かなり良さげ。XiaomiがOPPO Pad AirのライバルRedmi Padをリリース!異なるポイントをチェック。

Redmi PadとOPPO Pad Airを比較

2022年10月4日、大手スマートフォンメーカーXiaomi(シャオミ)が、海外(ヨーローパ)市場に向けて最新タブレット『Redmi Pad』を投入しました。

Redmi Pad

Xiaomiより

日本市場では競合となるOPPOが『OPPO Pad Air』の発売を開始したばかり。早速両モデルのスペックを比較してみましょう。

OPPO Pad Air

OPPOより

Xiaomi Redmi PadとOPPO Pad Airの仕様

Xiaomi Redmi PadOPPO Pad Air
SocMediaTek Helio G99(6nm)Qualcomm Snapdragon 680(6nm)
容量
  • 3GB/64GB
  • 4GB/128GB
  • 6GB/128GB
  • 4GB:64GB
電池8,000mAh7,100mAh
充電18W最大18W
重量445g440g
画面
  • サイズ:10.61インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2,000 x 1,200ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • ピーク輝度:400nit
  • 表示色:10億色以上
  • サイズ:10.3インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2,000 x 1,200ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • ピーク輝度:360nit
  • 表示色:10億色以上
カメラリアカメラ

  • 解像度:800万画素

フロントカメラ

  • 解像度:800万画
リアカメラ

  • 解像度:800万

フロントカメラ

  • 解像度:500万画素
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
Bluetooth5.35.1
Wi-FiWi-Fi 5 2.4GHz/5GHzIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
オーディオクアッド(4つ)スピーカー(Dolby Atmos対応)クアッド(4つ)スピーカー(Dolby Atmos対応)
OSMIUI for PadColorOS 12
カラーグラファイトグレー、ムーンライトシルバー、ミントグリーンナイトグレー

タブレットの性能を決めるSocには、Redmi PadがMediaTekの『Helio G99』、OPPO Pad AirQualcommの『Snapdragon 680』を採用。どちらもプロセスサイズは『6nm』。

Helio G99

Xiaomiより

Helio G99Xiaomiの『POCO M5』が先行搭載しており、YouTubeチャンネルGameERの情報を参考にすると、AnTuTu Benchmarkスコアは『31,9724』。Snapdragon 680を搭載するスマートフォンRedmi Note 11は『241,256(実測)なので、Soc性能自体はRedmi Padの方が上という事になります。

ディスプレイはどちらも10bit(10億色以上の表示)に対応。目立った違いは『リフレッシュレート』と『輝度』。リフレッシュレートは1秒間に画面を書き換え可能な回数を示します。Redmi Padは『90Hz』なので、OPPO Pad Airより1秒間に30Hz分滑らかに表示可能。最大輝度も40nit明るいので、屋外での視認性が若干向上。

Redmi Padディスプレイ

Xiaomiより

リアカメラはどちらも800万画素。タブレットのカメラなのでオマケ程度と考えた方が良いでしょう。フロントカメラはRedmi Pad800万画素OPPO Pad Airが500万画素。画角はRedmi Padが『105度』と広め。被写体を自動追跡する『フォーカスフレーム』機能も備えます。ビデオ通話用のWEBカメラは100万画素~200万画素程度が主流。解像度的にはどちらの端末も十分です。

Redmi Pad フォカスフレーム

Xiaomiより

スピーカーはどちらもクアッド(4つ)仕様。立体音響効果『Dolby Atmos』にも対応しています。スマートフォンでは味わえない臨場感溢れる音響を楽しめるでしょう。

Redmi Pad スピーカー

Xiaomiより

電池容量はRedmi Pad8,000mAhOPPO Pad Air7,100mAh。充電速度は『18W』と変わりません。重量の差はわずか5g。ディスプレイはRedmi Padのほうが0.31インチ大きいので、電池容量も含めて考えると実質的な軽さはRedmi Padの方が上か。

Redmi Pad 軽い

Xiaomiより

個人的にもっとも気になったのがBluetoothのバージョンRedmi Padは『5.3』と最新規格に対応。OPPO Pad Airは『5.1』。Bluetoothは5.2から次世代音声規格『LE Audio』のサポート対象に。

LE Audioへの対応を期待出来るXiaomiとMotorolaのスマートフォン
LE Audio対応期待!Bluetooth 5.2、Android 13確定なXiaomi、Motorolaのスマホ

続きを見る

5.3では通信の効率化や低消費電力も行われているので、Redmi PadがアップデートでLE Audioに対応したら、ストリーミング音楽プレーヤーとして大活躍してくれるはず。

日本市場での販売価格はOPPO Pad Airの4GB/64GBが『37,800円(税込)』。Redmi Padの日本発売は今のところ未定ですが、3万円台で発売されたらかなり強力なライバルになるでしょう。Xiaomi Pad 5ほどの高性能は必要ないというライトユーザー向けに、是非出して欲しい!

購入可能な店舗

OPPO Pad Air

Redmi Pad

Aliexpress

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiOPPO

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, OPPO Pad Air, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Pad, カテゴリー, タブレット
-, , , ,