Xiaomi Redmi Note 11とmoto g31のカメラを撮り比べ!エントリーモデルで素敵にパシャれる時代!

2022年3月4日

Redmi Note 11とmoto g31のカメラを撮り比べ

大手スマートフォンメーカーXiaomiは2022年3月4日、Socに『Snapdragon 680』を搭載するエントリーモデル『Redmi Note 11』を日本市場に向けて発表しました。販売価格は『24,800円(税込)』。発売開始は3月10日(木)から。

Redmi Note 11

Xiaomiより

Redmi Note 11は廉価ながら、ディスプレイに最大リフレッシュレート『90Hz』に対応する『有機EL』を採用。ファームウェアにはいち早く『MIUI 13』を導入しています。

MIUI 13

競合に挙げられるのはMotorolaが2022年1月28日から『25,800円(税込)』で日本発売を開始した『moto g31』です。

Motorola moto g31のカメラ画質

5,000mAhの大容量電池を採用するスタミナスマホであることも両モデルの特徴。動画を観たりメディアプレーヤーとしての使い方がメインになるとは思いますが、『カメラ性能』も気になるところ。

moto g31とredmi note 11

メインカメラの解像度はどちらも『5,000万画素』。公式ページに記載はありませんが、5,000万画素の解像度に対応する廉価モデル向けのイメージセンサーは、2022年3月4日時点で『Samsung JN1』以外に思いつきません。

ISOCELL JN1

Samsungより

今回XiaomiからRedmi Note 11の実機を貸していただいたので、早速moto g31と撮り比べ。撮影は3月4日の午前11時頃に行っており、画像は全てレタッチ無しの撮って出し。AIはOFFにしています。

晴れた日の梅の花

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/927、ISO:50、焦点距離:4.25mm

梅の花と青空

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/869、ISO:104、焦点距離:4.26mm

エントリーモデルの撮り比べだというのが分からないくらい、数年前と比較して画質が向上。Xiaomiの廉価モデル(Redmi 9Tなど)はデフォルトカメラアプリのオートフォーカスがイマイチだったので、別途GCamをインストールしていました。

Redmi 9T

しかしRedmi Note 11では、オートフォーカス精度がはっきり体感出来るレベルにアップ。廉価モデルのオートフォーカスに関してはMotorolaの方が高評価でしたが、Redmi Note 11でそのイメージが覆りました。ピントが合うスピードも速いです。

梅の花2

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/891、ISO:50、焦点距離:4.25mm

梅の花と屋敷

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/375、ISO:101、焦点距離:4.26mm

Redmi Note 11moto g31に同じイメージセンサーが採用されていたとしても、ISPが『Qualcomm』と『MediaTek』なので画像処理の仕方が異なります。Qualcommはハッキリとした色調で『映え』を意識。MediaTekは懐かしさを感じさせるややレトロな雰囲気に仕上げる印象。どちらがお好みでしょうか。

梅の花3

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/814、ISO:50、焦点距離:4.25mm

天気が良い日に梅の花を撮影

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/702、ISO:104、焦点距離:4.26mm

moto g31はISOの最低値が『100』なのに対し、Redmi Note 11は『50』です。ISOは光の感度を示し、数値を上げるほどシャッタースピードが速くなり手ブレしづらくなります。

ただしISO値を上げすぎるとノイズが発生し、画質の劣化を招くので注意が必要。Redmi Note 11はISOが『50』なのにシャッタースピードがmoto g31より高速。

Snapdragon 680はエントリーモデル用のSocですが、ISPにはトリプル仕様の『Spectra 346』を採用。カメラ画質に力を入れていることが分かります。同ISPはAIを駆使して低照度時の画質を強化。その効果がISO値や画質に表れているという事でしょう。

晴れた公園

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1600、ISO:50、焦点距離:4.25mm

天気の良い公園

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/800、ISO:101、焦点距離:4.26mm

風景の広角も細部までしっかり描写しており十分なクオリティ。moto g31は自動でHDRがかかり、木の葉などが立体的に。Redmi Note 11は自然な仕上がり。

Redmi Note 11moto g31はどちらもマニュアル設定が可能な『プロモード』を備えます。空の色がイマイチ気に入らない場合は『WB(ホワイトバランス』を変更する事で微調整が可能です。

公園 5千万画素撮影

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影(5,000万画素)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1163、ISO:50、焦点距離:4.25mm

トリミング2

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影(5,000万画素)した画像をトリミング】

広角五千万画素超高解像度撮影

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影(5,000万画素)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/929、ISO:102、焦点距離:4.26mm

トリミング2

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影(5,000万画素) した画像をトリミング】

続いて『5,000万画素』の超高解像度撮影。5,000万画素ではピクセル統合が行われないので、1画素の光取得量が少なくなります。よって出来るだけ光の多い場所で撮影する様に心がけましょう。

5,000万画素ではデータ量が通常の3倍程度に。出来るだけディテールを細かく残したかったり、後から画像をトリミングするといった目的が無い場合は、ピクセル統合が機能して明るく撮れる通常モードによる撮影がお勧めです。

Xiaomi等倍

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1517、ISO:50、焦点距離:4.25mm、倍率:等倍

