GPU性能でQualcommがもうすぐAppleを追い抜くかも?MediaTekも消費電力で確かな存在感。効率化時代へ

もうすぐQualcommがGPU性能でAppleを逆転か。MediaTekが猛追

著名な情報提供者であるGolden Reviewerが、自身のTwitterでSocに関する『GPUパフォーマンス』『消費電力』『効率性』に関する検証結果を投稿。その内容がかなり興味深いものとなっています。

3DMark

Twitterより

GFX Bench 3.1

Twitterより

GFX Bench AZtec

Twitterより

検証方法は『3DMark Wild Life Extreme』『GFXBench 3.1 1080p Offscreen』『GFX Bench Aztec Vulkan/Metal 1440p Offscreen』の3通り。

GFXBench 3.1

GFXBenchより

全ての検証でもっとも優れたスコアを獲得しているのが、iPhone 14 ProiPhone 14 Pro Maxが搭載している『Apple A16 Bionic』。高いフレームレートを維持しつつ消費電力を抑えるという、理想的な進化を遂げています。

A16 Bionic

Appleより

ただし『A14 Bionic』から『A15 Bionic』へのアップデートと比較すると、その勢いが急速に鈍化。頭打ち感は否めません。

QualcommSnapdragonは、Snapdragon 8 Gen 1からSnapdragon 8+ Gen 1へのアップデートで消費電力が大幅に改善。少し前までApple社に水をあけられていたフレームレートに関してもほぼ同等の数値に。Snapdragon 888からの比較で見ると、著しい進化が一目瞭然。Snapdragon 8 Gen 2ではついにAppleを捕らえるか。

Snapdragon 8+ Gen 1

Xiaomiより

先日グローバルリリースされたXiaomi 12T ProSnapdragon 8+ Gen 1を搭載。それでいて日本価格と比較して高めの設定となる欧州価格は749ユーロ(107,500円程度)。10万円以内で国内販売が待たれます。

Xiaomi 12T Proグローバルモデル登場
Xiaomi 12T Proグロ版が遂に登場!高解像度680億色ディスプレイ&大型センサー2億カメラ搭載!冷却性能強化

続きを見る

そして『消費電力』『効率性』では一部スコアでA16 Bionicすらを凌ぐのがMediaTekの『Dimensity 9000 Mali G710 MC10』。フレームレートではAppleQualcommに及ばずも、消費電力は驚きの低さ。

同社はすでにDimensity 9000の強化モデルとなる『Dimensity 9000+』をリリースしており、搭載モデルASUS ROG Phone 6DAnTuTu BenchmarkスコアはSnapdragon 8+ Gen 1を凌ぐ結果に。今後も3社の三つ巴から目が離せませんね!

Dimensity 9000+がAnTuTuランキング1位に
9月AnTuTu中国ランキングでDimensity 9000+がSnaperagon 8+ Gen 1をブチ抜き!

続きを見る

この記事に関連するカテゴリー

スマートフォン

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Apple, Gadget NEWS, MediaTek, Qualcomm, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , , , ,