OPPO Pad AirはXiaomi Pad 5みたいに10bit対応で、iPadより薄型軽量な3万円台のタブレット

2022年9月26日

10億色表示可能な超薄型軽量タブレットOPPO Pad Airが3万円台で登場!

OPPOより

大手グローバルメーカーOPPO(オッポ)が、薄型軽量タブレット『OPPO Pad Air(オッポパッドエアー)』を日本市場に向けて投入しました。2022年9月26日(月)から予約を受け付け、発売開始は9月30日(金)。詳細は以下の通り。

OPPO Pad Air

OPPOより

OPPO Pad Airの価格について

OPPO Pad Airの販売価格は4GB/64GBモデルが『37,800円(税込)』です。競合メーカーXiaomiの『Xiaomi Pad 5』は6GB/128GBモデルが『59,800円(税込)』。AppleiPad64GBモデルが『49,800円(税込)』。3モデルの中ではOPPO Pad Airが最廉価となります。

OPPO Pad Airのディスプレイについて

OPPO Pad Airディスプレイ

OPPOより

OPPO Pad Airのディスプレイ解像度は2K(2,000×1,200ピクセル)。一般的なフルHD(1,920×1080ピクセル)より表示が高精細。サイズは10.3インチ。Xiaomi Pad 5は『11インチ』、iPadは『10.2インチ』です。iPadとはアスペクト比が異なります。

iPad

Appleより

色彩深度は『10bit(10億色以上)』に対応。同社のハイエンドFind X3 ProXiaomi 11T ProXiaomi 11Tのカメラは10bitで保存可能な『HEIF(.HEIC)』形式に対応。OPPO Pad AirはHEIFやRAWで保存した画像のビューワとしても活躍してくれそう。

10億色に対応するお勧めスマートフォン8選
10億色対応の『カメラ』『画面』を搭載するXiaomi、Motorola、Nothingのお勧めスマートフォン8選。

続きを見る

現在サポートに確認中ですが『Dolby Vision』『HDR 10+』といった10bit動画コンテンツを再生出来る可能性も。仮に対応していれば、HDR 10+、Dolby Visionで動画が撮れるXiaomi 11T ProMotorola edge 30 ProiPhoneとの親和性がとても高くなりますね。

Xiaomi 11T ProのHDR10+で動画撮ったらNHKのEテレみたいない仕上がりに
10bitを堪能出来る極上スマホXiaomi 11T Pro!HDR 10+で動画を撮ったらEテレみたいな仕上がりに。

続きを見る

OPPO Pad Airのサイズ・重量について

OPPO Pad Airのサイズは縦『約245.1mm』、横『約154.8mm』、厚さ『約6.9mm』です。Xiaomi Pad 5は縦『約254.69mm』、横『約166.25mm』、厚さ『約6.85mm』。iPadは縦『約250.6mm』、横『約174.1mm』、厚さ『約7.5mm』。

OPPO Pad Air

OPPOより

重量はOPPO Pad Airが『約440g』。Xiaomi Pad 5は『約511g』、iPadは『約487g』。全体のサイズ・重量を踏まえれば、OPPO Pad Airが3モデルの中で『一番持ちやすいタブレット』という事になるでしょう。

OPPO Pad Airの処理能力(Antutu Benchmark)について

Snapdragon 680

OPPOより

タブレットの処理能力を決めるのは『Soc』です。OPPO Pad AirはSocに『Snapdragon 680』を採用。スマートフォンのエントリーモデル『Xiaomi Redmi Note 11』『Motorola moto g32』が同じSocを搭載しています。

Redmi Note 11は弱点を知るほど欲しくなる不思議なスマホ
Xiaomi Redmi Note 11は『弱点』を知ると益々欲しくなる不思議なスマホ。バランスと安さで選ぶならコレ。

続きを見る

処理能力がどの程度なのかと言えば、Redmi Note 11AnTuTu Benchmark(Ver.9)を参考にすると『243,862』。この数値はXiaomi Pad 5iPadを下回り、ゲームをプレイするには適しません。ただしAmazonのタブレット『Fire HD 10 Plus(同スコア101,603)』よりは遥かに高速。一般的な使い方であれば、ストレスを感じない程度に動きます。

OPPO Pad Airの電池もち・充電速度について

OPPO Pad Airの電池容量は『7,100mAh』です。タブレットの電池もちは電池容量とSocの電力効率に大きく左右されます。Snapdragon 680は『6nm』という微細なプロセスサイズで製造された低消費電力重視のSoc。処理能力は控えめですが、Redmi Note 11では安定した長時間駆動を実現しています。公式情報によると動画の連続再生時間は『約12時間』。

OPPO Pad Air電池

OPPOより

充電速度は『18W』。OPPO Pad Airは電池容量が大きいので『あっと言う間に充電完了』とはいかないかと。ただしFire HD 10 Plus(9W)よりは2倍程度速いです。

OPPO Pad Airのスピーカーについて

OPPO Pad Airは1W出力のフルレンジ(低音から高音までを1ユニットで出力)スピーカーを『4つ』搭載しています。一般的なステレオスピーカーは『2つ』なのでその物理的にその2倍。それらのスピーカーは『Dolby Atmos』をサポート。映画鑑賞時には臨場感溢れる立体的な音響を期待出来るでしょう。

OPPO Pad Air

OPPOより

OPPO Pad Airのメモリ・ストレージ容量について

OPPO Pad Airのメモリ容量は『4GB』、ストレージ容量は『64GB』です。メモリは『拡張RAM』機能に対応しており、ストレージ『3GB』をメモリとして仮想的に使用(合計7GB)する事が可能。ストレージにはUFS2.1の上位規格となる『UFS 2.2』を採用しています。

ストレージ

OPPOより

メディアプレーヤーとしてOPPO Pad Airを使用する場合はMicro SDカード(512GBまで)で容量を拡張すればOK。外出先で高解像度動画を観たり、ハイレゾ音源を思う存分楽しめます。

OPPO Pad AirのBluetooth環境について

Bluetoothのバージョンは『5.1』。対応コーデックは『SBC』『AAC』『aptX』『aptX HD』、そしてハイレゾ対応の『LDAC』。映画を観る時は『aptX HD』、音楽を聴く時は『LDAC』など使い分けが可能です。

OPPO Pad Airに対応するケースについて

純正のスマートカバーが『2,680円(税込)』で用意されています。2022年9月26日(月)~10月31日(月)までにOPPO Pad Airを購入した人には同スマートカバーをプレゼント(無くなり次第終了)。Amazonでもサードパーティが千円程度からケースの販売を開始しています。

OPPO Pad Air専用ケース

OPPOより

OPPO Pad Airを購入出来る店舗について

OPPO Pad Airのスペック

OPPO Pad Air
SocSnapdragon 680(6nm)
容量4GB/64GB

  • メモリ:LPDDR4x @ 2133MHz 2 × 16bit
  • ストレージ:UFS2.2
電池7,100mAh(最大18W急速充電)※充電機同梱なし
重量約440g
画面
  • サイズ:10.3インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2K(2,000×1,200ピクセル)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • タッチサンプリングレート:120Hz
  • 通常輝度:360ニト
カメラメインカメラ

  • 解像度:800万画素
  • F値:2.0

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.2
Bluetooth5.1
センサー地磁気センサー、光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
顔認証対応
Micro SDカード対応(512GBまで)
OSColorOS 12 based on Android™ 12

この記事に関連するカテゴリー

OPPO

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO, OPPO Pad Air, SIMフリー, カテゴリー, ファブレット
-, , , , , ,