5Gを目的に契約するなら当面『NTTドコモ』回線一択かも。格安SIMの『無料オプション』使えば激安で手軽に5G環境構築

2022年3月3日

5G目的で通信業者選ぶならNTTドコモ一択

徐々に通信エリアが拡大し始めた『5G』。通信キャリア各社が対応する『バンド』と『周波数』は以下の通り。

5G Sub6

通信業者対応バンド周波数
NTTドコモn783.6~3.7GHz
NTTドコモn794.5~4.6GHz
Softbankn773.9~4.0GHz
aun773.7~3.8GHz
aun774.0~4.1GHz
aun783.3~3.8GHz
楽天n773.8~3.9GHz
aun783.3~3.8GHz
aun783.3~3.8GHz

5G ミリ波

通信業者対応バンド周波数
NTTドコモn25727.40GHz~27.80GHz
Softbankn25729.10GHz~29.50GHz
aun25727.80GHz~28.20GHz
楽天n25727.00GHz~27.40GHz

少し紛らわしいのは、上記以外に『4Gの周波数を転用した5G』というのが存在。各社のエリアマップを見ると、『新周波数』と『転用』のどちらで5Gエリアを拡大しているかが分かります。

Softbank5Gエリア

Softbankより

Softbankは『28GHz』『3.7GHz』『700MHz 1.7GHz 3.4GHz』で区分け。『28GHz』『3.7GHz』が新周波数のエリアで、『700MHz 1.7GHz 3.4GHz』は4G転用(2022年1月末時点)。

5Gエリアマップ

Softbankより

広域で見ると転用のエリアが圧倒的に広い事が分かります。転用エリアは4Gと周波数が同じなので、速度の向上を見込むのは難しいです。

auの5Gエリアマップ

auより

auは『ミリ波』『sub6』『NR化』に分類。NR化4G転用のエリアとなります(2022年1月時点)。

auの5G対応エリア

auより

auも広域で見るとSoftbankと同様に4G転用エリアが大部分。新周波数が一般的に使える様になるには未だ時間がかかるでしょう。

楽天モバイル5G対応エリア

楽天モバイルより

楽天モバイルは『ミリ波』『sub6』の2種類。4G転用のエリアはありません(2022年2月14日時点)。

楽天モバイル 5G対応エリア

楽天モバイルより

楽天モバイルも5Gが使えるエリアはまだかなり狭いです。同社は4Gエリアの拡大も同時に行っているので、ピッチを早めるのはやや厳しいか。

NTTドコモ 5G対応エリア

NTTドコモより

Softbank』『au』『楽天モバイル』の状況を見ると『5Gまだ要らないじゃん』と思ってしまいますね。ではNTTドコモはどうでしょうか。『ミリ波』『Sub6』に区分けされ、4G転用エリアは楽天モバイルと同様に無し。

NTTドコモ 5G対応エリア

NTTドコモより

NTTドコモのすごいところは、4G転用ではなく新周波数となる『Sub6』でエリアの拡大を進めていること。莫大な予算を投じて基地局を増やしているのでしょう。他社とは意気込みが違いますね。

NTTドコモ5Gについて

NTTドコモより

では、NTTドコモで『5G』を利用するにはどの程度の利用料金が発生するでしょうか。

プラン名5Gギガライト5Gギガホ プレミア
月額利用料金3,150円~6,765円7,315円
データ容量~7GB無制限
通話料金22円/30秒22円/30秒

5Gギガライト』はデータ通信1GBまでは『3,465円(税込)。1GB~3GBまでは『4,565円(税込)』、3GB~5GBまでは『5,665円(税込)』、5GB~7GBまでは『6,765円(税込)』となっています。

5Gギガライト

NTTドコモより

5Gギガホプレミア』はデータ通信3GBまでは『5,665円(税込)』。3GBを超えると『無制限』になり『7,315円(税込)』。テザリングも使い放題というのは『Softbank』『au』を上回るサービス。ただし『ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合があります』との注意書きあり。

5Gギガホプレミア

NTTドコモより

ahamo

ahamoより

オンラインからの申込みに抵抗が無い人(ドコモショップで有償サポート可能)はサブブランドの『ahamo』が断然お得。『20GB』のデータ通信に『5分かけ放題』がついて『2,970円(税込)』。

対応プランahamo
月額利用料金2,970円
データ容量20GB
通話料金22円/30秒

さらに手頃な利用料金でNTTドコモの『5G』を利用したいという人には『格安SIM(MVNO)』がお勧め。最近ではNTTドコモ回線を取り扱う一部の格安SIMが『無料』で『5Gオプション』の提供を開始しました。

OCNモバイルONEIIJmiomineo
対応プラン音声対応SIMギガプラン、ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、ケータイ、従量制プラン:タイプD(データSIM・音声通話SIM)Dプラン(デュアルタイプ、シングルタイプSMS機能なし)
月額利用料金550円~440円~(データSIM)880円~(データSIM)
データ容量0.5GB~2GB~1GB~
通話料金11円/30秒11円/30秒10円/30秒(通話アプリ使用時)

OCNモバイルONEは音声対応SIMが『550円(税込)~』。

OCNモバイルONE音声対応SIM料金表

OCNモバイルONEより

OCNモバイルONEで5Gの速度を実測
OCNモバイルONEの『5Gオプション』に申し込んで速度を実測しようとしたら4G+の速さに驚かされた!広がる高速環境。

続きを見る

Amazon Music HDをOCNモバイルONEの節約モードで再生
OCNモバイルONEの節約モードでAmazon Music HDの『HD』『Ultra HD』音源を再生するとこうなる

続きを見る

IIJmioはデータ通信専用のeSIMが『440円(税込)~』。ギガプラン、ミニマムスタート、ライトスタート、ファミリーシェア、ケータイ、従量制プランも5Gに対応しています。

IIJmio料金表

IIJmioより

mineoはデータ通信専用のシングルタイプ(SMS機能なし)が『880円(税込)~』。音声対応のデュアルタイプでも5Gの利用が可能です。

mineo料金表

mineoより

mineo 5G通信オプション無料
マイネオなら『NTTドコモ』『Softbank』『au』の中から『5G』環境を『無料』で選び放題!速さと自由が手に入る

続きを見る

スマホヘビーユーザーにお勧めしたい格安SIMmineo
【推しSIM】節約派のスマホヘビーユーザーはmineoが最適解!『実用的な通信速度』と『データ大容量』を最重視すべき。

続きを見る

5Gは4Gより高周波なので、4Gを束ねたキャリアアグリゲーションが可能なエリアでは『4G+』を優先する場合が多いかもしれません。

プレミアム4G

NTTドコモより

しかし4G+と5Gエリアが拡充される事で、より幅広い高速通信環境が整うことになります。5Gを目的に契約するなら当面はNTTドコモ回線がイチオシですね!

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, IIJmio, mineo, NTTドコモ, OCNモバイルONE, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , , , ,