2021年コスパ最強スマホは『Xiaomi 11T Pro』で確定だぁ!使うほど『超お得』を感じさせてくれる作り込み。

2021年12月24日

2021年ベストコスパスマホ

2021年もあと僅か。今年も沢山のスマートフォンを購入しました。その中でも『最高のコスパ!』と感じさせてくれたのは、Xiaomi(シャオミ)がはじめて日本市場に投入したハイエンドモデル『Xiaomi 11T Pro』でした。

Xiaomi 11T Pro

同程度の性能を持つハイエンドは、他に『ASUS Zenfone 8』『OPPO Find X3 Pro』『Google Pixel 6』を所有しています。それらと比較しても、『Xiaomi 11T Pro』がベストだと感じた理由を今回は解説していきたいと思います!

ハイエンド最安ラインの低価格設定。あわやミッドレンジと競合する6万円台

まず一番は『価格の安さ』。ただしコストパフォーマンスは『価格』と『パフォーマンス』が伴っていなければ『高い』と言えません。『パフォーマンス』は使い手によって変わるので、何か買う時にはその部分の見極めがとても重要に。

  • Xiaomi 11T Pro:69,800円~
  • Google Pixel 6:74,800円~
  • ASUS Zenfone 8:79,800円~
  • OPPO Find X3 Pro:118,000円

価格で一番近いのはPixel 6で差額は5千円程度。Zenfone 8は5.9インチと一回りサイズが小さいので、ハイエンドでも系統が異なります。

Xiaomi 11T ProPixel 6は性能的な大差もなく、コストパフォーマンスを重視して選ぶのであれば甲乙つけがたい存在。では何故Pixel 6ではなくXiaomi 11T Proを選ぶのか。

充電の概念すら変えてくれた120Wという圧倒的な速度

まず大きく違うのが『充電速度』。Xiaomi 11T Proは最大『120W』の超急速充電に対応しています。外出しなければならない間際に電池残量がほぼ『0』だと気づき、何度この速さに助けられた事か。

10分程度で実用的な駆動時間を得られるってこんなにも便利なの!Xiaomi 11T Proのお陰で充電に対する意識が、『煩わしい』から『助けてくれるもの』に変わったのです。

120W充電

殆どのスマートフォンで同じ状況が発生したら、『モバイルバッテリーを持参する』か『家に置いていく』といった選択肢をとることに。連絡手段となる『LINE』がインストールされていたら強制的に前者。Xiaomi 11T Proでは実現不可能だった『充電して持ち出す』という第3の選択肢を得られます。

Xiaomi 11T Pro
最大120Wの充電技術に対応するXiaomi 11T Proが真のハイエンドスマートフォンである理由。いよいよ発売開始

続きを見る

カメラ画質が良いだけじゃない!HEIF対応でデータ容量はJPEGの半分程度

そしてもう一つが『カメラ』です。Pixel 6は同シリーズではじめて『1/1.31インチ』の大型イメージセンサーを採用。ポートレートモードなしで『自然なボケ』を表現出来るように。たまに光の入り込みが強すぎる時はありますが、画質は間違いなくスマートフォン最高クラス。

Pixel 5aとPixel 6のカメラ画質を比較
イメージセンサーが大きくなるとこうなる!グーグル Pixel 6とPixel 5aのカメラを撮り比べしてみた!

続きを見る

カメラ画質のみで評価するならPixel 6の方がやや上の印象。それでも低照度における高い描写力や、鮮やかな色表現はハイエンドの中でも上位と言えるXiaomi 11T Pro。女性は恐らくこちらの画作りが好きかも。

Xiaomi 11T Proのカメラで撮影した画像1

【Xiaomi 11T Proのカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/500、ISO:50、焦点距離:5.96mm

Xiaomi 11T Proのカメラ

【Xiaomi 11T Proのカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/50、ISO:462、焦点距離:5.96mm

りんごの煮たの

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/50、ISO:513、焦点距離:5.96mm

Xiaomi 11TとXiaomi 11T Proのカメラ画質比較
Xiaomi 11T Proと11Tのカメラを撮り比べ!ISPの違いによる画質差をチェック!気に入ったスマホはどっち?

続きを見る

Xiaomi 11T ProとXiaomi 11Tで夜景撮り比べ
Xiaomi 11T、11T Proで夜景を撮り比べ!低照度撮影重視ならこっちのスマホが良さげ。シャープでクリアな画質

続きを見る

処理能力とカメラ画質がどっちも高い!超おすすめハイエンドXiaomi 11T Pro
Xiaomi 11T Proのカメラは低容量なのに表現力豊か!2022年はこのハイエンドスマホで撮りまくるしかねぇ!

続きを見る

Xiaomi 11T Proはカメラ画質に優れるだけでなく、『HEIF(.HEIC)』形式をサポート。HEIFはもっとも汎用的なJPEG比2倍の圧縮率を持ち、撮影データは殆どが1MB台。容量を気にせずすむので連写しまくりです。

充電があっという間に完了し、写真のデータ量も気にならない。この2点がスマホライフを何倍も『』にしてくれました。

HEIF設定

さらにHEIFは『10bit』対応で階調表現が豊かという特徴も。iPhoneでは標準のファイル形式ですが、Android端末でほぼ非対応(Find X3 Proは対応)。Androidだからこそ、HEIFの価値を何倍にも感じられます。

Xiaomi 11Tカメラ
Xiaomi 11T、11T ProのカメラはHEIFをサポート!10bit対応で容量はJPEGの半分て無敵かよ!

続きを見る

ディスプレイメイトからA+の評価を受けた高品質な有機ELディスプレイは10bit対応。撮って観るまでを完結

Xiaomi 11T Proのディスプレイ

Xiaomi 11T Proディスプレイ10bit(10億色以上の表示)対応。とても発色の美しい、ディスプレイメイトから『A+』の最高評価を受けている有機ELです。

最近ではXiaomi Mi 11 Lite 5GMotorola edge 20といったハイミッドレンジのディスプレイも10bitに対応しているので、特段ハイエンドに特化した性能とは言えません。

しかしカメラがHEIFをサポートしている端末は先述している通りかなり希少。Xiaomi 11T Proでは撮って観るまでを完結。パフォーマンスを持て余しません。

HEIF画像を大画面で楽しむならXiaomi Pad 5
Xiaomi Pad 5ならXiaomi 11T、11T Proで撮影したHEIF画像を大画面で最っ高に楽しめる!

続きを見る

スマホだけどちゃんと音楽を聴けるharman cardon監修のステレオスピーカー

Xiaomi 11T Proのharman kardon監修スピーカー

極めつけはharman cardonが監修しているステレオスピーカー。Pixel 6のスピーカーもステレオ仕様ですが、臨場感がまるで違います。

音響メーカー』のチューニング技術により、スマートフォンでも音だけでなく『音楽』も聴けるクオリティに。見せかけのロゴではありません。

harman cardon監修スピーカー搭載スマホXiaomi 11T Pro
Xiaomi 11T Proのスピーカーはharman cardon監修で音が進化。片方ダミーだった頃が懐かしい!

続きを見る

使い込むほど高性能とお得を体感できる!2021年度コスパ最強スマホ

充電』『撮る』『観る』『聴く』といったすべてのユーザーが恩恵を受けられるであろう要素を高い次元にスペックアップしたXiaomi 11T Pro。使い込むほどに感じる圧倒的な『安さ』。このスマホが『69,800円』ですよ。あまりにお得すぎる。『2021年コスパ最強スマホ(日本)』で文句ないでしょ!

Xiaomi 11T Proを一番安く買う方法
全てが驚速なカメラスマホ!Xiaomi 11T Proが安く買えるのはココ!格安SIMならハイエンドが乗換えで3万円台

続きを見る

高性能を詰め込んだXiaomi Japan初のハイエンドモデルXiaomi 11T Pro
実はメモリ容量11GBの超ハイエンド。Xiaomi 11T Proの満足度が高すぎぃ!これで6万円台は嘘でしょレベル。

続きを見る

Xiaomi 11TとXiaomi 11T Proの性能を実機検証
Xiaomi 11T、11T ProのCPU・GPU性能を実測。国内シャオミ史上最強のブラザースマホ誕生!ゲームも余裕

続きを見る

スマホで音楽を目一杯聴くのにお勧めなSIMはコチラ

YouTubeを高画質で観れる格安SIMmineo
mineoのパケット放題 Plusなら千円台でYouTubeが高画質に!PayPayフリマやラクマの表示もサクサク快適

続きを見る

月額550円のDAPかけ放題スマホの作り方
格安SIMのOCNモバイルONEと楽天モバイルなら月額550円で音楽聴き放題&国内通話かけ放題な激安DAPスマホ完成!

続きを見る

最大1MbpsでもYouTubeを見れる
格安プランのahamoやLINEMOなら『20GB』使い終わった後でもYouTubeを観たり音楽を聴き続けられる理由。

続きを見る

Xiaomi 11T Proの主な仕様

Xiaomi 11T Pro
SocSnapdragon 888(5nm)
容量8GB/128GB、8GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5
  • ストレージ:UFS3.1
電池5,000mAh(最大120W急速充電)
重量204g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:480Hz
  • 輝度:800ニト(HBM)、1,000ニト(ピーク)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • 10億色表示:対応
  • Dolby Vision:対応
  • MEMC:24fps to 48fps, 25fps to 50fps, 30fps to 60fps
  • HDR10+:対応
  • DisplayMate評価:A+
  • 素材:Corning®️ Gorilla®️ Glass Victus™
カメラメインカメラ

  • 解像度:1億800万画素(動画は8K/30fps)
  • F値:1.75
  • 画素サイズ:2.1μm(9-in-1 Super Pixel)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス(3cm~7cm)

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.45
FeliCa対応
センサー近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ|、電子コンパス、リニアモーター、IRブラスター、バロメーター、色温度センサー
オーディオデュアルスピーカー(Harman Kardon監修、Dolby Atmos対応)
SIMnano SIM×2スロット
OSMIUI 12.5、android 11

Xiaomi 11T Proにお勧めなSIM

  • 5G:NSA + SA をサポート
  • 5G:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78
  • 4G:LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • 4G:LTE TDD:B38/40/41/42
  • 3G:WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM:850 900 1800 1900 MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi 11T Pro, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , ,