楽天モバイル版も!1億カメラスマホXiaomi Redmi Note 11 Pro 5GはFeliCaに67W充電対応

2022年5月19日

67W充電と1億800万画素カメラに対応する5GスマホRedmi Note 11 Pro 5G登場

Xiaomiより

2022年5月19日(木)、大手グローバルスマートフォンメーカーのXiaomi(シャオミ)が、日本市場に向けて最新スマートフォン『Redmi Note 11  Pro 5G』をリリースしました。

Redmi Note 11 Pro 5G

Xiaomiより

カラーは『グラファイトグレー』『ポーラーホワイト』『アトランティックブルー』の3色展開。メーカー小売価格は6GB/128GBモデルが44,800円(税込)

販売チャネル(オープンマーケット版)
  • オンライン:Amazon.co.jp、 ECカレント、NTTぷらら、ソフトバンクセレクション、Mi.com、murauchi.com、楽天市場楽天ブックス
  • 量販店:エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ
  • MVNO:AEON MOBILE、IIJmiogooSimseller

予約開始は各販売チャネルにつき5月19日(木)から。発売開始は5月30日(月)から。

オープンマーケット版とは別に、新料金プランが話題となっている『楽天モバイル』からも『楽天モバイル版』が登場。予約開始は5月19日(木)午前9時、発売開始は5月30日(月)午前9時から。

Rakutenモバイル Redmi Note 11 Pro 5G

Xiaomiより

楽天関連アプリのプリインストール以外に、オープンマーケット版から対応バンドの変更はなし。カラーは『グラファイトグレー』『ポーラーホワイト』の2色展開。販売価格は42,980円(税込)。最大2万円相当の楽天ポイントが還元されます。

楽天モバイル Redmi Note 11 Pro 5G

楽天モバイルより

Redmi Note 11 Pro 5Gの発売に伴い、同社では『Mi band 6(ブラック)』のプレゼントキャンペーン(先着6,000名)を実施。詳細は下記の通り。

  • 予約&購入期間 :2022年5月19日(木)9:00~2022年6月30日(木)23:59
  • 応募期間:2022年5月30日(月)9:00~2022年7月14日(木)23:59
  • 特典の引換期間 : 2022年5月30日(月)9:00~2022年7月14日(木)23:59
  • 対象商品:Redmi Note 11 Pro 5G
  • 賞品:Mi スマートバンド 6(ブラック)
  • 詳細:https://event.mi.com/jp/redmi-note-11-pro-5g-campaign
Mi Band 6プレゼント

Xiaomiより

Mi Band 6
Xiaomi Mi Band 6(日本版)レビュー!画面、酸素飽和度測定、運動自動検出をチェック!もはやウォッチだった

続きを見る

前モデルからは大きなアップグレードが『4つ』。1つは日本モデル独自のカスタマイズとなる『FeliCa』への対応。満を持して『おサイフケータイ』が使えるようになりました。

Redmi Note 11 Pro 5G 特徴

Xiaomiより

2つめが『充電速度』。Redmi Note 10 Proの最大『33W』から、2倍以上の速さとなる『67W』にスピードアップ。これは同社のハイエンドモデル『Xiaomi 11T』と同じ速さです。

67W充電

Xiaomiより

ミッドレンジの壁を超えた格安ハイエンドXiaomi 11T。
格安ハイエンドXiaomi 11Tは十分にイキれるスマホ!ミッドレンジには超えられない壁を突破する魅惑のダークホース。

続きを見る

最近はコスト削減の為に充電器が同梱されないケースも目立ちますが、Redmi Note 11 Pro 5Gでは充電器を同梱。67W出力対応なので、それなりに高価な充電器がついてくると認識しましょう。

3つめが『eSIM』。物理的なカードスロットは前モデルと同じデュアル仕様。片方はMicro SDカードとの排他的な扱いとなるので、Micro SDカードを使う場合はデュアルSIM運用が出来ません。

esim

しかしeSIMが使えるようになった事で、2種類のSIMとMicro SDカードの同時使用が可能に。時代に合わせた実用的な進化を実現。

4つめは『5G』への対応。Snapdragon 695 5Gは日本でも徐々に普及が進む5Gネットワークをサポート。安定的かつ実用的な速度で5G通信するにはまだ少し時間がかかりそうですが、今後通信業者の整備が急ピッチで進むことを考えれば、大きな利点の一つ。

5G

Xiaomiより

上記4つに加え、最新モデルでは一体何がどう変わったのか。スペックから違いをチェックしていきましょう。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proの違いとは

Redmi Note 11 Pro 5Gスペック

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proのカメラについて

Redmi Note 11 Pro 5Gカメラ

Xiaomiより

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5G
メイン(広角カメラ)解像度:1億800万画素
F値:1.9
センサーサイズ:1 /1.52インチ
画素サイズ:0.7μm(ピクセル統合時:2.1μm)
解像度:1億800万画素
F値:1.9
センサーサイズ:1 /1.52インチ
画素サイズ:0.7μm(ピクセル統合時:2.1μm)
超広角カメラ解像度:800万画素
F値:2.2
画角:水平118度
解像度:800万画素
F値:2.2
画角:水平118度
マクロカメラ解像度:500万画素
F値:2.4
解像度:200万画素
F値:2.4
深度センサー解像度:200万画素
F値:2.4
-
ISPQualcomm Spectra™ 350 image signal processor, 14-bit, 2x Image Signal Processor (ISP)Qualcomm Spectra™ 346T image signal processor, Triple 12-bit ISP

Redmi Note 10 Proと言えば『カメラ』です。メインカメラには『1/1.52インチ』の大型イメージセンサーを採用し、『1億800万画素』の超高解像度撮影が可能。9つのピクセルを1つに統合するスーパーピクセルテクノロジーにも対応し、標準撮影モードでは『2.1μm』まで画素サイズを引き上げ画質を明瞭化。

メインカメラ及び超広角カメラのスペックはRedmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5Gともに同じ。ただし画像を処理するISPRedmi Note 10 Proが『Spectra™ 350』でRedmi Note 11 Pro 5Gは『Spectra™ 346T』。

bit数が14bitから12bitに落ちていますが、イメージセンサーが10bit対応なので、この部分が画質に大きく影響する可能性は低いです。それよりもISPの数が『2つ』から『3つ』に増えているので、低照度環境やHDR撮影時の画質がどう変化しているか、実際に撮影するのがとても楽しみ!

Redmi Note 11 Pro 5G撮影写真1

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gで撮影した画像(Xiaomiより)

Redmi Note 11 Pro 5G撮影写真2

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gで撮影した画像(Xiaomiより)

マクロカメラに関しては、解像度が500万画素から200万画素にダウン。ちなみに200万画素は1600×1200Pixelなので、画面で見るには十分な解像度。画質は撮ってみなければ分かりません。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gのマクロカメラで撮影

Xiaomi Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gで撮影した画像(Xiaomiより)で撮影した画像(Xiaomiより)

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proのディスプレイについて

Redmi Note 11 Pro 5Gディスプレイ

Xiaomiより

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5G
ディスプレイ6.67インチ AMOLED (有機EL) DotDisplay
解像度:2,400 x 1,080 FHD+395 PPI
コントラスト比:4,500,000:1
輝度:HBM 700 nit (typ)、1200 nit ピーク輝度 (typ)
DCI-P3 色域
8ビットカラー
HDR 10
リフレッシュレート:120Hz
タッチサンプリングレート:240Hz
ガラス:ゴリラガラス5
6.67インチ AMOLED (有機EL) DotDisplay
解像度:2,400 x 1,080 FHD+395 PPI
コントラスト比:4,500,000:1
輝度:HBM 700 nit (typ)、1200 nit ピーク輝度 (typ)
DCI-P3 色域
8ビットカラー
HDR 10
リフレッシュレート:120Hz
タッチサンプリングレート:360Hz
ガラス:ゴリラガラス5

Redmi Note 10 Proにはハイエンドスペックの高品質な有機ELが採用されています。Redmi Note 11 Pro 5Gでも大部分を踏襲し、ピーク輝度『1200nit』、コントラスト比『4,500,000:1』、最大リフレッシュレート(1秒間に可能な画面の切り替え回数)『120Hz』までは同じ。

最大タッチサンプリングレート(1秒間に画面がタッチに反応する回数)は『240Hz』から『360Hz』にアップグレード。感度が上がった分操作性が向上している可能性は高いです。

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 ProのSocについて

Snapdragon 695 5G

Xiaomiより

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5G
SocSnapdragon 732G

CPU
2x 2.3 GHz – Kryo 470 Gold (Cortex-A76)

6x 1.8 GHz – Kryo 470 Silver (Cortex-A55)

CPU Architecture: 64-bit

GPU
Qualcomm® Adreno™ 618

プロセスサイズ:8nm

5G:非対応

Snapdragon 695 5G

CPU
2x 2.2 GHz – Kryo 660 Gold (Cortex-A78)

6x 1.7 GHz – Kryo 660 Silver (Cortex-A55)

CPU Architecture: 64-bit

GPU
Qualcomm® Adreno™ 619

プロセスサイズ:6nm

5G:対応

スマートフォンの処理能力に最も大きな影響を及ぼす『Soc』は、Redmi Note 10 Proの『Snapdragon 732G』から『Snapdragon 695 5G』に変更。一見700シリーズから600シリーズへのダウングレードですが、スペックの詳細を見ていくとそうでは無い事が分かります。

CPUの最大クロック周波数はSnapdragon 732Gから低下。ただしNANOREVIEW.NETが公表しているCPUスコアは『40』から『47』に上昇。これは低クロック(省電力)ながらパフォーマンスがアップしている事を示します。実用面においてとても理想的な進化。

GPUもAdreno™ 618からAdreno™ 619にアップグレード。NANOREVIEW.NETのスコアを参考にすると、CPUは『40』から『47』に大きく上昇。GPUも『32』から『36』へとアップ。

NANOREVIEW.NETより

プロセスサイズが『8nm』から『6nm』に微細化している点にも注目。プロセスサイズが小さくなると電力効率が上がり電池もちが向上。NANOREVIEW.NETのBattery lifeスコアは『74』から『85』まで一気にスコアアップ。

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro  5Gの電池容量はほぼ同じ(5,020mAhと5,000mAh)ですが、連続駆動時間はRedmi Note 11 Proの方が長くなる可能性が高いでしょう。

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proのサイズについて

リフレッシュレート

Xiaomiより

Redmi Note 10 Pro Redmi Note 11 Pro 5G
サイズ高さ:164mm
幅:76.5mm
厚み:8.1mm
重量:193g
高さ:164.19mm
幅:76.1mm
厚み:8.12mm
重量:202g

サイズに関してはほぼ変わらず。重量は9gほど重くなり、Xiaomi 11TXiaomi 11T Proと同等となっています。冷却システムを取り入れた影響でしょうか。軽さを重視する人はMi 11 Lite 5Gなど軽量モデルを選ぶと思うので、この部分はあまり気にする必要が無いかもしれません。温度の安定化を考えればむしろプラスのポイント。

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proのメモリ・ストレージについて

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5G
容量6GB/128GB
メモリ:LPDDR4X
ストレージ:UFS 2.2
Micro SDカード:対応
6GB/128GB
メモリ:LPDDR4X
ストレージ:UFS 2.2
Micro SDカード:対応

メモリ『6GB』、ストレージ『128GB』は前モデルと同じ。ミッドレンジである事や、Micro SDカードが使える点を考慮すれば十分なスペック。Xiaomiはメモリ拡張機能の導入によりメモリ領域を広げたり、MIUI 13でメモリ使用量の効率化を行っているので、複数のアプリを同時に起動した際の動作にも不安を感じる必要はないでしょう。

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proの電池容量・充電について

Redmi Note 11 Pro 5Gの電池容量

Xiaomiより

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5G
電池 容量:5,020mAh
充電:33W
容量:5,000mAh
充電:67W

Redmi Note 10 Proから一番のアップグレードと言えるのが『充電速度』。最大『67W』は上位モデルとなる『Xiaomi 11T』と同じ。私はXiaomi 11Tを所有していますが、15分もあれば実用的な駆動時間(50%程度)を得られるので、充電は『時間のかかるもの』ではなくなりました。

Redmi Note 11 Pro 5Gの充電速度

Xiaomiより

充電技術には速さと効率性を重視した『MMTバッテリーテクノロジー』と、放熱性を高める『液体冷却システム』を併用。冷却システムは本来GPU性能の高いスマートフォンに搭載するものですが、Redmi Note 11 Pro 5Gの場合は充電時に大きな効力を発揮します。

Redmi Note 11 Pro 5Gの冷却システム

Xiaomiより

Redmi Note 11 Pro 5GとRedmi Note 10 Proのカラー展開について

Redmi Note 10 ProRedmi Note 11 Pro 5G
カラーグレイシャーブルー
グラデーションブロンズ
オニクスグレー
ポーラーホワイト
グラファイトグレー
アトランティックブルー

ベーシックな『グラファイトグレー』もフラットデザインになるとだいぶ印象が変わります。

Graphite Gray

Xiaomiより

一番フラット設計にはまってると感じるのは『ポーラーホワイト』。これは発売開始と同時に売り切れそうですね。

ホワイト

Xiaomiより

実機を見てみたいと思わせる魅惑的なカラーリングの『アトランティックブルー』。プレミア感を重視するならこの色か。

ブルー

Xiaomiより

コストの高騰や為替の変動により販売価格は前モデルより上がっていますが、トータルで見ると価格差を埋めるアップデートがされているという印象。『IIJmio』『OCNモバイルONE』といったMVNOでは割引キャンペーンが開始されるはずなので、それらをうまく利用してRedmi Note 11 Pro 5Gを格安でゲットしましょう!

Redmi Note 11  Pro 5G販売チャネル

  • オンライン:Amazon.co.jp、 ECカレント、NTTぷらら、ソフトバンクセレクション、Mi.com、murauchi.com、楽天市場楽天ブックス
  • 量販店:エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ
  • MVNO:AEON MOBILE、IIJmiogooSimseller

Redmi Note 11 Pro 5Gの主な仕様

Redmi Note 11 Pro 5G
SocSnapdragon 695 5G(6nm)

  • CPU:Kryo 660 Gold Cortex-A78×2(2.2GHz)、Kryo 660 Silver  Cortex-A55×6(1.7GHz)
  • GPU:Adreno 619
容量6GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池5,000mAh(最大67W急速充電)※充電機同梱
重量約202g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:120Hz
  • タッチサンプリングレート:360Hz
  • 輝度:700ニト(標準)、ピーク輝度:1200ニト
  • コントラスト比:4,500,000:1
  • 素材:ゴリラガラス5
カメラメインカメラ

  • イメージセンサー:Samsung ISOCELL HM2
  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.9
  • センサーサイズ:1/1.52
  • 画素サイズ:0.7µm、2.1µm(ピクセル統合時)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平118度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP53
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.1
位置情報GPS L1、Glonass G1、BDS B1、Galileo E1
Wi-FiWi-Fi:802.11a/b/g/n/ac
SIMNanoSIM カード×2(1スロットはMicro SDカードと排他的な扱い)、eSIM
指紋認証側面
おサイフケータイ対応
スピーカーステレオ(デュアルスピーカー)
DOLBY ATMOS対応
Micro SDカード対応
OSAndroid™ 11(MIUI 13)

Redmi Note 11 Pro 5Gにお勧めな格安SIM

Redmi Note 11 Pro 5Gが対応する周波数帯

  • 5G Sub-6: 対応バンド n3/n28/n41/n77/n78
  • LTE: 対応バンド 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/38/40/41 (2545~2560MHz)/42
  • 3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM 750/800/1800/1900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCNモバイルONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット
-, , , , , , , ,