Motorola等倍

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1142、ISO:105、焦点距離:4.26mm、倍率:等倍

Xiaomi2倍

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1517、ISO:50、焦点距離:4.25mm、倍率:デジタルズーム2倍

Motorolaデジタルズーム2倍

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1142、ISO:105、焦点距離:4.26mm、倍率:デジタルズーム2倍

Xiaomi4倍拡大

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1517、ISO:50、焦点距離:4.25mm、倍率:デジタルズーム4倍

Motorolaデジタルズーム4倍

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1230、ISO:102、焦点距離:4.26mm、倍率:デジタルズーム4倍

Xiaomiデジタルズーム6倍

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1540、ISO:50、焦点距離:4.25mm、倍率:デジタルズーム6倍

Motorolaデジタルズーム6倍

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1412、ISO:101、焦点距離:4.26mm、倍率:デジタルズーム6倍

Xiaomiデジタルズーム8倍

【Xiaomi Redmi Note 11のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1495、ISO:50、焦点距離:4.25mm、倍率:デジタルズーム8倍

Motorolaデジタルズーム8倍

【Motorola moto g31のメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1142、ISO:102、焦点距離:4.26mm、倍率:デジタルズーム8倍

ピクセルやイメージセンサーのサイズが小さかった頃は、低い倍率でも画質が著しく低下したデジタルズーム。しかし最新モデルは違います。両モデルとも『2倍』は当然のごとく常用。『4倍』もWEB素材レベルであれば問題なし。『6倍~8倍』も形状の認識は可能です。

望遠カメラは物理的に被写体を拡大するので、画質の劣化を起こしません。しかしレンズのF値が大きめになり、手ブレを起こしやすくなるというデメリットも。

デジタルズームは倍率を上げるほど劣化。ただしメインカメラには基本的に明るいレンズが使用されており、イメージセンサーや画素のサイズが大きめなので手ブレを最小限に抑制出来ます。つまりデジタルズームの画質向上には大きな意義があるという事です。

moto g31とRedmi Note 11のカメラ

今回の比較でRedmi Note 11moto g31のメインカメラに大きな画質差は無し。ただしISPの性能はRedmi Note 11の方が上だと感じるので、撮るシーンによっては若干差が開く可能性も。オートフォーカスが改善された点も非常に大きいですね。

Redmi Note 11moto g31はどちらもメディアプレーヤーとしての要素が強い端末。価格的にカメラ画質はオマケ程度でも仕方ないのですが、安さを感じさせないしっかりとした描写。沢山撮って発色の美しい有機ELディスプレイで堪能しましょう!

Xiaomi Redmi Note 11を購入可能な店舗(3月10日から順次)

Redmi Note 11を安く買えるのはこのお店
有機ELなXiaomi Redmi Note 11を安く購入出来るお店は?格安SIMなら他社からの乗り換えで3千円台も

続きを見る

Motorola moto g31を購入可能なお勧め店舗

有機ELディスプレイ搭載のスタミナスマホ moto g31
Motorola moto g31を安く買えるのは?格安SIMだと乗換特価2千円!YouTube観るならこのスマホ

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 11の主な仕様

Xiaomi Redmi Note 11
SocSnapdragon 680
容量4GB/64GB
電池5,000mAh
重量約179g
画面
  • サイズ:6.43インチ
  • 種類: 有機EL
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:1,000nits
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • DCI-P3
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.2
    画角:118度
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
  • 深度測定カメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1,300万画素
    F値:2.4
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.0
位置情報GPS、Glonass G1、BDS B1、Galileo E1
Wi-FiWi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIMNanoSIM カード×2(1スロットはMicro SDカードと排他的な扱い)
指紋認証側面
NFC対応
スピーカーステレオ(デュアルスピーカー)
Micro SDカード対応
OSAndroid™ 11

Xiaomi Redmi Note 11にお勧めな格安SIM

  • 4G: LTE FDD: 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/66
  • 4G:LTE TDD: 38/40/41
  • 3G: WCDMA: 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM:850 900 1800 1900 MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Motorola moto g31の主な仕様

Motorola moto g31
SocHelio G85
容量4GB/128GB
電池5,000mAh
重量約181g
画面
  • サイズ:6.4インチ
  • 種類: 有機EL
  • 画面比率:20:9
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
    画素サイズ:1.28 µm(クアッドピクセルテクノロジー)
    オートフォーカス:PDAF
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.2
    画素サイズ:1.12 µm
    画角:118度
    深度測定センサー
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
    画素サイズ:1.75 µm
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1,300万画素
    F値:2.2
    画素サイズ:1.12 µm
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.0
位置情報GPS、A-GPS、LTEPP、SUPL、GLONASS、Galileo
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
SIMNanoSIM カード×2(1スロットはMicro SDカードと排他的な扱い)
防塵防水IP52
指紋認証側面
NFC対応
Micro SDカード対応(最大1TBまで)
OSAndroid™ 11

Motorola moto g31にお勧めな格安SIM

  • 4G:LTE B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B5/B8/B19
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, MOTOROLA, Motorola moto g31, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 11, カテゴリー, カメラ, カメラ比較, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , ,