新iPadが高いと思った人はXiaomiのRedmi Padを検討しよう!ゲームしないAndroidユーザーは断然コレ

2022年10月20日

一部広告リンクを使用しています。

ゲームしないAndroidユーザーにお勧めなのはiPadではなくRedmi Pad

2022年10月19日、Apple社iPadを『第10世代』にアップデートしました。ポートが従来のLightningから汎用的な『USB-C』へと変更され、指紋認証も画面下部から上部のトップボタンへ移動。見た目はiPad Airに近づきました。

iPad 第10世代

Appleより

ただし対応しているApple Pencil(第1世代)のコネクタが『Lightning』なので、充電する際には変換アダプタが必要に。6万8800円(税込)~と前世代から大幅に値上げされた価格もネック。

iPad 第10世代
去年3万円台でiPadを買った人は勝ち組か!?第10世代は7万円弱に。見た目が良くてUSB-CだけどAirの焼き直し感

続きを見る

SocにiPhone 12シリーズと同じ『A14 Bionic』を採用しているので、処理能力が高いのは間違いなし。3Dゲームもラクラクこなします。しかし3Dゲームや動画の編集をしない人にとっては間違いなく『高い買い物』に。

10月21日にXiaomiが3万円台~の低価格で日本投入した格安タブレット『Redmi Pad』とスペックを比較してみましょう。

Xiaomi Redmi PadとiPadの仕様

Xiaomi Redmi PadApple iPad(第10世代)Wi-Fiモデル
SocMediaTek Helio G99(6nm)Apple A14 Bionic(5nm)
容量
  • 3GB/64GB
  • 4GB/128GB
  • 6GB/128GB
  • 64GB
  • 256GB
電池8,000mAh7,730mAh(28.6Wh)
充電18W20W
重量445g477g
サイズ高さ:250.38mm
幅:157.98mm
厚さ:7.05mm
高さ:254.69mm
幅:166.25mm
厚さ:6.85mm
画面
  • サイズ:10.61インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2,000 x 1,200ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:90Hz
  • ピーク輝度:400nit
  • 表示色:10億色以上
  • サイズ:10.9インチ
  • タイプ:液晶
  • 解像度:2,360 x 1,640ピクセル
  • 最大リフレッシュレート:60Hz
  • ピーク輝度:500nit
  • 表示色:非公表
  • Dolby Vision:対応
  • HDR10:対応
カメラリアカメラ

  • 解像度:800万画素

フロントカメラ

  • 解像度:800万画
リアカメラ

  • 解像度:1,200万

フロントカメラ

  • 解像度:1,200万
コネクタUSB Type-CUSB Type-C
スマートペン非対応対応(Apple Pencil第1世代)
Bluetooth5.35.2
Wi-FiWi-Fi 5 2.4GHz/5GHzIEEE 802.11 a/b/g/n/ac/ax
オーディオクアッド(4つ)スピーカー(Dolby Atmos対応)ステレオスピーカー
OSMIUI for PadiPadOS 16
カラーグラファイトグレー、ムーンライトシルバー、ミントグリーンシルバー、ブルー、ピンク、イエロー

iPad(第10世代)よりXiaomi Redmi Padを選ぶべきポイント

  • 価格が安い(3GB/64GB:39,800円、4GB/128GB:44,800円)
  • 軽くて持ちやすい(重量-32g、幅-8.3mm)
  • 操作性が滑らか(リフレッシュレート+30Hz)
  • Dolby Atmos対応クアッドスピーカー(スピーカー+2つ)
  • Bluetoothのバージョンが最新(5.3)
  • Androidスマートフォンと連携しやすい(Androidベース)

3Dゲームで遊んだりApple Pencilを使用するならiPad

2022年は物価が暴騰しています。よって『とりあえず買う』というのは絶対に避けましょう。『何に使うのか』を購入する前にまずはっきりさせるべき。

SocにMediaTek Helio G99を採用するRedmi Padは、タブレットの性能をトータルで示すAnTuTu Benchmarkのスコアが『315176GrupoReviews参考)』。Xiaomi Redmi Note 10TOPPO A54 5GAQUOS sense6といったスマートフォンをやや上回る性能。

一般的な使い方であれば問題ありませんが、3Dゲームには不向きです。ゲーム目的であれば、GPU性能の高いiPadを選びましょう。

iPad 第10世代

Appleより

また、iPadApple Pencilに対応しています。を買いたり手書きメモを多用している人もやはりiPad。ただし第10世代が対応しているApple Pencil第1世代(Lightningコネクタ)であり、USB-Cポートに切り替わったiPad(第10世代)では直接充電が出来なくなりました。併売されている第9世代Lightning。5万円程度と手頃な価格で、Apple Pencilとの相性も良好です。

iPad 第10世代

動画鑑賞や写真のプレビュー、ネットサーフィンがメインならRedmi Pad

動画』を頻繁に観るならRedmi Pad。10.61インチの大型ディスプレイは10bit(10億色以上の表示)に対応し、タブレットではじめてグローバル認証企業のSGSから『低視覚疲労』の認証を受けています。

SGS

Xiaomiより

Redmi Padディスプレイ

Xiaomiより

スピーカーは『Dolby Atmos』の効果を得られるクアッド仕様。上位モデルとなるXiaomi Pad 5もクアッド(4つ)スピーカーですが、通常のステレオスピーカー(2つ)と比較して臨場感は雲泥の差。映画を観るにも外部スピーカー要らず。YouTubeの声もよりハッキリと聞こえます。

Redmi Pad 4スピーカー

Xiaomiより

電池容量が8,000mAhと大容量なので、一度のフル充電で最大『21時間』動画再生が可能。スマートフォンと併用すれば、かなり余裕のある使い方が出来るでしょう。

Redmi Pad 電池容量

Xiaomiより

大画面のメリットは『分割表示』をしてもしっかりと情報を認識できるところ。スマートフォンだと文字が読みづらくなり、実用的に使えません。動画を観ながらニュースサイトを閲覧するなど、時間を効率的に使いたい人には断然タブレットがお勧め。

Redmi Pad 分割画面

Xiaomiより

また、Redmi PadBluetoothのバージョンが2022年10月時点で最新となる『5.3』。同バージョンでは重複した通信が制御されより省エネに。レスポンスも速くなっています。そしてBluetooth5.2~、Android 13~は最新音声規格『LE Audio』のサポート対象となるので、アップデートでさらに性能アップする可能性も。

LE Audioへの対応を期待出来るXiaomiとMotorolaのスマートフォン
LE Audio対応期待!Bluetooth 5.2、Android 13確定なXiaomi、Motorolaのスマホ

続きを見る

タブレットは基本的にスマートフォンと組み合わせて使うもの。Redmi Padが採用するファームウェア『MIUI for Pad』はAndroidがベース(リリース時点でバージョンは12)なので、当然ながらAndroidスマートフォンとの連携がスムーズ。通勤中はスマートフォン、帰宅したらRedmi Padとシームレスな作業環境の移行が可能です。

この記事に関連するカテゴリー

XiaomiApple

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Apple, Gadget NEWS, iPad 第10世代, SIMフリー, Xiaomi Redmi Pad, カテゴリー, タブレット
-, , , ,