楽天モバイルの『3ヶ月無料キャンペーン』が2月8日で終わっちゃぅ!今すぐ申し込んで『3つ』のことをじっくり確認しよう。

楽天モバイルの無料キャンペーンが間もなく終了

楽天モバイルが行っている超お得な『プラン料金3ヶ月無料キャンペーン』。遂に2022年2月8日(火)23時59分をもって終了します。

3ヶ月経過した後も月のデータ通信量を1GBまでに抑えれば基本料金は『0円』。申し込みや乗り換え、解約手数料も『0円』。楽天モバイルが気になるなら、キャンペーン終了までに申し込みを行わないと絶対に勿体ない!

1GBまで 0円/月※2 ※1回線目のみ 3GBまで 980円/月(税込 1,078円) 20GBまで 1,980円/月(税込 2,178円) どれだけ使っても2,980円/月(税込 3,278円) 楽天回線エリア データ無制限※3 パートナー回線エリアは最大1Mbpsで使い放題※3

楽天回線エリアの人口カバー率は2021年10月14日時点で『94%』を超えており、2022年春には『96%』まで拡大予定。ただし人口カバー率70%を超えた地域からパートナー回線(auのバンド18)の提供が徐々に打ち切られ、一部からは『通信が繋がりづらくなった』との声も。

電波状況が異なるので、住んでいる地域によってユーザーの評価が分かれる楽天モバイル。人の意見を聞くより、まずは実際に使ってみるべき。『3ヶ月』あれば楽天モバイルの通信品質を十分に知る事が出来るでしょう。

楽天モバイルを契約したら、楽天回線エリア内の人はぜひ以下の3点を試してみてください。これらを全てクリア出来たら楽天モバイルとの相性はバッチリ。通信料金を大幅に引き下げられますよ!

1.光回線を楽天回線に切り替えて生活してみる

家で光回線を使用しているという人は、楽天回線(Wi-Fiルーターやスマートフォンでテザリング)に切り替えてみましょう。楽天回線エリア内であれば、『動画視聴』『大きめなファイルの送受信』『オンラインゲーム』『音楽鑑賞』を行っても速度的に十分なはずです。

楽天モバイルの速度

平日の午後6時50分に通信速度を計測

MNOの高速通信が自由に使える格安MNO楽天モバイル
楽天モバイルならテザリングも使い放題!楽天回線エリア内なら光回線要らなくなるかも?どんな使い方をするかはあなた次第!

続きを見る

楽天モバイルは20GBのデータ通信を超えると『データ無制限』が適用されますが、公式ページには『公平なサービス提供のため速度制御の場合あり』との記載があります。

Netflix

一部メディアでは1日の内に『10GB以上』データ通信を行うと通信速度が最大『3Mbps』に制限されるとの報告がされているので、実際最大3Mbpsを体験してみるのもアリかと。

Fire TV Stick 4K SALE

Amazonより

3ヶ月間(無料期間中)に通信接続エラーや日常使いに支障が出るレベルの速度低下が起こらない場合は、いよいよ『光回線解約』が現実味を増すでしょう。

2.日常的に出かける場所での電波状況をチェック

楽天回線が使用出来る通信バンド(周波数帯)は『3』のみです。バンド3は速度に優れますが、地下や建物の中、山間部において電波が繋がりにくいといった弱点も。

山間部

日常的に行くような場所で『パートナー回線(バンド18)』に切り替わっていないか、楽天回線が繋がるかは予め知っておくべき。『my 楽天モバイル』アプリ内の『データ利用量』項目で、どちらの回線で接続されているかを確認してみましょう。

回線エリアチェック

電波が繋がらなくなったりパートナー回線(auのバンド18)に切り替わってしまう場合は、2種類のSIMを併用する『デュアルSIM運用』がお勧め。povo 2.0は基本料金が無料。OCNモバイルONEも550円~など選択肢は幅広いです。

povo2.0
au回線が再び楽天モバイルを救う。『ローミング終了エリア』では『povo2.0』を使おう。維持費0円でサポート継続!

続きを見る

月額550円のDAPかけ放題スマホの作り方
格安SIMのOCNモバイルONEと楽天モバイルなら月額550円で音楽聴き放題&国内通話かけ放題な激安DAPスマホ完成!

続きを見る

楽天モバイルにmineoを組み合わせれば非通知や圏外の問題が全て解決
mineoなら楽天モバイルの『圏外』と『非通知』を格安で同時に解決してくれる!0円運用するならベストパートナーはコレだ

続きを見る

3.Rakuten Linkの通話品質

楽天モバイルの通話アプリ『Rakuten Link』は、RCS(Rich Communication services)という最新規格を用いて音声通話やメッセージの送受信を行います。

povo2.0とRakuten Linkで作る0円のかけ放題スマホ

私は複数の端末で楽天モバイルのSIMを使用してきましたが、基本的に『バンド3』に対応するSIMフリー端末であれば、対応表に明記されていなくても『データ通信』に関しては問題なく使えるイメージ。

ただしRakuten Linkを用いた『音声通話』は端末によって音質がマチマチ。使用しているスマートフォンで実際に通話をして、聞こえづらさ等がないかを確かめた方が良いです。確実性を求めるのであれば、楽天モバイルで販売されている端末を購入するのも一手。

Rakuten Linkはモバイル通信環境さえあれば楽天回線以外でも通話が可能なので、『デュアルSIM運用』は通話環境もしっかりサポート。2種類のSIMを使うメリットはとてつもなく大きいです。

デュアルSIM設定方法
デュアルSIMはこうやって設定する!OCNモバイルONEとLINEMOを1台のスマホで使用する方法を分かりやすく解説。

続きを見る

完璧を求めると不満が出るかもしれない楽天モバイル。しかしハマった時のコストパフォーマンスは間違いなく業界トップクラス。『プラン料金3ヶ月無料キャンペーン』は2022年2月8日(火)23時59分まで。気になっている人は今すぐ申し込んで『3点』をしっかり確認しましょう。

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

続きを見る

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM, 楽天モバイル
-, , , , , , , ,