ハイパーガジェットチャンネル

一番勧めたくないAmazonタブレット『Fire 7』が勧めたくなるレベルに進化。デザインも刷新で6千円台をキープ!

Pocket

一番お薦めしたくないタブレットFire 7が超進化

Amazonより

Amazonがメーカーとしてリリースしている『Fire 7』『Fire HD 8シリーズ』『Fire HD 10シリーズ』といった3サイズのタブレット。私は3サイズ全て所有していますが、その中で最もお勧めしたくないのはダントツで『Fire 7』でした。

Fire 7

旧Fire 7(Amazonより)

その理由が3つ。1つ目は『動作速度の遅さ』。他モデルと比較して体感で分かるレベルに遅いのです。それもそのはず。動作速度に一番大きな影響を与える『CPU』のクロック周波数が『1.3GHz』。メモリ容量も『1GB』とOSをやっと動かしているレベル。いくら最廉価モデルとは言え流石に厳しい。

ワンサイズ上の『Fire HD 8』はCPUのクロック周波数が『2.0GHz』。メモリ容量も『2GB』と2倍。その数値差が動作に表れてしまっているのです。

Wi-Fi規格の『11ac(第5世代)』に非対応というのもお勧め出来なかったポイントの一つ。11acは前規格となる『11n(第4世代)』から最高通信速度を10倍近くまで高めており、非対応の場合は通信速度に大きな差が出るのです。

Wi-Fi接続 2.4GHz

光回線4

Wi-Fi接続 5GHz

光回線3

そして連続駆動時間も『7時間』とタブレットにしてはやや短め。重量がFire HD 8と比較して70g程度軽いので、手に持って長時間使うことを考えれば物理的にお勧めしたいのは間違いなくFire 7。しかしスペックの弱さが物理的なメリットを上回っていました。

楽天モバイル解約待った

もっともお勧め出来ないFire 7が、突如2022年5月にアップデート(2022年6月29日発売開始予定)。『Fire HD 8シリーズ』『Fire HD 10シリーズ』と同じ新デザインを導入しました。

Fire HD 10 Proは見た目と持ち安さが向上

Fire HD 10 Plus

タブレット

Fire HD 10 Plus

フロントカメラの位置が変わりビデオチャットに最適化。フォルムは女性にも馴染みやすい丸形に。いい意味でFireタブレットのイメージを変えてくれたお気に入りの見た目にFire 7も進化。

Fire 7

新Fire 7(Amazonより)

しかし問題はあくまでスペックです。見た目だけ良くなってもお勧めは出来ません。新世代になりどう変わったのかをチェックしていきましょう。

旧Fire 7新Fire 7
CPU1.3GHzクアッドコア2.0GHzクアッドコア
RAM(メモリ)1GB2GB
ストレージ16GB/32GB16GB
連続駆動時間最大7時間最大10時間
カメラフロントカメラ:200万画素
リアカメラ:200万画素
フロントカメラ:200万画素
リアカメラ:200万画素
重量286g282g
Wi-Fi802.11a、802.11b、802.11g、802.11n802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac
解像度1024 x 600 (171ppi)1024 x 600 (171ppi)
Micro SDカード512GBまで1TBまで

まずは一番のネックとなっていた『CPU』。クロック周波数が『1.3GHz』から『2.0GHz』に上がり前世代から最大『30%』の高速化を実現。これでようやく実用レベルに到達したと言えます。

タブレット

新Fire 7(Amazonより)

メモリも1GBから『2GB』へと倍増。カツカツだったメモリ領域にも余裕が生まれ、こまめにアプリを閉じる手間も不要に。Fire HD 8と差別化するならメモリを『1.5GB』に抑えるべきなので、2GBはFire 7にとってサプライズ。

タブレットテザリングするならahamo大盛りか楽天モバイル
タブレット、iPad持ちには高速大容量なahamo大盛りか楽天モバイルがイチ押し。フルHD解像度で高精細に映画鑑賞!

動画を観るのに最適な解像度は、コンテンツの内容や画面サイズによって異なります。YouTubeを1時間視聴するのに発生する解像度別のデータ(通信)量が下記の通り。 LINEモバイルより 『1080p(フ ...

