェアMIUI 13では更にシステムが軽量化する予定。ユーザーは期待して待ちましょう!

Mi 11 Lite 5G SALE

Mi 11 Lite 5Gを安く買えるのはどこのお店?Amazon、楽天市場、格安SIMで比較!まさかの1万円台も!?

続きを見る

Mi 11 Lite 5G MIUI12.5
軽いスマホXiaomi Mi 11 Lite 5Gが更に軽量化!MIUI 12.5へのアップデートで電池もち改善!

続きを見る

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gに関するレビュー

Xiaomi Mi 11 Lite 5G総合レビュー!シャオミの殻を破ったスマホは全てが完璧だった。市場を震わす完成度

続きを見る

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの主な仕様

Xiaomi Mi 11 Lite 5G
SocSnapdragon 780G(5nm)

  • CPU:Cortex-A78×1(2.4GHz)、Cortex-A78×4(2.4GHz)、Cortex-A55×4(1.9GHz)
  • GPU:Adreno 642(490MHz)
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池4,250mAh(最大33W急速充電)
重量159g
画面
  • サイズ:6.55インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:240Hz
  • ピーク輝度:450nits(標準)、800nits(高輝度モード)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:ゴリラガラス6
カメラメインカメラ

  • 解像度:6,400万画素
  • F値:1.79
  • 焦点距離:26mm
  • センサーサイズ:1/1.97
  • 画素サイズ:0.7µm
  • オートフォーカス:デュアルピクセルAF

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平119度
  • センサーサイズ:1/4.0
  • F値:2.2
  • 画素サイズ:1.12µm

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス:コントラストAF

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 焦点距離:27mm
  • センサーサイズ:1/3.4
  • 画素サイズ:0.8µm
おサイフケータイ対応
防水防塵IP53
オーディオデュアルスピーカー
SIMnano SIM×2スロット
OSMIUI12(Android 11)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gの対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n77/n78/n66
  • LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • LTE TDD:38/40/41
  • 3G WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G GSM:2/3/5/8

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Mi 11 Lite 5G, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , ,