Pixel 6aはギアチェンが絶妙!Zenfone 8とベンチマーク比較して分かった小型ハイエンドのベストな作り込み。

Google Pixel 6aとZenfone 8をベンチマーク比較したら小型ハイエンドのベストな作り込みが分かった

Googleが2022年7月28日(木)に発売を開始した『Google Pixel 6a』。Socに上位モデル『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』と同じ『Tensor』を採用しつつ、販売価格を『53,900円(税込)』というミッドレンジ帯に抑えています。

Tensor

Googleより

ディスプレイサイズは6.1インチに小型化。重量もPixel 6の『約207g』から29g軽量化して『約178g』。片手もちが余裕になりました。小型軽量化しつつ、4,410mAh(標準)の大容量電池を搭載しているのが同端末の特徴です。

小型のAndroidハイエンドと言えば、Snapdragon 888を搭載する5.9インチの『ASUS Zenfone 8』。今回は両モデルの実機を使い、処理能力やバランスを比較していきたいと思います。

まずはスマートフォンの性能をトータルで知る事が出来るド定番アプリ『AnTuTu Benchmark』の測定結果から。

Pixel 6aのトータル性能

Google Pixel 6aをAnTuTu Benchmarkで実測した結果

Zenfone 8のトータル性能

ASUS Zenfone 8をAnTuTu Benchmarkで実測した結果

トータルスコアはPixel 6aが『632,617』でZenfone 8が『751,843』。スコアが高いのは明らかにZenfone 8ですが、バッテリーが劣化しやすくなるとされる45度近くまで温度が上昇しているのは気になるところ。Pixel 6aは40度付近で止まっています。

スマートフォンはサイズが小さくなると物理的に放熱性が弱まるので、小型ハイエンドの場合は特に温度が上がりやすくなります。Pixel 6aに関してはTensorをフル稼働させると発熱を制御出来ないのではないかと考えていましたが、絶妙なバランスで抑えられていて一安心。

Pixel 6のトータル性能

Google Pixel 6をAnTuTu Benchmarkで実測した結果

Zenfone 8は『温度制限』『CPUパフォーマンス』『GPUパフォーマンス』『RAMパフォーマンス』を調整する機能を搭載しており、パフォーマンスの微調整をルート化無しで行えるのが強み。フルパワーで常時使い続けるのは危険です。

Zenfone 8 Customize
Zenfone 8はCPUやGPUを微調整出来るカスタマイズスマホ!。小型ハイエンドを使いこなしてモバイル環境スリム化

続きを見る

続けて『CPU』『GPU』『MEM』をそれぞれ異なるアプリで再検証。スマートフォンの脳として動作し、データの演算などを行う『CPU』の測定にはGeekbench 5を使用。

Google Pixel 6aのCPU性能

Google Pixel 6aをGeekbench 5で実測した結果

Zenfone 8のCPU性能

ASUS Zenfone 8をGeekbench 5で実測した結果

Single-CoreはPixel 6aが『1,049』でZenfone 8が『1,111』。Multi-CoreはPixel 6aが『2,838』でZenfone 8が『3,408』。一つの脳で処理する力に大きな差はありませんが、複数の脳を使った複合的な処理はZenfone 8の方が得意です。

Pixel 6aも一般的な使い方では十分な動作速度ですが、Zenfone 8はシステムモードを『高性能』にすると全てが爆速に。ただしその分電池の減りも早くなるので、界王拳を使ってるようなイメージ。短時間で一気に作業を終わらせたい時などには良いかも。

Zenfone 8 高性能モード

3Dゲームのパフォーマンスや動画の撮影・編集に影響を与える『GPU』の性能は『3DMark』で再チェック。耐久性を知る為に休み無く3回連続で計測しています。まずはPixel 6aから。

Google Pixel 6aのゲーム性能

Google Pixel 6aのゲーム性能

Google Pixel 6aを3DMarkで実測した結果(1回目)

Google Pixel 6aのゲーム性能

Google Pixel 6aのゲーム性能

Google Pixel 6aを3DMarkで実測した結果(2回目)

Google Pixel 6aのゲーム性能

Google Pixel 6aのゲーム性能

Google Pixel 6aを3DMarkで実測した結果(3回目)

1回目から3回目まで順に、Overall Scoreが『6,116』『5,487』『4,919』。平均的なフレームレートを示すAvarage Frame Rate(fps)は『36.60』『32.90』『29.50』。

3回目にして平均30fps程度を維持。温度上昇は32度から37度(+5度)と許容範囲。電池の減りも53%から51%(-2%)とかなり優秀。ゲームデバイスとしてバランスがとれていると言えるでしょう。小型なのに凄い。Zenfone 8はどうでしょうか。

Zenfone 8のゲーム性能

Zenfone 8のゲーム性能

Zenfone 8を3DMarkで実測した結果(1回目)

Zenfone 8のゲーム性能

Zenfone 8のゲーム性能

Zenfone 8を3DMarkで実測した結果(2回目)

Zenfone 8のゲーム性能

Zenfone 8のゲーム性能

ASUS Zenfone 8を3DMarkで実測した結果(3回目)

1回目から3回目まで順に、Overall Scoreが『5,757』『5,658』『5,557』。Avarage Frame Rate(fps)は『34.50』『33.90』『33.30』。スコア・平均フレームレート共に安定して高い数値。ただし電池の減りが『7%』、温度上昇『+8度』と負荷はややかかりすぎ。

Zenfone 8 片手持ち

最高性能が高いのは間違いないですが、ファンや充電環境が無い外出先ではパフォーマンスを落とした方が良いでしょう。暑い季節は特に。最後は『CPDT Benchmark』でストレージ、メモリの性能を比較。

Google Pixel 6aをCPDT Benchmarkで実測した結果

Zenfone 8のストレージ、メモリ性能

ASUS Zenfone 8をCPDT Benchmarkで実測した結果

ストレージのSequential write(連続したデータの書き込み速度)はPixel 6aが『204.78MB/s』でZenfone 8は『514.44MB/s』。Sequential read(連続したデータの読み込み速度)はPixel 6aが『889.11MB/s』でZenfone 8は『928.90MB/s』。

Random write(小さいデータを書き込む速度)はPixel 6aが『22.98MB/s』でZenfone 8は『49.40MB/s』。Random read(小さいデータを読み込む速度)はPixel 6aが『12.80MB/s』でZenfone 8は『34.24MB/s』。

ストレージ性能はZenfone 8の方が上。転送速度が速いとデータの移動にかかる時間が短縮されたり、読み書き回数が減るので省エネ効果も。後はより高解像度な動画撮影が可能になります。ちなみにZenfone 8は『8K』、Pixel 6aは『4K』の動画撮影に対応しています。

Zenfone 8は4K撮影に対応

ただしスマートフォンはパソコンと違って大容量データを頻繁に扱わず、『8Kで動画を撮影する機会など無い』という人も多いはず。両モデルはストレージをメモリとして仮想的に使う機能に非対応なので、思いの外影響は少ないかも。

Zenfone 8とPixel 6a

作業台となるメモリの速度はPixel 6aが『15.46GB/s』でZenfone 8が『9.11GB/s』とこちらは逆転現象。メモリ性能が高いとアプリの起動が高速化。たしかにPixel 6aではアイコンをタッチした瞬間にアプリが開きます。

Pixel 6a

最高性能で言えばZenfone 8が勝っています。ただし両モデルは『小型ハイエンド』。高性能と同じくらい『安定性』も重要です。Zenfone 8がマニュアル機能のついたオートマ車であるなら、Pixel 6aはオートマ限定車。燃費や発熱を考慮して無理なく走ります。どちらをとるか悩みますよねこれ。

UQモバイルはお昼も高速通信。動画が観られる低速とギアチェン可能。余ったデータは繰越
UQモバイルは混雑時もしっかり『高速』。動画を観られる実用的な『低速』と『ギアチェン』出来て余ったデータはくりこし可能

続きを見る

povo2.0とLINEMOなら月額千円でデュアルMNO環境構築可能!通信障害にも強い!
povo2.0とLINEMOなら月額『千円』程度でデュアルMNO環境を構築出来る!突発的な通信障害対策にもお勧め。

