ハイパーガジェットチャンネル

Motorola edge 20を実際に使ってみたら電池もちが予想外に良かった。ゲームしない勢には完成形的スマホかも!

Pocket

薄型軽量なのに電池もちも良好なスマートフォンMotorola edge 20

Motorolaの薄型軽量スマートフォン『Motorola edge 20』。私は購入前、正直このスマートフォンにあまり期待をしていませんでした。その理由が『電池容量』。

Motorola edge 20は画面サイズが『6.7インチ』。これは画面サイズの大型化が進むAndroidスマートフォンの中でもかなり大きい部類に入ります。

10億色対応

Motorola edge 20の6.7インチ有機ELディスプレイ

画面の大型化に合わせて電池も大容量に。5,000mAh以上の電池容量を持つ端末が珍しくなくなりました。しかしMotorola edge 20はわずか『4,000mAh』。

格安SIMでMotorola edge 20が2万ちょっと

電池容量を大きくすると、物理的に厚みと重量が増します。下位モデルとなるMotorola edge 20 fusionは電池容量が5,000mAhと大きめですが、重量はMotorola edge 20の『約163g』から『約185g』に。厚みも『6.99mm』から『8.25mm』へとサイズアップしています。

Motorola edge 20 fusion

Motorolaより

持ちやすさを重視するのであれば、『薄型軽量』モデルを選ぶべき。ただし『電池のもち』が犠牲になるのであれば、多少重くて持ちづらくても『電池大容量』を優先すべきと考える人はそれなりに多いかと。

Motorolaのスマホ

電池が著しく減るのは端末に負荷がかかっている時。スマートフォンの性能をトータルで数値化する『AntutuBenchmark』の測定時はそれが顕著に。

ハイエンド用のSoc『Snapdragon 888』を搭載するASUSの『Zenfone 8』は、Motorola edge 20と同じ4,000mAhの電池容量を搭載(画面サイズは5.8インチと一回り小さめ)しています。

Zenfone 8 Customize

同端末でAntutuBenchmarkのスコアを測定した結果、『79,9710』という高いトータルスコアを出しつつ電池残量が『9%』低下。バッテリー温度も『11度』上昇しています。

処理能力

ASUS Zenfone 8(Snapdragon 888)のAnTuTu benchmarkスコア

対するMotorola edge 20の測定結果はトータルスコアが『531,408』。数値差は大きいですが、電池の減りは半分以下となるわずか『4%』。バッテリー温度の上昇も『2度』に抑えられています。

Motorola edge 20の性能

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(Snapdragon 732G)のAnTuTu benchmarkスコア

もっともスコアが大きく開いているのは『GPU』で約2倍。GPUはゲームプレイ時に大きな影響を及ぼします。よって負荷の重いゲームを高いグラフィッククオリティでプレイ出来るのは問答無用でZenfone 8

ただしゲームプレイ以外の部分で重要なのはGPUではなく『CPU』のスコア。CPU性能が高くなるとアプリの動作速度が向上し、『UX』の数値がアップ。

CPU』と『UX』に関して言えば、両モデルにGPUほど大きな差はみられません。そしてこの数値が正しいというのは、実際にZenfone 8Motorola edge 20を操作すれば分かります。

Redmi Note 10 Proの性能

Xiaomi Redmi Note 10 Pro(Snapdragon 732G)のAnTuTu benchmarkスコア

4G世代のミッドレンジモデル『Redmi Note 10 Pro』はカメラ性能が素晴らしいスマートフォン。ただし『CPU』『UX』スコア共にZenfone 8Motorola edge 20から大きくスコアダウン。この程度数値に開きがあると、動作速度の違いが体感ではっきりと認識出来るレベルに。

Motorola edge 20の大きく優れたポイントは、温度上昇と電池の減りが5,000mAhの大容量電池を搭載するRedmi Note 10 Proとほぼ変わらないところ。これにはプロセスサイズの微細化が影響。プロセスサイズは一般的に小さくなるほど電力効率が上がるとされています。

Soc

Redmi Note 10 Proが採用するSnapdragon 732Gの『8nm』から、Motorola edge 20Snapdragon 778G 5Gは『6nm』に縮小。設計技術の進化により、電力消費を抑えつつCPU性能(GPUもですが)の大幅アップを実現。

Motorola edge 20にさらなるゲーム性能も求めれば、1,000mAh以上電池容量を増やす必要があるでしょう。しかしこのスマートフォンはあくまで効率性を追求したモデル。

電力消費を高めるリフレッシュレート『144Hz』設定時も、ダークモードを組み合わせれば電池の減りは気にならない程度。4,000mAhへの不満は感じませんでした。

ただし無駄に電力消費を高める可能性があるので、通常利用ではコンテンツに合わせてリフレッシュレートが最適化される『自動』、電池もちを優先するのであれば『60Hz』に設定した方が良いでしょう。これは他のスマートフォンでも言えること。

使用頻度の低いアプリの電池使用を制限する『Adaptive Battery』にも対応。バッテリーセーバーがOFFの状態でも、この設定をONにすると待機時の電池の減りが延びる印象。

アダプティブバッテリー

速い動作速度』『6.7インチの大画面』『薄型軽量』に加えて『電池もちが良い』スマートフォンは海外市場を含めても稀。ゲームをあまりしない人にとっての完成形とも言えるMotorola edge 20。カメラ画質も良好です。

Motorola edge 20を安く買えるお店
スナドラ778搭載!超軽い1億カメラスマホMotorola edge 20を安く買おう!格安SIMなら2万円台も可能!

Motorola(モトローラ)は2021年10月22日(金)に最新スマートフォン『Motorola edge 20』の発売を日本市場で開始しました。市場販売価格は6GB/128GBモデルが54,800 ...

続きを見る

Motorola edge 20にGCamをインストールするとカメラが無双する。夜景画質大幅向上!ISOも100以下に

2021年4月に日本市場に登場し、ミッドレンジながらハイエンド並の『ディスプレイ』『カメラ』性能でコスパ重視のユーザーから絶大な支持を得た『Xiaomi Redmi Note 10 Pro』。 このス ...

続きを見る

motorola edge 20とRedmi Note 10 Proのカメラ画質比較
気になるはず!motorola edge 20とXiaomi Redmi Note 10 Proのカメラ画質を比較!

1億800万画素の解像度に対応するメインカメラを備える『motorola edge 20』。1億800万画素カメラは共通して大きなイメージセンサーを採用しています。イメージセンサーが大型化すると光の取 ...

続きを見る

motorola edge 20
motorola edge 20がヤバい!電池もち発熱問題なし。ミドル最高クラスの処理能力。コレ皆が待ってたスマホだ!

Motorolaが2021年10月22日に発売を開始した最新スマートフォン『motorola edge 20』。1億800万画素の超高解像度に対応するカメラに加え、10億色表示が可能な有機ELディスプ ...

続きを見る

motorola edge 20 メモリ拡張
motorola edge 20のメモリを7.5GBに拡張する方法。RAMブーストでハイエンド並の大容量を手に入れろ!

Motorolaの最新スマートフォン『motorola edge 20』。Socにミッドレンジカテゴリーでは最高クラスとなる『Snapdragon 778G 5G』を搭載。CPU性能がとても高いので、 ...

続きを見る

Motorola edge 20主な仕様

Motorola edge 20
SocSnapdragon 778G 5G(6nm)
容量6GB/128GB
電池4,000mAh(最大30W)
重量163g
画面
  • サイズ:6.7インチ
  • 表示色:10億色
  • 種類: 有機EL(OLED)
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大144Hz
  • HDR10+
  • DCI-P3
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1億800万画素
    F値:1.9
  • 望遠カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    望遠:光学3倍
    手ブレ補正:光学式
  • 超広角・マクロカメラ
    解像度:1600万画素
    F値:2.2
オーディオシングルスピーカー
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.2
NFC対応
位置情報GPS、AGPS、LTEPP、SUPL、Glonass、Galileo
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/ax* (2.4GHz / 5GHz) *Wi-Fi 6E対応
SIM2スロット、DSDS(5G+4G)
防水性能IP52
OSAndroid 11

Motorola edge 20にお勧めな格安SIM

  • 5G: Sub-6GHz band n1/n3/n5/n7/n8/n28/n38/n41/n66/n77/n78
  • 4G-LTE:
    B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B18/B19/B20/B26/B28/B32/B34/B38/B39/B40/B41/B42/B43/B66
  • 3G: W-CDMA:B1/B2/B4/B5/B8

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMO

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

格安SIMに関連する記事

勢いで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えするとハマるかも。解約せずに0円で環境改善が正解。3GB+かけ放題は維持

楽天モバイルでは7月1日から新プランを導入。従来プランではデータ通信1GBまで基本料金『0円』。新プランで料金が改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1G ...

IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け入れ先に
【5月31日まで】IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け皿に。5分かけ放題90円など期間限定キャンペーン実施中

楽天モバイルでは2022年7月1日(金)から新プランを開始。従来プランから料金の改定が行われ、これまで通信1GBまで『0円』だった基本料金が『1,078円(税込)』に引き上げ。巷では楽天モバイルの『0 ...

mineoはデータ無制限に10分かけ放題つけて1,540円
【神安】データ通信無制限に10分かけ放題つけて1,540円ってホント?楽天モバイル0円撤廃で見えたmineo真の実力。

『最大1.5Mbpsの通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』が代表的なサービスとなる格安SIMのmineo。印象で捉えると最大1.5Mbpsを『遅い』と感じるかもしれま ...

楽天回線からスルッと乗り換えするならau回線
【月額千円以内】楽天モバイルからスルっと横スライドするならau回線!節約を継続出来る音声通話SIM5選。eSIM対応も

楽天モバイルは7月1日から新プランをスタート。従来プランではデータ通信1GBまでは基本料金『0円』だったのが、新プランでは0GB~3GBまで一律『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1GB ...

5月もIIJmioのスマホセールが止まらない!Xiaomi、モトローラ、OPPO、iPhoneが110円~
5月もIIJmioのスマホ驚安祭りが止まらない!iPhone、シャオミ、OPPO、モトローラが110円~は31日迄!

SIMの契約時にスマートフォン本体を激安価格で購入出来る格安SIMの代表格が『OCNモバイルONE』と『IIJmio』。ここ2、3年両社の動きを見てきましたが、今年の初旬まではOCNモバイルONEがや ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
【奇跡】格安SIMのIIJmioでスマホSALE再延長!乗換でiPhone、Xiaomi、Motorolaが110円~

4月30日(土)まで、3~4月の繁忙期用特別キャンペーン『スマホ110円~SALE』を延長していた格安SIMのIIJmio。超大好評につき、なんと同キャンペーンが5月31日(火)まで再延長される事が決 ...

続きを見る

『LINEMO』『mineo』『NUROモバイル』『UQモバイル』『OCNモバイルONE』『IIJmio』の速度を実測
NUROモバイルが速い!LINEMO、mineo、UQモバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、6社の通信速度実測

モバイル通信の速度が著しく低下しやすいのは、ユーザーが集中する平日『お昼』の時間帯。速度が著しく低下する理由は、高速通信が可能な『高周波帯域』が混雑するから。高速道路も渋滞すれば速度を落とさざるを得な ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

物価高で2021年発売モデルが超貴重となったスマートフォン。Xiaomi 11T Pro、11T Proは超安い
Xiaomi 11T Pro、11Tは買っておけば良かったと後悔するスマホ!物価大暴騰で2021年モデルが超貴重に。

原料費、人件費、物流コストの高騰、そして円安。価格を上げざるを得ない要因がこれでもかと揃ってしまい、食品から家電まであらゆるモノが大幅に値上がり。 海外では物価に合わせて賃金が上がり、いわゆる『インフ ...

勢いで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えするとハマるかも。解約せずに0円で環境改善が正解。3GB+かけ放題は維持

楽天モバイルでは7月1日から新プランを導入。従来プランではデータ通信1GBまで基本料金『0円』。新プランで料金が改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1G ...

IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け入れ先に
【5月31日まで】IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け皿に。5分かけ放題90円など期間限定キャンペーン実施中

楽天モバイルでは2022年7月1日(金)から新プランを開始。従来プランから料金の改定が行われ、これまで通信1GBまで『0円』だった基本料金が『1,078円(税込)』に引き上げ。巷では楽天モバイルの『0 ...

67W充電と1億800万画素カメラに対応する5GスマホRedmi Note 11 Pro 5G登場
楽天モバイル版も!1億カメラスマホXiaomi Redmi Note 11 Pro 5GはFeliCaに67W充電対応

Xiaomiより 2022年5月19日(木)、大手グローバルスマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)が、日本市場に向けて最新スマートフォン『Redmi Note 11  Pro 5G』をリリー ...

mineoはデータ無制限に10分かけ放題つけて1,540円
【神安】データ通信無制限に10分かけ放題つけて1,540円ってホント?楽天モバイル0円撤廃で見えたmineo真の実力。

『最大1.5Mbpsの通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』が代表的なサービスとなる格安SIMのmineo。印象で捉えると最大1.5Mbpsを『遅い』と感じるかもしれま ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, MOTOROLA, Motorola edge 20, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信