続きを見る

Wi-Fiも上位モデルと同じく『11ac(第5世代)』に対応。これで家の光回線を存分に活用出来るはず。さらに最大連続駆動時間は7時間から『10時間』へと3時間延長。こちらもタブレットの実用レベルに到達しました。

タブレット

新Fire 7(Amazonより)

重量は『282g』とわずかに軽量化。ストレージ『32GB』が選択肢として無くなりましたが、その分Micro SDカードの対応容量が512GBから『1TB』へと倍増。動画をオフライン環境で観る場合はMicro SDカードで容量を追加すれば良いでしょう。

エンタメ

Amazonより

これまで私が強い不満を感じていた部分を完全に封じてきた『新Fire 7』。6千円台の廉価モデルなので、防水ケースに入れてお風呂で動画鑑賞や読書をするなど、iPad miniには出来ないちょっと雑な使い方をするのもアリ。寝転びタブにも最適な7インチ。これなら勧められる。そして欲しい。

Fire 7スペック

新Fire 7(Amazonより)

Amazonでお得に買い物

Amazonタイムセール祭りにKindleが登場!
文字大きめで読んでる人は安い方のKindleで良いかも?公園のベンチでのんびり読書するのに最適な格安電子書籍リーダー

Amazonがメーカーとして提供している電子書籍リーダー『Kindle』シリーズ。2022年4月22日現在においては『Kindle』『Kindle Paperwhite』『Kindle Paperwh ...

続きを見る

大きくなった電子書籍リーダー
大画面最高!Kindle Paperwhiteが6.8インチになって新登場。色調節ライト搭載で14,980円は超破格!

株式会社インプレスのシンクタンク部門であるインプレス総合研究所が2021年8月3日に発表した『電子書籍ビジネス調査報告書2021』によると、2020年度の電子書籍市場規模は前年比28.6%増で『482 ...

続きを見る

FHDテレビこそFire TV Stickでスマートテレビ化すべき
Fire TV StickをHDMI端子に差し込むだけでアンテナ不要のインターネットテレビ完成!TVerも大画面で!

Amazonが提供している『Fire TV Stickシリーズ』には、『フルHD』対応の『Fire TV Stick』と『4K』対応の『Fire TV Stick 4K Max』2モデルが存在します。 ...

続きを見る

Fire TV Stick 4K Max
超快適!Fire TV Stick 4K MaxをWi-Fi 6接続したら全てが変わった。過去最高のアップデートかも!

最近Fire TV Stick 4K Maxを購入しました。これで何台目のFire TV Stickだろう。かなり前から使っているのは確かですが、何台買ったかまでは覚えていません。Amazonの注文履 ...

続きを見る

タブレット入門機Fire HD 10シリーズ
タブレットが『何となく』欲しい人はAmazonでFire HD 10シリーズを買おう。きっと殆どの人はコレで大満足!

タブレットはスマートフォンより大きな画面で見やすく情報を表示出来る端末。日常的にスマートフォンを使っていて『もう少し画面が大きければ』と思う機会が多い人はタブレットを買う価値あり。逆にスマートフォンの ...

続きを見る

通勤通学で動画観るなら8インチタブレットFire HD 8が最適
動画視聴・音楽鑑賞目的でタブレット買うならAmazonのFire HD 8が正解な理由。通勤通学が毎日楽しみになるはず

家でも通勤通学中でも2WAYで使えるタブレットのギリギリサイズが『8インチ』。8インチを超えると体積的に混雑する場所での使用が難しくなり、しかも10インチ程度だと重さが500g近くなるので持っている手 ...

続きを見る

Fire HD 10 LDAC
Fire HD 10、Fire HD 10 PlusはLDAC対応!Bluetoothでハイレゾ聴きながらライトノマド

記事に書かれている内容1 新しく生まれ変わったFire HD 10 シリーズ2 専用キーボード付きカバーを装着してGoogle Playを導入すれば別次元に進化3 Fire HD 10シリーズで音楽を ...

続きを見る

Fire HD 10 Plus開封レビュー
Fire HD 10 Plus開封レビュー!旧モデルと比較しながら進化したポイントをチェック!予想以上に良くなってる。

Fire HD 10シリーズの最上位モデルとなるFire HD 10 Plus。発売日に在庫ありだったので我慢出来ずに購入。実機が届いたので、旧モデルと比較しながら開封レビューを行いたいと思います! ...

続きを見る

関連カテゴリー

Amazon

格安SIMに関連する記事

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

真夏のドライブにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo。通信量を気にせず音楽を聴きまくろう!
車で音楽聴くのにお勧めな格安SIMはOCNモバイルONE、IIJmio、mineo!夏のドライブが最高に盛り上がる!

夏と言えば車でドライブ。その最高のお供になるのが『音楽』です。スマートフォンを使って車の中で音楽を聴く方法は、カーオーディオとBluetoothもしくは有線接続、Amazon Echo AutoやFM ...

IIJmioに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円
IIJmioギガプランに乗り換えでOPPO Reno7 Aが19,800円!さらに基本料金・かけ放題・初期費用も割引!