続きを見る

mineoはデータ無制限に10分かけ放題つけて1,540円
【神安】データ通信無制限に10分かけ放題つけて1,540円ってホント?楽天モバイル0円撤廃で見えたmineo真の実力。

続きを見る

Google Pixel 6aの主な仕様

Google Pixel 6a
SocGoogle Tensor

Titan M2™ セキュリティ コプロセッサ

容量
  • 6GB:128GB
電池4,410mAh(最大18W充電)
重量178g
画面
  • サイズ:6.1インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • HDR:対応
  • コントラスト比:1000,000:1
  • 素材:ゴリラガラス3
  • 常時表示:対応
カメラメインカメラ

  • 解像度:1,220万画素
  • F値:1.7
  • 視野:77度
  • ピクセル幅:1.4µm
  • イメージセンサーサイズ:1/2.55インチ
  • 超解像ズーム:7倍
  • オートフォーカス:デュアル ピクセル位相差検出式オートフォーカス
  • 手ブレ補正:光学式

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • 画角:水平114度
  • F値:2.2
  • ピクセル幅:1.25µm
  • レンズ補正:対応

フロントカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0
  • 視野:84度
  • ピクセル幅:1.12µm
防水防塵IP67
オーディオ
  • スピーカー:ステレオ
おサイフケータイ対応
SIM nano SIM+eSIM

Google Pixel 6aにお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 14 / 20 / 25 / 28 / 30 / 38 / 40 / 41 / 48 / 66 / 71 / 77 / 78
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド 1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

ASUS Zenfone 8の主な仕様

ASUS Zenfone 8
SocQualcomm Snapdragon 888 5G(5nm)

  • CPU:Kryo™680
    1コア Cortex-X1 @ 2.84GHz
    3コア Cortex-A78 @ 2.4GHz
    4コア Cortex-A55 @ 1.8GHz
  • GPU:Adreno 660
容量8GB/128GB、8GB/256GB、16GB/256GB

  • ストレージ:UFS3.1
  • メモリ:LPDDR5
電池4,000mAh(最大30W(25分で60%充電完了)
重量169g
画面
  • サイズ:5.9インチ
  • 種類: AMOLED
  • 解像度:1080×2400ピクセル
  • リフレッシュレート:最大120Hz
  • ピーク輝度:1100nits(HDR時)
  • HDR10+
  • DCI-PC:112%
  • RGB色域:151.9%
  • NTSC:107%
  • Delta-E <1
  • Corning® Gorilla® Glass Victus™
カメラリアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:6400万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 686
    F値:1.8
    画角:78.3度
    センサーサイズ:1 / 1.72
    焦点距離:26.6mm(35mm換算)
    画素サイズ:0.8µm(1.6µm【1600万画素】)
    オートフォーカス:OCL PDAF
    手ブレ補正:光学式
  • 超広角カメラ
    解像度:1200万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 363
    F値:2.2
    焦点距離:14.3mm(35mm換算)
    センサーサイズ:1 / 2.55
    画素サイズ:1.4µm
    マクロ撮影:4cm
    オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF

フロントカメラ

  • 解像度:1200万画素
    イメージセンサー:SONY IMX 663
    画素サイズ:1.22µm
    オートフォーカス:デュアルピクセルPDAF
防水防塵IP68
オーディオデュアルスピーカー(Dirac)、スマートアンプ搭載
SIMnano SIM×2スロット
おサイフケータイ対応
OSZenUI 8(Android 11)

Zenfone 8の対応周波数帯に関する情報

  • 5G NR:n1/n2/n3/n5/n7/n8/n12/n20/n28/n38/n77/n78
  • FDD-LTE:B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20/B26/B28
  • TD-LTE:B34/B38/B39/B40/B41/B42
    キャリアアグリゲーション :6CA(DL)/2CA(UL) 対応
  • W-CDMA:B1/B2/B3/B4/B5/B6/B8/B19
  • GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCN モバイル ONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

BIGLOBEモバイルUQモバイル

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

関連カテゴリー

GoogleASUS

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, google, Google Pixel 6a, SIMフリー, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , ,