Amazon Music HDのSRCを回避!48kHzにダウンサンプリングせず聴く方法。Bluetooth接続対応!

Amazon Music HDのSRCを回避して高音質で聴く方法

Amazon Music HDは、標準的なストリーミングサービスが提供している『10倍以上』とされるビットレートに対応。最大『24bit(ビット深度)/192kHz(サンプリングレート)』の超高解像度でスタジオレコーディングの精細な音のディテールを余すことなく再現。

スタジオレコーディング

このサービスがAmazonプライム会員ならたったの『月額880円(税込)』で利用出来るのだから信じられません。もっとお金をかけなければ聴く事が出来なかったハイレゾ音質が、より身近なものとなりました。

ハイレゾ

日本オーディオ協会より

ただし殆どのスマートフォンでAmazon Music HDを聴こうとすると、SRC(Sampling Rate Converter)が働き最大『24bit/48kHz』にダウンサンプリングされてしまいます。

ダウンサンプリング

音質を決める上で最も重要な『ビット深度』は、分割されたデータ1つ1つに割り当て可能な容量を示す数値。ビット深度が高くなると、その分1秒間に送受信可能なデータ量を示す『ビットレート』が上がります。情報量が増える事で音に抑揚が増し、心を動かすクオリティに。

生音

サンプリングレート』はアナログデータを1秒間にどれだけ細分化してデジタルに変換しているか。パソコンやスマートフォンでおなじみのフレームレートに例えてみましょう。

フレームレート

30fps』の場合は1秒間に30枚の画像を使って動きを表現。それが『60fps』になると60枚に増えて動きがより滑らかに。つまりビッド深度とサンプリングレートが上がるほど『生音』に近づくという事です。

ピアノ

Androidに対応するDAP(デジタルオーディオプレーヤー)はSRCを回避出来る場合が多いようです。ただしお値段がそれなりなので手軽とは言えません。

今回は手軽にSRCを回避して、『24bit/48kHz』以上の解像度でAmazon Music HDを聴く方法を紹介したいと思います!

Amazon Music HDをOCNモバイルONEの節約モードで再生
OCNモバイルONEの節約モードでAmazon Music HDの『HD』『Ultra HD』音源を再生するとこうなる

続きを見る

Amazon Music HDの設定を最高音質に変更する

Ultra HD

黄色で『SD』『HD』『ULTRA HD』などと書かれている箇所をタップしてください。

設定

右上の●が縦に3つ並んだアイコンからストリーミング品質の設定をタップ。『利用可能な最高音質』を選びます。モバイルデータはデータ量が膨大になるので『標準』のままで良いかもしれません。

ストリーミング設定

続けて『ダウンロード品質の設定』も同じく『再生可能な最高音質』を選択。これでオンライン、オフライン環境のどちらも最高音質に。

ダウンロード設定

スマートフォンを利用してSRCを解除する方法

USB DACを使用する

スマートフォンの充電ポート部分に接続するタイプの『USB DAC』。廉価なものでもSRCを回避する事が可能。手持ちのUSB DAC(千円程度)を経由すると、サンプリングレートが『48kHz』から『96kHz』に上がります。

データをダウンロードしてから再生する

USB DACを使用するやり方は有線接続限定。Bluetoothで音楽を聴いている人にとっては有効ではありません。Amazon Music HDは1曲単位、もしくはプレイリストごとにデータをダウンロードする事が可能。

ダウンロードしてから再生すれば、高いサンプリングレートを維持。ダウンロードした曲を再生するには『ライブラリ』から『プレイリスト』『楽曲』『アーティスト』『アルバム』のいずれかを開き、『ダウンロード済み』を選択すれば一覧が表示されます。

Amazon Music HDでダウンロードした曲を表示する方法

Fireタブレットを利用してSRCを解除する方法

Fireタブレットの場合は最初からSRCが作動しません。『24bit/96kHz』の音源であればそのまま『24bit/96kHz』で出力されます。最廉価なFire 7でもその点は同じ。

Fire 7でAmazon Music HDを再生

Fire 7を最大限に活用する3通りの使い方
Amazon Fire 7を最大限に活用する『3通りの使い方』。多くを求めなければ最高のコスパを発揮する小型タブレット

続きを見る

イヤフォンジャックを備えるので有線で聴く事も出来ますが、格安ながら高音質Bluetoothコーデック『LDAC』をサポートしているのもFireタブレットの特徴。こういったちょっとしたところで差別化を図っているAmazon。売り方がうまいですね。

Fire 7にLDAC接続

時間有効活用アイテムFire HD 8
時間が足りない人はFire HD 8を買ってみよう。16:10比率だから実用的な分割表示が可能。時間有効活用タブレット

続きを見る

SRCを回避してBluetoothで聴くならLDACかSnapdragon Sound

Bluetoothの高音質コーデックと言えば『LDAC』。そしてQualcommの技術を集結させて誕生した『Snapdragon Sound』も『24bit/96kHz』に対応しています。

Snapdragon Sound

Qualcommより

一般的なBluetoothコーデックとなる『SBC』や『AAC』は『16bit/48kHz』なので、Amazon Music HDでSRCを回避して聴くには正直役不足。音質に拘るなら『LDAC』か『Snapdragon Sound』に対応するイヤフォンやヘッドフォンをセレクトしましょう(スマートフォン側が対応しているかは要確認)!

LDACに対応するスマートフォン・イヤフォン・ヘッドフォン一覧

イヤフォン
ヘッドフォン

Snapdragon Soundに対応するスマートフォン・イヤフォン・ヘッドフォン一覧

イヤフォン
ヘッドフォン

関連カテゴリー

AmazonBluetooth役立ち

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Amazon Music HD, Android, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Bluetoothスピーカー, Gadget NEWS, SIMフリー, イヤフォン, カテゴリー, スマートフォン, スマートフォン役立ち, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 役立ち
-, , , , , ,