IIJmioでは6月23日(木)から『おサイフケータイ』『最高水準の防塵防水規格(IP68)』に対応する最新スマートフォン『OPPO Reno7 A』の取り扱いを開始。 OPPOより メーカー希望小売 ...

ホーダイホーダイ割でユーザーが増えたmineoの通信速度を実測
超お得な『ホーダイホーダイ割』を提供中の格安SIMmineo!ユーザーが増えて通信速度が低下してないか実測してみた。

2022年6月3日(金)から8月31日(水)まで、8周年を記念して『ホーダイホーダイ割』を提供している格安SIMのmineo。同キャンペーンでは契約から6ヶ月間『マイそく(スタンダード)』を月額990 ...

follow us in feedly
Amazonでお得に買い物
格安SIMのIIJmioがスマホセール開始!最新お勧めスマートフォンが激安に
IIJmioがスマホセール開始!Redmi Note 11 Pro 5Gが2万円台!moto g52j 5Gも1万円台

格安SIMのIIJmioでは、6月1日(火)から『スマホ大特価セール』を開催中(記事の後半にお勧め端末の詳細を掲載)。他社から『ギガプラン(音声通話機能つきSIM)』に乗り換え(MNP)の場合は『1, ...

続きを見る

【平日昼の通信速度】OCNモバイルONE、UQモバイル、NUROモバイル、楽天モバイル、LINEMOなど合計7社実測!

同じスマートフォンを使用しているのに、時間帯によって動作が『遅い』と感じる事はありませんか?同時にアプリを立ち上げすぎていて、メモリ不足になっているのかもしれません。そしてもう一つ考えられるのが『通信 ...

続きを見る

youtubeの画面を消してストリーミング音楽プレーヤーとして使用する方法
【裏技】XiaomiのスマホならYouTubeの『画面』と『広告』を無料で消せる。課金なしでストリーミングDAP完成!

Youtubeに公開されている『MV(ミュージックビデオ)』を、『音声だけ楽しみたい』と思った事はありませんか?YouTubeは通常、画面をOFFにすると同時に音声も消えてしまうのでそれが不可能。 画 ...

続きを見る

ハイパーガジェットチャンネル

ハイガジェ注目トピックス

OPPO Reno7 AとOPPO Reno5 Aの性能を比較
OPPO Reno7 AはReno5 Aを超えられたのか?処理能力に電池もち、画面の明るさを比較。買うべきはどっち!?

OPPO(オッポ)の最新ミッドレンジモデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『高い防塵防水性能(IP68)』に対応する日本特化シリーズの最新作です。 フラットデザインを取り入れ見た目を ...

スマホは見た目で選ぶ時代。2022年ベストデザインをとってもおかしくないOPPO Reno7 A
OPPO Reno7 Aは水も滴る良いスマホ!持ってる人のセンスが表れるグッドフラットデザイン。薄くて軽くて持ちやすい

大手グローバルスマートフォンメーカーOPPO(オッポ)の日本特化モデル『OPPO Reno7 A』。『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』機能をSIMフリーとしてイチハヤク採用した大人気シリーズ ...

千円以内でお値段以上に使える格安SIM
【超節約】mineo、LINEMO、IIJmio、OCNモバイルONEは『月額千円以内』でお値段以上に使える格安SIM

どこに行っても『値上げ』ばかり。生活の質を落とさなければ暮らしていけないという人も増えていることでしょう。そんな世の中の流れに逆行して『値下がり』しているのがスマートフォンの『通信料金』。 スマートフ ...

mineoでAmazonのタブレットFire 7をテザリング
AmazonのタブレットFire 7をmineoの最大1.5Mbpsでテザリングしてみたら色々とバッチリハマった!

AmazonがメーカーとしてリリースしているFireタブレットシリーズ。最廉価(6,980円)にして最小サイズとなるのが7インチの『Fire 7』画面のアスペクト比は『約16:9.3』。もっとも一般的 ...

YouTubeが大好きなら6.7インチのスマホを持ってる人は7インチのFire 7を買うべき理由
6.7インチのスマホを持つ人が7インチのタブレットを買うべき理由。YouTube頻繁に観るならFire 7買って損なし

みんなが大好きYouTube。スマートフォンでYouTubeを観ると、殆どの場合横に『黒帯』が残ってしまいますよね。これはYouTubeの標準アスペクト比率が『16:9(1920×1080ピクセル)』 ...

情報を深堀したい人はココから検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon, Android, Fire 7, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, タブレット, ハイガジェ注目トピックス
-, , , ,

© 2022 ハイパーガジェット通信