一番勧めたくないAmazonタブレット『Fire 7』が勧めたくなるレベルに進化。デザインも刷新で6千円台をキープ!

2022年5月24日

一番お薦めしたくないタブレットFire 7が超進化

Amazonより

Amazonがメーカーとしてリリースしている『Fire 7』『Fire HD 8シリーズ』『Fire HD 10シリーズ』といった3サイズのタブレット。私は3サイズ全て所有していますが、その中で最もお勧めしたくないのはダントツで『Fire 7』でした。

Fire 7

旧Fire 7(Amazonより)

その理由が3つ。1つ目は『動作速度の遅さ』。他モデルと比較して体感で分かるレベルに遅いのです。それもそのはず。動作速度に一番大きな影響を与える『CPU』のクロック周波数が『1.3GHz』。メモリ容量も『1GB』とOSをやっと動かしているレベル。いくら最廉価モデルとは言え流石に厳しい。

ワンサイズ上の『Fire HD 8』はCPUのクロック周波数が『2.0GHz』。メモリ容量も『2GB』と2倍。その数値差が動作に表れてしまっているのです。

Wi-Fi規格の『11ac(第5世代)』に非対応というのもお勧め出来なかったポイントの一つ。11acは前規格となる『11n(第4世代)』から最高通信速度を10倍近くまで高めており、非対応の場合は通信速度に大きな差が出るのです。

Wi-Fi接続 2.4GHz

光回線4

Wi-Fi接続 5GHz

光回線3

そして連続駆動時間も『7時間』とタブレットにしてはやや短め。重量がFire HD 8と比較して70g程度軽いので、手に持って長時間使うことを考えれば物理的にお勧めしたいのは間違いなくFire 7。しかしスペックの弱さが物理的なメリットを上回っていました。

楽天モバイル解約待った

もっともお勧め出来ないFire 7が、突如2022年5月にアップデート(2022年6月29日発売開始予定)。『Fire HD 8シリーズ』『Fire HD 10シリーズ』と同じ新デザインを導入しました。

Fire HD 10 Proは見た目と持ち安さが向上

Fire HD 10 Plus

タブレット

Fire HD 10 Plus

フロントカメラの位置が変わりビデオチャットに最適化。フォルムは女性にも馴染みやすい丸形に。いい意味でFireタブレットのイメージを変えてくれたお気に入りの見た目にFire 7も進化。

Fire 7

新Fire 7(Amazonより)

しかし問題はあくまでスペックです。見た目だけ良くなってもお勧めは出来ません。新世代になりどう変わったのかをチェックしていきましょう。

旧Fire 7新Fire 7
CPU1.3GHzクアッドコア2.0GHzクアッドコア
RAM(メモリ)1GB2GB
ストレージ16GB/32GB16GB
連続駆動時間最大7時間最大10時間
カメラフロントカメラ:200万画素
リアカメラ:200万画素
フロントカメラ:200万画素
リアカメラ:200万画素
重量286g282g
Wi-Fi802.11a、802.11b、802.11g、802.11n802.11a、802.11b、802.11g、802.11n、802.11ac
解像度1024 x 600 (171ppi)1024 x 600 (171ppi)
Micro SDカード512GBまで1TBまで

まずは一番のネックとなっていた『CPU』。クロック周波数が『1.3GHz』から『2.0GHz』に上がり前世代から最大『30%』の高速化を実現。これでようやく実用レベルに到達したと言えます。

タブレット

新Fire 7(Amazonより)

メモリも1GBから『2GB』へと倍増。カツカツだったメモリ領域にも余裕が生まれ、こまめにアプリを閉じる手間も不要に。Fire HD 8と差別化するならメモリを『1.5GB』に抑えるべきなので、2GBはFire 7にとってサプライズ。

タブレットテザリングするならahamo大盛りか楽天モバイル
タブレット、iPad持ちには高速大容量なahamo大盛りか楽天モバイルがイチ押し。フルHD解像度で高精細に映画鑑賞!

続きを見る

Wi-Fiも上位モデルと同じく『11ac(第5世代)』に対応。これで家の光回線を存分に活用出来るはず。さらに最大連続駆動時間は7時間から『10時間』へと3時間延長。こちらもタブレットの実用レベルに到達しました。

タブレット

新Fire 7(Amazonより)

重量は『282g』とわずかに軽量化。ストレージ『32GB』が選択肢として無くなりましたが、その分Micro SDカードの対応容量が512GBから『1TB』へと倍増。動画をオフライン環境で観る場合はMicro SDカードで容量を追加すれば良いでしょう。

エンタメ

Amazonより

これまで私が強い不満を感じていた部分を完全に封じてきた『新Fire 7』。6千円台の廉価モデルなので、防水ケースに入れてお風呂で動画鑑賞や読書をするなど、iPad miniには出来ないちょっと雑な使い方をするのもアリ。寝転びタブにも最適な7インチ。これなら勧められる。そして欲しい。

Fire 7スペック

新Fire 7(Amazonより)

Amazonでお得に買い物

Amazonタイムセール祭りにKindleが登場!
文字大きめで読んでる人は安い方のKindleで良いかも?公園のベンチでのんびり読書するのに最適な格安電子書籍リーダー

続きを見る

大きくなった電子書籍リーダー
大画面最高!Kindle Paperwhiteが6.8インチになって新登場。色調節ライト搭載で14,980円は超破格!

続きを見る

FHDテレビこそFire TV Stickでスマートテレビ化すべき
Fire TV StickをHDMI端子に差し込むだけでアンテナ不要のインターネットテレビ完成!TVerも大画面で!

続きを見る

Fire TV Stick 4K Max
超快適!Fire TV Stick 4K MaxをWi-Fi 6接続したら全てが変わった。過去最高のアップデートかも!

続きを見る

タブレット入門機Fire HD 10シリーズ
タブレットが『何となく』欲しい人はAmazonでFire HD 10シリーズを買おう。きっと殆どの人はコレで大満足!

続きを見る

通勤通学で動画観るなら8インチタブレットFire HD 8が最適
動画視聴・音楽鑑賞目的でタブレット買うならAmazonのFire HD 8が正解な理由。通勤通学が毎日楽しみになるはず

続きを見る

Fire HD 10 LDAC
Fire HD 10、Fire HD 10 PlusはLDAC対応!Bluetoothでハイレゾ聴きながらライトノマド

続きを見る

Fire HD 10 Plus開封レビュー
Fire HD 10 Plus開封レビュー!旧モデルと比較しながら進化したポイントをチェック!予想以上に良くなってる。

続きを見る

関連カテゴリー

Amazon

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon, Android, Fire 7, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, タブレット, ハイガジェ注目トピックス
-, , , ,