ahamoと組み合わせて長く使うなら、5Gの本命『Sub6-CA』に対応するiPhone 13シリーズで決まりでしょ!

2022年3月11日

iPhone 13はsub6-ca対応。ahamoとの相性が最強

5G』という言葉が一般的に聞かれるようになってから、それなりの期間が経過しました。

5G

NTTドコモSoftbankKDDIau)、楽天モバイルといった通信キャリア各社が5Gエリアの拡大を進めるも、SoftbankKDDIau)に関しては4Gの周波数を転用した5Gエリアが殆ど。楽天モバイルはエリアの拡大が遅れています。

5Gエリアマップ

Softbankより(2022年1月末時点)

auの5G対応エリア

auより(2022年1月時点)

楽天モバイル 5G対応エリア

楽天モバイルより(2022年2月14日時点)

3社に関してはかなり微妙と言える5G環境ですが、NTTドコモは違います。『Sub6(5G用の新周波数)』によるエリア拡大スピードが2022年3月11日現時点でダントツ。5Gを目的に通信業者を選ぶなら間違いなく『NTTドコモ』です。

5G目的で通信業者選ぶならNTTドコモ一択
5Gを目的に契約するなら当面『NTTドコモ』回線一択かも。格安SIMの『無料オプション』使えば激安で手軽に5G環境構築

続きを見る

NTTドコモ 5G対応エリア

NTTドコモより(2022年2月20日時点)

NTTドコモが提供している5Gの周波数帯は『n78(3.6~3.7GHz)』『n79(4.5~4.6GHz)』『n255(27.40GHz~27.80GHz)』の3種類。周波数が高くなるほどデータの転送速度は速くなります。しかし直進性が上がり、遮蔽物の影響を受けて電波が遮断されやすくなるという弱点も。

建物

n255の通称『ミリ波』は高周波を活かして最大『4.1Gbps』の速度でデータを受信する事が可能。しかし最大速度に近づけるためには遮蔽物を避け、基地局に近い場所で通信をする必要があります。

NTTドコモはSub6以外にミリ波の提供も行っていますが、スポット対応になっているのはミリ波の周波数が高過ぎるから。まずは実用的なSub6のエリアを拡充させることの方が、今は間違いなく重要です。

4Gもとある技術を使えば受信速度を最大『1.7Gbps』まで引き上げることが可能。それが複数の周波数を束ねる『キャリアアグリゲーション』です。キャリアアグリゲーションエリアではアンテナ表示が『4G+』に切り替わります。

プレミアム4G

NTTドコモより

Sub6エリアの拡大スピードが早いNTTドコモは、すでに5Gでも『キャリアアグリゲーション』を提供しています。『n78』と『n79』を束ねることで最大『4.2Gbps』という4Gの『3倍以上』、そしてミリ波すら上回る超高速通信を実現。

NTTドコモより

Sub6のキャリアアグリゲーションであれば、ミリ波ほど遮蔽物の影響を受けないのでスポット以外の対応も可能。より現実的な高速通信環境と言えるでしょう。

ただし『Sub6-CA』に対応する端末はごく僅か。2022年3月11日時点でAndroidは『Xperia 5 II SO-52A』『Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A』、Wi-Fiルーターは『Wi-Fi STATION SH-52A』に限られます。

Xperia 5 II SO-52A

NTTドコモより

この中に欲しい端末がない人は、Sub6-CA環境を諦めなければならないのかと言えばそれは違います。AppleiPhone 13シリーズSub6-CA対応。『iPhone 13 mini』『iPhone 13』『iPhone 13 Pro』『iPhone 13 Pro Max』全て使えます。

5Gの高速通信を安定的に利用するには、まだ基地局の数が足りていない印象。ただしSub6-CAに対応する端末を使用していれば、通信環境の整備と同時に超高速通信を堪能できます。最新iPhone抜かりなしですね。

iPhone 13 Pro

Appleより

NTTドコモの5Gを割安かつ安定的に使えるのがサブブランドの『ahamo』。ドコモショップではなくオンラインによる手続きが必要となりますが、『月額利用料金』『データ容量』ともに抜群のコストパフォーマンス。

NTTドコモ(5G対応)
プラン名5Gギガライト5Gギガホ プレミア
月額利用料金3,150円~6,765円7,315円
データ容量~7GB無制限
通話料金22円/30秒22円/30秒
ahamo(5G対応)
プラン名ahamo
月額利用料金2,970円
データ容量20GB(超過後最大1Mbps)
通話料金5分かけ放題無料(以降22円/30秒)

20GB使い切っても最大『1Mbps』の速度で動画視聴や音楽鑑賞が続けられるのもahamoの特徴。国内通話『5分かけ放題』も無料でついてきます。iPhone 13シリーズと組み合わせたら無双状態ですね!

ahamo

ahamoより

最強のサブ端末Rakuten Handが実質0円
ahamo、LINEMOユーザーが楽天モバイルを契約しない理由が分からない。今なら最強の薄型軽量サブ機が実質0円に!

続きを見る

NTTドコモが4Gの5G転用を発表
NTTドコモが4G転用の5G開始だと?『繋がるだけの5G』にユーザーをとられてるなら可哀想。Sub6とミリ波は違うのよ

続きを見る

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-ahamo, Apple, Gadget NEWS, iPhone, iPhone 13, iPhone 13 Pro, iPhone 13 Pro Max, NTTドコモ, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , , , , ,