2021年式Xiaomi 11T Proはもう一台欲しくなる安すぎハイエンド。速度、写真、画面、充電、電池、音全部良し

2022年8月14日

xiaomi 11t proのお買い得感が半端ない!画面、音、カメラ、デザイン、全部よくておサイフケータイ対応

スマートフォンは家電製品なので、モデルチェンジと共に様々なスペックアップを遂げています。『処理能力』『カメラの画質』『充電速度』『電池もち』『ディスプレイ品質』『スピーカーの音質』など、これらを向上させる事が各スマートフォンメーカーの命題に。

スマートフォン

スマートフォンは言ってしまえばパソコンを小型化させたもの。技術の応用により比較的早いスピードで性能アップが進みました。2021年には『大きな進化はここで止まるのでは』と感じさせるハイエンドスマートフォンが登場。それが『Xiaomi 11T Pro』です。

物価高で2021年発売モデルが超貴重となったスマートフォン。Xiaomi 11T Pro、11T Proは超安い

Xiaomi 11T Proはスマートフォンの性能を決めるSocに『Snapdragon 888』を採用。2022年式のハイエンドは主に『Snapdragon 8 gen 1』を搭載していますが、大きく進化したのは3Dゲームプレイに影響を与える『GPU』性能。データの演算などを行う『CPU』に関してはやや『高止まり』を感じさせる内容に。

Xiaomi 11T Proの性能

Xiaomi 11T ProをAnTuTu Benchmarkで実測

POCO F4 GTの性能

POCO F4 GTをAnTuTu Benchmarkで実測

3Dゲームプレイ時の最大パフォーマンスは確かに上がっていますが、それに伴うは熱の制御が難しく、ファンなどなくして長時間高いパフォーマンスを維持し続けるのは実質困難。

POCO F4 GTを扇風機にあてると無敵になる

Motorola moto 30 Proの様に高い処理能力を活かしてデスクトップ的な使い方が出来るスマートフォンは別として、スマートフォン単体として利用するのであれば、Snapdragon 888を搭載するXiaomi 11T Proで正直十分。

Motorola edge 30 Proは1台で2台分使える!パソコン要らずな時代がはじまる
Motorola edge 30 proのReady Forはスマホ1台完結時代を予感させる完成度。PC要らないじゃん

続きを見る

カメラ画質を上げるには、ソフトウェアの開発とイメージセンサーのサイズを大きくするのが必須。ソフトウェア開発に予算を割けて、イメージセンサーを出来るだけ安く大量に仕入れる事が出来るのは大手メーカーに限られます。Xiaomiは2022年第一四半期において、SamsungAppleに次いでスマートフォン世界シェア第3位

スマートフォン世界シェア

Counterpointより

Xiaomi 11T Proはイメージセンサーに『1/1.52インチ』大型サイズの『Samsung ISOCELL HM2』を採用。

Xiaomi Mix Fold』『Honor 60 Pro』『Motorola Moto Edge S30』などが同じセンサーを使用。Xiaomi 11T Proのカメライメージは、10bitディスプレイに相応しい階調豊かな表現が多く、8bit対応のディスプレイだと持て余す印象。

桜

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/1667、ISO:50、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

白い花

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/303、ISO:50、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

白と紫の紫陽花1

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.75、シ ャッタースピード:1/217、ISO:50、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

オレンジの花

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/100、ISO:80、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

白い花1

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.75、シ ャッタースピード:1/156、ISO:50、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

青紫の紫陽花1

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(通常モード)】F値:1.75、シ ャッタースピード:1/164、ISO:50、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

Xiaomi 11T Proのカメラで撮影した画像1

【Xiaomi 11T Proのカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/500、ISO:50、焦点距離:5.96mm

Xiaomi 11T Proのカメラ

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/50、ISO:462、焦点距離:5.96mm 拡大率:等倍

酢の物

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/50、ISO:710、焦点距離:5.96mm

雪景色1

【Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(HEIFを変換)】F値:1.75、シャッタースピード:1/100、ISO:872、焦点距離:5.96mm

画質に優れるだけでなく、HEIF(.HEIC)書き出しに対応しているのもXiaomi 11T Proの特徴。HEIFは圧縮率が高くJPEG比でデータ容量が約半分。それでいて高画質を維持するという写真好きにはたまらないファイル形式。iPhoneはHEIFを採用していますが、Androidでは希少です。

HEIF設定

HEIF画像を大画面で楽しむならXiaomi Pad 5
Xiaomi Pad 5ならXiaomi 11T、11T Proで撮影したHEIF画像を大画面で最っ高に楽しめる!

続きを見る

夜景モードはHEIF書き出し非対応。低ノイズかつディテールもしっかり。ミッドレンジから一線を画したハイエンドクオリティを堪能出来ます。

夜景2

Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(夜景モード)

夜景撮影4

Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(夜景モード)

夜景8

Xiaomi 11T Proのメインカメラで撮影(夜景モード)

数年前までは最大『15W』程度が『急速充電』と呼ばれていたのに、Xiaomi 11T Proでは最大『120W充電』を実現。5,000mAhの大容量電池をフル充電するのにかかる時間はたったの『17分』。充電=面倒くさいというのは完全に過去のものとなりました(充電器とUSBケーブル同梱)。

120W充電

ただ速く充電するだけでなく、安全と耐久面にも徹底配慮。充電タブを増やすことで内部の抵抗を減らし、電池にグラフェン素材を使用することで電気伝導効率を向上させています。LiquidCool テクノロジーにより発熱もしっかり制御。充電中は34もの安全機能が監視を行います。

MTW技術

Xiaomiより

電池もちが良い』というのは通常1度フル充電してから電池が無くなるまでのことを示しますが、Xiaomi 11T Proが採用している電池は最大容量が『80%』に減るまでのサイクル回数が『約800回』。通常のリチウムイオンはこの回数が500回程度なので、Xiaomi 11T Proは『長い目でみても電池もちの良いスマートフォン』という事に。

グラフェン電池

最近では廉価モデルも『有機EL』を採用するようになりましたが、『10bit(10億色以上の表示)』対応は上位モデルのみ。Xiaomi 11T Proのディスプレイは豊かな色表現と5,000,000:1の高いコントラスト比により、HDR 10+DOLBY VISIONといった最新動画技術をサポート。質感豊かなワンランク上の描写を魅せてくれます。

Xiaomi 11T Proのディスプレイ

HDR

ディプレイが1秒間に画面を書き換え可能な回数を示す『リフレッシュレート』は最大『120Hz』。1秒間にタッチに反応する回数を示す『タッチサンプリングレート』も最大『480Hz』とゲーミングスマートフォン並。処理速度の高いXiaomi 11T Proは画面に触れた瞬間素早く滑らかに動作。一度これに慣れてしまうと廉価モデルには戻れません。

スピーカーはJBLやAKGといった有名音響ブランドを展開するハーマンインターナショナルの『Harman Cardon』が監修。出力を強めにして迫力で差をつけるメーカーが多い中、Xiaomi 11T Proは精細な音色で勝負。通常のステレオスピーカー搭載端末と比較すると、ドラムンベースの音ひとつとっても明確に異なります。

Xiaomi 11T Proのharman kardon監修スピーカー2022年は原料費、人件費、輸送費など様々な物価が大暴騰。さらに日本は円安なので輸入品の価格が全て跳ね上がりました。AppleのiPhoneをはじめ、Androidスマートフォンも最新モデルに関しては値上がりが顕著。

端末名旧価格新価格
iPhone 1161,800円(128GB)~72,800円(128GB)~
iPhone 12 mini69,800円(64GB)~87,800円(64GB)~
iPhone 1286,800円(64GB)~102,800円(64GB)~
iPhone SE(3rd)57,800円(64GB)~62,800円(64GB)~
iPhone 13 mini86,800円(128GB)~99,800円(128GB)~
iPhone 1398,800円(128GB)~117,800円(128GB)~
iPhone 13 Pro122,800円(128GB)~144,800円(128GB)~
iPhone 13 Pro Max134,800円(128GB)~159,800円(128GB)~
Xiaomiが遂に値上げ!
もう限界!ついにXiaomiが既存製品の値上げ発表。ただしスマホは値上げ無し!新価格は8月1日から。それまでに急げぇ!

続きを見る

ただしAndroidはiPhoneと違って古いモデルの併売を基本的に行いません。つまり2021年モデルは売り切り。モデルチェンジの為に値上げ出来ないので、コストパフォーマンスを追求するなら2021年時点で超お買得だったハイエンドXiaomi 11T ProFeliCa対応おサイフケータイまで使えます。いつ在庫切れになっても違和感なし!

Xiaomi 11T Proはこんなスマートフォン

Xiaomi 11T Pro

Xiaomiより

  • 最大出力120WXiaomiハイパーチャージに対応(充電器は同梱)。わずか17分で5,000mAhの大容量電池を安全に素早くフル充電完了
  • スマートフォン用のバッテリーは通常約500回の充電サイクルを終えると80%に最大容量が低下。Xiaomi 11T Proが搭載しているバッテリーは約800回の充電サイクルまで80%の最大容量を維持
  • 1億800万画素の超高解像度撮影やワンクリックAIシネマに対応するトリプルカメラ
  • JPEGの約半分の容量で同等の高画質を維持し、10bit(10億色)での保存にも可能にするHEIF(High Efficiency Image File Format)フォーマット対応
  • 10億色以上の表示が可能な6.67インチの大型有機ELディスプレイ
  • 圧倒的なダイナミックレンジの広さで臨場感たっぷりな描写を可能とするDolby Vision対応
  • 最大リフレッシュレート120Hz、最大タッチサンプリングレート480Hzは高性能なゲーミングスマートフォンと同等
  • 表示するコンテンツ内容に合わせてリフレッシュレートを自動調整するAdaptiveSync対応。消費電力を効率化
  • Gorilla Glass 6より耐擦傷性を2倍強化し、固く粗い表面への耐落下性も最大2mまで向上したCorning®️ Gorilla®️ Glass Victus™をディスプレイガラスに採用
  • ディスプレイ評価で最も有名な第三者機関DisplayMateにおいてA+の最高評価を受ける
  • Android用のSocとして最高クラスの性能を持つQualcomm®️ Snapdragon™️ 888搭載
  • 冷却システムLiquidCool テクノロジーにより安定して高いパフォーマンスを維持
  • FeliCa対応おサイフケータイGoogle Payが使える
  • 高い音響技術を持つHarman Kardonの監修を受けたDolby Atmos対応スピーカー搭載
  • MEMCテクノロジーにより低いフレームレートの動画を滑らかに表示
  • 3世代に渡るAndroid OSのアップデート及び4年間のセキュリティアップデートを保証
  • 2年間の長期無料保証サービスに対応
  • メモリ容量8GB、ストレージ容量128GBの大容量モデル
  • メモリ増設機能搭載。ストレージの一部をメモリとして利用することで容量を+3GB増設
  • 顔認証、指紋認証両対応でマスク着用時もロックを素早く解除
  • 高速通信5Gネットワーク&Wi-Fi 6対応

Xiaomi 11T Proの主な仕様

Xiaomi 11T Pro
SocSnapdragon 888(5nm)
容量8GB/128GB、8GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5
  • ストレージ:UFS3.1
電池5,000mAh(最大120W急速充電)
重量204g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:480Hz
  • 輝度:800ニト(HBM)、1,000ニト(ピーク)
  • コントラスト比:5000,000:1
  • 10億色表示:対応
  • Dolby Vision:対応
  • MEMC:24fps to 48fps, 25fps to 50fps, 30fps to 60fps
  • HDR10+:対応
  • DisplayMate評価:A+
  • 素材:Corning®️ Gorilla®️ Glass Victus™
カメラメインカメラ

  • 解像度:1億800万画素(動画は8K/30fps)
  • F値:1.75
  • 画素サイズ:2.1μm(9-in-1 Super Pixel)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス(3cm~7cm)

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.45
FeliCa対応
センサー近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ|、電子コンパス、リニアモーター、IRブラスター、バロメーター、色温度センサー
オーディオデュアルスピーカー(Harman Kardon監修、Dolby Atmos対応)
SIMnano SIM×2スロット
OSMIUI 13、android 12

Xiaomi 11T Proにお勧めなSIM

  • 5G:NSA + SA をサポート
  • 5G:n1/n3/n5/n7/n8/n20/n28/n38/n40/n41/n66/n77/n78
  • 4G:LTE FDD:B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28/32/66
  • 4G:LTE TDD:B38/40/41/42
  • 3G:WCDMA:B1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM:850 900 1800 1900 MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

OCNモバイルONEIIJmioahamomineo

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

ワイモバイルLINEMOmineo

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

UQモバイルmineo

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイル

Xiaomiに関連する記事

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi 11T Pro, カテゴリー, スマホ実機レビュー, スマートフォン, ファブレット, 総合レビュー
-, , , , , , , , , ,