5Gは『ahamo大盛り』、4Gは『mineo』。最適な端末を組み合わせて月100GBの大容量を最高の環境で使い倒そう

5GならahamoにiPhone 13、4GならmineoにXiaomi Redmi 11

NTTドコモの格安プラン『ahamo(アハモ)』は申し込みやサポートの受付をオンライン主体(有償サポートあり)とし、運営コストを大幅に削減。同プランの登場で、NTTドコモの高品質回線を格安で利用する事が可能となりました。

ahamo

ahamoより

データ容量『20GB』、国内5分かけ放題『無料』、月額基本料金『2,970円(税込)』のワンプラン展開。わかり易さもahamoの特徴の一つです。

対応プランahamo
月額利用料金2,970円
データ容量20GB
通話料金22円/30秒

NTTドコモは2022年3月23日、月額『1,980円(税込)』で『80GB』のデータ容量をahamoに追加出来るオプションサービス『大盛りオプション』を発表(6月開始予定)。合計100GBを月額『4,950円(税込)』で利用可能に。

増量オプション

ahamoより

同社は『5G』の分野で『Softbank』『au』『楽天モバイル』を大きくリード。新周波数となる『Sub6(帯域幅100MHz)』対応エリアを積極的に拡大しているのは2022年3月時点でNTTドコモのみです。

5G目的で通信業者選ぶならNTTドコモ一択
5Gを目的に契約するなら当面『NTTドコモ』回線一択かも。格安SIMの『無料オプション』使えば激安で手軽に5G環境構築

続きを見る

NTTドコモは複数の帯域(Sub6)を束ねて高速通信のメリットを最大限に活かす『Sub6-CA』もいち早く導入。5Gの高速通信環境を優先するなら、現状ではNTTドコモ一択と言って過言ではありません。

NTTドコモ5Gについて

NTTドコモより

しかし肝心の端末側が『Sub6-CA』にほぼ非対応。Androidでは『Xperia 5 II SO-52A』『Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A』。Wi-Fiルーターは『Wi-Fi STATION SH-52A』に限られます。

Xperia 5 II SO-52A

NTTドコモより

出来る限り長く端末を使うことを考慮すれば、『Sub6-CA』対応は押さえておきたいポイントの一つ。Androidに欲しいモデルが無いのであれば、残るはApple社の『iPhone』です。

iPhone 13はsub6-ca対応。ahamoとの相性が最強

iPhoneの最新シリーズとなる『iPhone 13 mini』『iPhone 13』『iPhone 13 Pro』『iPhone 13 Pro Max』は『Sub6-CA』をサポート。ahamoとの相性が抜群な端末と言えるでしょう。

iPhone 13 Pro

Appleより

ahamoとiPhone 13シリーズの組み合わせはあくまで『5G環境』が前提。通信及び端末のコストをさらに削減しつつも、データ大容量を求めるのであれば『mineo(マイネオ)』と『4Gスマホ』の組み合わせ。

月額千円でYouTube見放題、通話し放題はmineoと楽天モバイルだから

mineoは月額『385円(税込)』で『パケット放題Plus』という有料オプションを提供。加入すると通信がカウントされない節約モード時の最大通信速度が200kbpsから『1.5Mbps』に引き上げられます。

mineoはデータ使い放題の通信品質が安定。YouTubeも快適
mineoは格安SIMだけどデータ通信使い放題の品質良好。最大1.5Mbpsがもたらす抜群の安定&安心感!動画も余裕!

続きを見る

同社は2022年3月7日から新プラン『マイそく』をスタート。月~金の12時~13時以外の時間帯においては、最大『1.5Mbps(スタンダード)』、『3Mbps(プレミアム)』で実質データ通信し放題。

データ使い放題がさらに安くなったmineo
mineoマジック炸裂!最大1.5Mbpsで通信し放題が990円。3Mbpsも2,200円!お昼当番の争奪戦が始まる!

続きを見る

パケット放題Plus、マイそく共に3日間で10GB以上通信を行うと速度に制限のかかる場合がありますが、それでも最低『100GB』程度は使えます。つまり容量的には『ahamo大盛り』と同等です。

スマホヘビーユーザーにお勧めしたい格安SIMmineo
【推しSIM】節約派のスマホヘビーユーザーはmineoが最適解!『実用的な通信速度』と『データ大容量』を最重視すべき。

続きを見る

私はmineoのパケット放題Plusを使用していますが、1日を通して『1.5Mbps』がほぼ維持されています。そして1.5Mbps出ていれば下記の通り大概のことが出来てしまうんです。

  • オンラインゲーム(原神PUBGモバイルAsphalt9
  • YouTube(解像度:SD 480p)
  • Amazon Music HD(ストリーミング設定:標準)
  • フリマアプリ(メルカリラクマ
  • ネットサーフィン(Chromeで調べ物など)
  • 買い物(Amazon、楽天市場)
  • SNS(Instagram、Twitter)
  • LINE(メッセージの送受信、通話)
  • 支払い(PayPay、楽天ペイ)

1.5Mbpsが3Mbpsになると何が変わるのかと言えば、動画の『解像度』が『SD 480p』から『HD 720p』に上がります。

最大1MbpsでもYouTubeを見れる

スマートフォンの画面サイズでYouTubeを観るには『SD 480p』の解像度で正直十分。ただしコンテンツが『映画』であったり、テザリングしてタブレットで動画を観るなら『HD 720p』まで解像度を上げないと画質が粗く感じます。

3Mbps程度の速度が出ていれば『HD 720p』で動画を安定的に観られるので、タブレットを所有していたり映画が好きという人は『3Mbps(プレミアム)』が適していると言えるでしょう。

YouTubeが公表している推奨速度

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20 Mbps
HD 1080p5 Mbps
HD 720p2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps

ahamoに適した端末がiPhone 13シリーズであれば、mineoに適しているのは『格安スマホ』。極端に処理能力が高いモデルを購入する必要はありません。重視すべきは『ディスプレイ』『電池もち』、欲を出すなら『カメラ』あたりでしょうか。

redmi note 11 カメラ

Xiaomiの『Redmi Note 11』はディスプレイが動画鑑賞に適した『有機EL』。電力効率の高い『6nm』のSoc(Snapdragon 680)を採用し、電池容量も5,000mAhと大きめ。電池もちは申し分ありません。

片手持ちが楽

さらに2万円台の格安モデルとは思えない、お値段以上のカメラ画質を得られるのもRedmi Note 11

Redmi Note 11は安いけど使えるおすすめスマホ
シャオミのRedmi Note 11は観る、撮るを底上げした安いけど使えるお勧めスマホ!2万円台だからデビューに最適!

続きを見る

トリプルカードスロットを備え、Micro SDカードを使いながらデュアルSIM運用も可能。mineoに最適な1台を挙げるならコレですね。

Redmi Note 11はトリプルカードスロット搭載
Xiaomi Redmi Note 11はカードスロットが3つあるスマホ!Redmi 9Tに足りなかったトコ全部入り!

続きを見る

端末とSIMの組み合わせを間違うと、コストパフォーマンスが大きく低下してしまいます。ahamoiPhone 13シリーズ、mineoRedmi Note 11なら間違いなし。『5G』と『4G』、あなたはどちらを選びますか?

iPhone 13シリーズはsab6-ca対応
ahamoと組み合わせて長く使うなら、5Gの本命『Sub6-CA』に対応するiPhone 13シリーズで決まりでしょ!

続きを見る

月額千円でYouTube見放題、通話し放題はmineoと楽天モバイルだから
【2千円でイケる】mineoと楽天モバイルの組み合わせが至極。YouTube見放題、国内通話し放題!我慢せず楽しく節約

続きを見る

mineoで音声対応デュアルプランが3ヶ月間1188円割引
激得!mineoがデュアルタイプ10GBを3ヶ月間『770円(パケット放題 Plus無料)』で使えるキャンペーン開始!

続きを見る

スピードオーバー mineo
mineoが格安SIM満足度『1位』は大いに納得。スピードオーバーしまくりの超優良サービスに文句なんてある筈ない!

続きを見る

iPhone 13の主な仕様

iPhone 13
SocA15 Bionic
容量128GB、256GB、512GB
電池3,095mAh
充電最大15WのMagSafeワイヤレス充電、最大7.5WのQiワイヤレス充電、USB経由でコンピュータまたは電源アダプタを使って充電高速充電に対応:30分で最大50%充電12(別売りの20W以上のアダプタを使用)
重量約170g
画面6.1インチ
素材ディスプレイ:ガラス
フレーム:アルミニウム
カメラメインカメラ

  • 解像度:1200万画素
  • F値:1.6
  • ズーム:光学最大2倍、デジタル最大5倍
  • レンズ構成:7枚
  • オートフォーカス:100% Focus Pixels
  • 手ブレ補正:センサーシフト光学式手ブレ補正

超広角カメラ

  • 解像度:1200万画素
  • F値:2.4
  • 画角:水平120度
  • レンズ構成:5枚
センサーFace ID、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、気圧計、環境光センサー
位置情報内蔵GPS、GLONASS、Galileo、QZSS、BeiDou、デジタルコンパス、Wi-Fi、携帯電話通信、iBeaconマイクロロケーション
スピーカーステレオ
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac/ax
SIMデュアルSIM(nano‑SIMとeSIM)、デュアルeSIMに対応
対応バンド
  • 5G NR(バンドn1、n2、n3、n5、n7、n8、n12、n20、n25、n28、n29、n30、n38、n40、n41、n48、n66、n71、n77、n78、n79
  • FDD-LTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、11、12、13、14、17、18、19、20、21、25、26、28、29、30、32、66、71
  • TD-LTE(バンド34、38、39、40、41、42、46、48
  • UMTS/HSPA+/DC-HSDPA(850、900、1,700/2,100、1,900、2,100MHz

Xiaomi Redmi Note 11の主な仕様

Xiaomi Redmi Note 11
SocSnapdragon 680
容量4GB/64GB
電池5,000mAh
重量約179g
画面
  • サイズ:6.43インチ
  • 種類: 有機EL
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:180Hz
  • ピーク輝度:1,000nits
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • DCI-P3
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.2
    画角:118度
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
  • 深度測定カメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:1,300万画素
    F値:2.4
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.0
位置情報GPS、Glonass G1、BDS B1、Galileo E1
Wi-FiWi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIMNanoSIM カード×2(1スロットはMicro SDカードと排他的な扱い)
指紋認証側面
NFC対応
スピーカーステレオ(デュアルスピーカー)
Micro SDカード対応
OSAndroid™ 11

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-ahamo, Android, Gadget NEWS, mineo, NTTドコモ, SIMフリー, XIAOMI, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , , , ,