ハイパーガジェットチャンネル

楽天モバイルからLINEMO(SoftBank)に乗り換える場合はココをチェック!Rakutenオリジナルは特に要注意

Pocket

楽天モバイルからLINEMOに乗り換えする場合はココをチェック

楽天モバイルでは2022年7月1日(金)から新プランを導入。新プランではデータ通信~1GBまでに適用されていた基本料金『0円』が廃止となり、0~3GBが一律で『1,078(税込)』に。

データ量0GB~1GB1GB~3GB3GB~20GB無制限
従来プラン0円1,078円2,178円3,278円
新プラン1.078円1,078円2,178円3,278円

既存ユーザーは7月1日をもって従来プランから新プランに自動移行。移行後に通信が1GB未満の場合、『7月』『8月』は1,078円の割引。『9月』『10月』は1,078円相当のポイント還元が行われます。

楽天モバイル新プラン

楽天モバイルより

従来と同様の使い方をした場合、2022年10月までは実質『0円』ですが、巷では早くも楽天モバイルからの乗り換えが始まっています。

SoftBankのオンラインブランド『LINEMO』は、2022年5月20日(金)からキャンペーンを開始。同社のミニプラン(月額990円)を新規契約もしくは他社から乗り換え(SoftBank、Ymobile、LINEモバイルは対象外)の場合、基本料金が契約から最大6ヶ月間実質『無料(期間中毎月同額相当のPayPayポイントプレゼント)』。

PayPayボーナスキャンペーン

LINEMOより

さらに『5分かけ放題』も契約から1年後まで『無料』。かなりお得な内容となり、大きな反響を呼んでいます(詳細はコチラから)。

キャンペーン

LINEMOより

ただしLINEMOは『SoftBank回線』を使用しているので、『Rakutenオリジナル』端末からの乗り換えには注意が必要。スマートフォンはそれぞれ対応する『バンド(周波数帯)』が決まっています。『Rakuten BIG s』の場合は下記のバンドが利用可能。

4G/LTE
  • バンド 1
  • バンド 3
  • バンド 4
  • バンド 5
  • バンド 7
  • バンド 12
  • バンド 17
  • バンド 18
  • バンド 19
  • バンド 26
  • バンド 38
  • バンド 41
  • バンド 42
5G Sub-6
  • n77

Rakuten BIG sの対応バンドを、『NTTドコモ』『SoftBank』『au』回線で使えるバンドに当てはめてみましょう。

周波数帯域

総務省より

NTTドコモ回線
4G/LTE
  • バンド 1(◎)
  • バンド 3(◎)
  • バンド 19(◎)
  • バンド21(×)
  • バンド 26(◎)
  • バンド 28(×)
  • バンド 42(◎)
5G Sub-6
  • n78(×)
  • n79(×)

NTTドコモ回線の場合、『バンド21』『バンド28』に非対応。バンド21は他社でも非対応の端末も多く、重視する必要はありません。バンド28に関しても、バンド19/26といった低周波なプラチナバンドをサポートしているので、一般的な通信には支障なし。ただし5Gは使えません。

SoftBank回線
4G/LTE
  • バンド 1(◎)
  • バンド 3(◎)
  • バンド 8(×)
  • バンド11(×)
  • バンド 28(×)
  • バンド 42(◎)
5G Sub-6
  • n77(◎)

SoftBankは『バンド8』『バンド21』『バンド28』に非対応。バンド8、バンド28は高層ビル群や建物内、山間部でも電波が届きやすい『プラチナバンド』。SoftBank回線ではそれがどちらも使えません。よって一部地域ではやや電波が繋がりづらい状況になるかも。5Gには対応しています。

au回線
4G/LTE
  • バンド 1(◎)
  • バンド 3(◎)
  • バンド11(×)
  • バンド18(◎)
  • バンド26(◎)
  • バンド 28(×)
  • バンド 42(◎)
5G Sub-6
  • n77(◎)
  • n78(×)

auはバンド『11』『28』に非対応。バンド11を重視する必要はなく、『プラチナバンド(バンド18/26)』をサポートしているのでバンド28に非対応でも問題なし。5Gも『n77』に対応。3回線の中ではauが一番フィットしていると言えるでしょう。

楽天回線からスルッと乗り換えするならau回線
【月額千円以内】楽天モバイルからスルっと横スライドするならau回線!節約を継続出来る音声通話SIM5選。eSIM対応も

楽天モバイルは7月1日から新プランをスタート。従来プランではデータ通信1GBまでは基本料金『0円』だったのが、新プランでは0GB~3GBまで一律『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1GB ...

続きを見る

Rakutenオリジナル』に関して言えば、『Rakuten Hand 5G』はSoftBankのプラチナバンド『バンド8』に対応(Rakuten Hand(4G)は非対応)しています。

Rakuten Handはpovo2.0で0円運用を維持
楽天モバイル『0円終了』でRakuten HandのSIMどうする?基本料金『0円運用』継続ならpovo2.0で決まり

楽天モバイルは7月1日から新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』をスタート。すでに従来プランを契約中のユーザーは7月1日時点で自動的に新プランへと移行。移行後に通信が1GB未満の場合 ...

続きを見る

Rakutenオリジナル』以外のAndroidを使用する場合も、LINEMOに乗り換えする場合は『バンド8』『バンド28』のどちらかに対応しているかを契約前にチェックしましょう。

IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け入れ先に
【5月31日まで】IIJmioが楽天モバイル0円難民の優しい受け皿に。5分かけ放題90円など期間限定キャンペーン実施中

  楽天モバイルでは2022年7月1日(金)から新プランを開始。従来プランから料金の改定が行われ、これまで通信1GBまで『0円』だった基本料金が『1,078円(税込)』に引き上げ。巷では楽天 ...

続きを見る

mineoはデータ無制限に10分かけ放題つけて1,540円
【神安】データ通信無制限に10分かけ放題つけて1,540円ってホント?楽天モバイル0円撤廃で見えたmineo真の実力。

『最大1.5Mbpsの通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GB以上通信すると速度制限)』が代表的なサービスとなる格安SIMのmineo。印象で捉えると最大1.5Mbpsを『遅い』と感じるかもしれま ...

続きを見る

楽天モバイルでかけ放題を続けるべきか他9社と比較
0円終了の楽天モバイルで『国内かけ放題』を続けるか?9社と比較して検討。5分はpovo2.0、10分はmineoが安い

楽天モバイルは2022年7月1日から新プランをスタート。新プランでは基本料金『0円』が廃止となり、データ通信0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。既存ユーザーは7月1日をもって従来プラ ...

続きを見る

mineoは楽天モバイルが0円を継続しても乗り換えしたくなる格安SIM
mineoは楽天モバイルが『0円継続』しても乗り換えたくなる格安SIM。『データ通信』『通話』で得られる3つの安心。

記事に書かれている内容1 繋がる安心。mineoはNTTドコモ、SoftBank、auからプラチナ回線を選べる!2 データ量を気にせず安心してYouTube視聴。mineoなら最大1.5Mbpsでデー ...

続きを見る

楽天モバイルから合理的な乗り換えをしたいならかけ放題がVoLTEに対応するHISモバイル
HISモバイルなら楽天モバイルから理にかなった乗り換えが出来るかも。格安SIMなのにかけ放題がVoLTE(HD+)対応

楽天モバイルでは2022年7月1日から新プランを導入。データ通信0GB~1GBまでの基本料金が『0円』から改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1GB 1 ...

続きを見る

LINEMO ミニプランについて

  • 音声対応SIM基本料金:990円(税込)
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 通話料金:22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円(税込)
  • 無制限かけ放題:1,650円(税込)
  • データ容量:3GB
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • eSIM:対応
  • 通信回線:SoftBank
  • 公式サイト:https://www.linemo.jp/

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

真夏のドライブにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo。通信量を気にせず音楽を聴きまくろう!
車で音楽聴くのにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo!夏のドライブが最高に盛り上がる!

夏と言えば車でドライブ。その最高のお供になるのが『音楽』です。スマートフォンを使って車の中で音楽を聴く方法は、カーオーディオとBluetoothもしくは有線接続、Amazon Echo AutoやFM ...

IIJmioに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円
IIJmioギガプランに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円!さらに基本料金・かけ放題・初期費用も割引!

IIJmioでは6月23日(木)から『おサイフケータイ』『最高水準の防塵防水規格(IP68)』に対応する最新スマートフォン『OPPO Reno7 A』の取り扱いを開始。 OPPOより メーカー希望小売 ...

ホーダイホーダイ割でユーザーが増えたmineoの通信速度を実測
超お得な『ホーダイホーダイ割』を提供中の格安SIMmineo!ユーザーが増えて通信速度が低下してないか実測してみた。

2022年6月3日(金)から8月31日(水)まで、8周年を記念して『ホーダイホーダイ割』を提供している格安SIMのmineo。同キャンペーンでは契約から6ヶ月間『マイそく(スタンダード)』を月額990 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMのIIJmioがスマホセール開始!最新お勧めスマートフォンが激安に
IIJmioがスマホセール開始!Redmi Note 11 Pro 5Gが2万円台!moto g52j 5Gも1万円台

格安SIMのIIJmioでは、6月1日(火)から『スマホ大特価セール』を開催中(記事の後半にお勧め端末の詳細を掲載)。他社から『ギガプラン(音声通話機能つきSIM)』に乗り換え(MNP)の場合は『1, ...

続きを見る

【平日昼の通信速度】OCNモバイルONE、UQモバイル、NUROモバイル、楽天モバイル、LINEMOなど合計7社実測!

同じスマートフォンを使用しているのに、時間帯によって動作が『遅い』と感じる事はありませんか?同時にアプリを立ち上げすぎていて、メモリ不足になっているのかもしれません。そしてもう一つ考えられるのが『通信 ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno7 AとOPPO Reno5 Aの性能を比較
OPPO Reno7 AはReno5 Aを超えられたのか?処理能力に電池もち、画面の明るさを比較。買うべきはどっち!?

OPPO(オッポ)の最新ミッドレンジモデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『高い防塵防水性能(IP68)』に対応する日本特化シリーズの最新作です。 フラットデザインを取り入れ見た目を ...

スマホは見た目で選ぶ時代。2022年ベストデザインをとってもおかしくないOPPO Reno7 A
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて持ちやすい

大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採用した大人気シリーズ ...

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

YouTubeが大好きなら6.7インチのスマホを持ってる人は7インチのFire 7を買うべき理由
6.7インチのスマホを持つ人が7インチのタブレットを買うべき理由。YouTube頻繁に観るならFire 7買って損なし

みんなが大好きYouTube。スマートフォンでYouTubeを観ると、殆どの場合横に『黒帯』が残ってしまいますよね。これはYouTubeの標準アスペクト比率が『16:9(1920×1080ピクセル)』 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, LINEMO, SIMフリー, SoftBank, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM, 楽天モバイル
-, , , , , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信