シャオミが10月4日に2億画素カメラ搭載のXiaomi 12Tシリーズをリリース!センサー、画素サイズ拡大で画質向上か

2022年9月29日

Xiaomiが10月4日に2億画素対応のXiaomi 12Tシリーズをリリース!

Xiaomi公式Twitterより

大手グローバルスマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)は、公式Twitterアカウントにおいて『2億画素』に対応するイメージセンサーの採用をアナウンスしました。

2億画素

Xiaomi公式Twitterより

同センサーを初搭載するのは、2022年10月4日(日本時間午後9時)から開催される同社イベント内でリリースされる『Xiaomi 12T』シリーズ。日本でも発売されているXiaomi 11Tシリーズの後継機です。

物価高で2021年発売モデルが超貴重となったスマートフォン。Xiaomi 11T Pro、11T Proは超安い

Xiaomi 11T Pro

2億画素に対応するイメージセンサーはSamsungの『ISOCELL HP1』『ISOCELL HP3』の2種類。信用度の高いSAMMOBILEによると、この内ISOCELL HP3がXiaomi 12Tシリーズに採用される見込みです。

ISOCELL HP3

Samsungより

現行モデルとなるXiaomi 11TXiaomi 11T ProはイメージセンサーにSamsungの『ISOCELL HM2』を搭載。ISOCELL HP3とは主にどういった違いがあるのか、早速比較してみましょう。

ISOCELL HM2ISOCELL HP3
解像度1億800万画素2億画素
画素サイズ 1億800万画素:0.7μm
1,200万画素:2.1μm
2億画素:0.56μm
5,000万画素:1.12μm
1,250万画素:2.24μm
センサーサイズ1/1.52インチ1/1.4インチ
カラーフィルターRGBベイヤーパターンRGBベイヤーパターン
一般フレームレート1億800万画素:最大10fps
1,200万画素:最大90fps
1,200万画素(3D HDR):最大30fps
2億画素:最大7.5fps
5,000万画素:最大27fps
1,250万画素:最大120fps
ビデオフレームレート8K:最大24fps
4K:最大120fps
FHD:最大240fps
HD:最大360fps
8K:最大30fps
4K:最大120fps
FHD:最大480fps
出力フォーマットRAW8、RAW10RAW10、RAW12、RAW14

まずお伝えしておきたいのが、画質を決めるのは『解像度』ではなく『画素サイズ』と『センサーサイズ』です。これらが大きくなると光感度が上がり、ノイズの少ない明瞭な画質を得られます。高解像度化は画素、センサーサイズの拡大と同時に行わなければ意味が無いのです。

標準撮影時の画素サイズはISOCELL HM2が『2.1μm(1,200万画素)』でISOCELL HP3が『2.24μm(1,250万画素)』。センサーサイズはISOCELL HM2が『1/1.52インチ』でISOCELL HP3が『1/1.4インチ』。画素、センサーサイズがどちらも拡大した上で高解像度化しているので、これは順当なアップデート。より明るく鮮明な画質を期待出来るという事になります。

イメージセンサー

Samsungより

また、ISOCELL HM2では、選択出来る解像度が『1億800万画素』と『1,200万画素』の2通りだったのに対し、ISOCELL HP3では『2億画素』『5,000万画素』『1,250万画素』の3通りに。照度に合わせた柔軟な切り替えに対応。

解像度切替

Samsungより

RAW環境も大きく進化しています。ISOCELL HM2では10bit(RAW10)が最大。ISOCELL HP3では10bitを合成することで『14bit(4兆色以上)』と同等の画像を生成可能。よりダイナミックレンジの広い色に深みのある描写を実現。

14bit

Samsungより

2022年は製造コストが急騰しており、ミッドレンジに関しては前モデルのイメージセンサーがそのまま採用されていたり、メーカーによってはダウングレードも見受けられます。Xiaomi 12Tシリーズではハイエンドらしいアップグレードを体感出来そう。※ISOCELL HP1採用との情報もあり

Xiaomi 12T ProはISOCELL HP1と光学式手ブレ補正採用か
Xiaomi 12T Proには1/1.22インチのイメージセンサーISOCELL HP1と光学式手ブレ補正採用か。

続きを見る

Xiaomi 12TXiaomi 12T Proのデザインについては、信用度の高いEvan Blassがすでにリーク。Xiaomi 11Tシリーズと同様に、同じ筐体を使用する可能性が濃厚。Xiaomi 12Tは解像度が『108MP』になっているので、イメージセンサーはそのままかもしれませんね。

Xiaomi 12T Pro

Evan Blassより

Xiaomi 12T

Evan Blassより

一番の問題は、価格がどの程度になるかですね。2021年に発売されたXiaomi 11Tが『54,800円(税込)』、Xiaomi 11T Proも『69,800円(税込)』と安すぎる設定。最大の競合は前モデルかもしれません。

Xiaomi 11Tを一番安く買う方法
ミドルハイエンドなスマホXiaomi 11Tがいきなりセール価格に!カメラ・画面・音・処理能力全てが高性能で2万円台?

続きを見る

Xiaomi 11T Proを一番安く買う方法
全てが驚速なカメラスマホ!Xiaomi 11T Proが安く買えるのはココ!格安SIMならハイエンドが乗換えで3万円台

続きを見る

この記事に関連するカテゴリー

Xiaomi

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi 12T, Xiaomi 12T Pro, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , , ,