2021年式Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは今の所値上げなし。お買い得すぎるだろぅ

2022年8月25日

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proが値上げしてないのは明らかにお買い得すぎる

Bluetoothで高解像度音源を聴くには、デバイスが『LDAC』か『Snapdragon Sound』に対応している必要があります。Snapdragon SoundQualcommの技術を連携させたもので、今のところ対応機種が一部に限定。

Motorola edge 20が2022年型最新スマホを駆逐する!
Snapdragon Soundに対応するMotorola edge 20
TE-BD21j-ltd画像8
Snapdragon Soundに対応するAVIOT TE-BD21j-ltd
Snapdragon Soud初体験!Bluetoothの新世界へ
【レビュー】AVIOT TE-BD21j-ltdでSnapdragon Sound初体験!Bluetoothの新世界!

続きを見る

SONYが開発したコーデックLDACは、直近で発売されているスマートフォンであれば大部分が対応。イヤフォンやヘッドフォンは音質分やや高額となりますが、トータルコストはSnapdragon Soundより大きく抑えられます。

moto g31 メディアプレーヤーとしての使い勝手
【使ってみた】モトローラのSIMフリー有機ELスマホ『moto g31』。動画視聴時の電池もちやLDAC対応かチェック

続きを見る

徹底的なコストダウンを目指すのであれば、AmazonFireタブレットがお勧め。6千円台の最廉価モデル『Fire 7』もLDACに対応しています。Fire 7Amazon Music HDを聴くというのが個人的には最強のコスパ。

Amazon Music HD
Fire 7を最大限に活用する3通りの使い方
Amazon Fire 7を最大限に活用する『3通りの使い方』。多くを求めなければ最高のコスパを発揮する小型タブレット

続きを見る

AnkerのTWS『Soundcore Liberty Air 2 Pro』は、2021年1月発売時点ではLDACに非対応。しかし『ファームウェア5.63』へのアップデートによりLDACをサポート。

Soundcore Liberty Air 2 Proの販売価格は『12,980円(税込)』。各メーカーが既存品の大幅値上げを発表する中、2022年8月現在で発売当初の価格を維持。

Soundcore Liberty Air 2 ProがLDACに対応

Snapdragon Soundに対応する『AVIOT TE-BD21j-ltd(19,800円)』は、1万円以下のBluetoothイヤフォンと比較すれば確かに高音質でした。しかしSoundcore Liberty Air 2 Proは遜色なし。どちらも臨場感と音の広がりをしっかりと感じられるハイクオリティな仕上がり。

Soundcore Liberty Air 2 ProとAVIOT TE-BD21j-ltd
Soundcore Liberty Air 2 Pro

それでいてSoundcore Liberty Air 2 Proは『ワイヤレス充電』と『ANC(アクティブノイズキャンセル)』にまで対応。ANCの品質はデバイスによって大きく異なりますが、Soundcore Liberty Air 2 Proは高品質な部類(レベル調整可)。電車のガタンゴトンという音を新幹線レベルに抑えられます。外音取り込みにも対応しているので安全面も心配なし。

ノイズキャンセル調整
【感動】電車に乗って分かったAnker Soundcore Liberty Air 2 Proが持つノイキャン性能の凄さ

続きを見る

また、Soundcore Liberty Air 2 Proにはイヤーチップが『9種類』同梱。『イヤーチップ装着テスト』により、どのイヤーチップが耳にフィットしているかを確認出来ます。右と左でサイズを変えた方が良いのは、同機能を使用するまで知りませんでした。

Soundcore Liberty Air 2 Pro
Soundcore Liberty Air 2 Pro
Anker Soundcore Liberty Air 2 Proにイヤーチップ装着テストが追加!これでもう迷わない!

続きを見る

HearID2.0』では左右別々に耳のテストを行い、最適化された独自のカスタムプリセットを作る事が可能です。サイズだけでなく、聞こえ方も右と左で微妙に違うので、HearID2.0は購入後に必ず設定しましょう。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

私はAnkerを『充電器メーカー』と認識していましたが、Soundcore Liberty Air 2 Proからは『本気で良い音を聞かせたいのだな』という強い思いが伝わってきました。『充電・オーディオ機器メーカー』だったのですね。LDACに対応するスマートフォンを使っている人には激推しな一台です!

Soundcore Liberty Air 2 Proレビュー

製品仕様Soundcore Liberty Air 2 Pro
再生可能時間・通常モード:最大7時間 (イヤホン本体のみ) / 最大26時間 (充電ケース使用時)
・ノイズキャンセリングモード:最大6時間 (イヤホン本体のみ) / 最大21時間 (充電ケース使用時)
・外音取り込みモード:最大6.5時間 (イヤホン本体のみ) / 最大23時間 (充電ケース使用時)
充電端子USB Type-C
充電時間約1時間 (イヤホン) / 約1.5時間 (充電ケース *USBケーブル使用時) / 約2.5時間 (充電ケース *ワイヤレス充電器使用時)
重さ約62g (充電ケース含む)
防水規格IPX4
通信方式Bluetooth 5
BluetoothプロファイルA2DP, AVRCP, HFP, HSP
対応コーデックSBC / AAC / LDAC

この記事に関連するカテゴリー

BluetoothイヤフォンAnker

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-ANKER, Bluetooth, Bluetoothイヤフォン, Gadget NEWS, Soundcore Liberty Air 2 Pro, TWS, イヤフォン, カテゴリー
-, , , , , , ,