LINEMOのアンテナピクトが4Gから『5G』に変わったらとんでもない事が起きた!光回線超えの400Mbps記録。

2022年11月9日

LINEMOが5Gになって400Mbps

SoftBankが提供しているオンライン専用ブランド『LINEMO』。月額990円(税込)~という驚きの安さで、MNO品質のSoftBank回線を利用出来ます。

つい最近まで我が家において、LINEMOのアンテナピクトは『4G』か『4G+』でした。通信速度は20~70Mbps程度。お昼の時間帯に極端に速度が低下する事もなく、LINEアプリの『トーク』や『ビデオ電話』が通信カウントフリーとなるLINEギガフリーまで使える。料金の安さを鑑みれば現状で十分に満足のいく内容。

LINEMO通信速度

9月22日(木)午後12時23分にLINEMO(ミニプラン:SoftBank回線)の通信速度をFAST.comで実測(Motorola edge 30 Proを使用)

LINEMO速度

10月25日(火)LINEMO(ミニプラン:SoftBank回線)の通信速度をFAST.comで実測(Pixel 6aを使用)

LINEMO(ミニプラン:SoftBank回線)の通信速度をFAST.comで実測(Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5Gを使用)

そんなLINEMOですが、Pixel 6aにおいては『4G+』に切り替わる事がなく『4G』のまま。速度も他の端末と比較してやや遅めでした。単純にPixelと相性が悪いのだろうと思っていましたが、2022年11月9日にLINEMOのSIMを入れてみると通信環境が変化。

それまで『4G』だったアンテナピクトが『5G』に。しかし過度な期待は禁物です。5G専用の『Sub6』『ミリ波』対応エリアはピンクの色が濃い一部のみ。薄いピンクは『4G転用』の5Gエリアです。

UQモバイル(au回線)はかなり前から『5G』表示に変わっていますが、やはり『4G転用』エリアなので通信速度は4Gより少し速い程度。

UQモバイル午前高速

9月16日(金)午前8時31分にUQモバイル(くりこしプランM+5G:au回線)の通信速度をFAST.comで実測(Motorola edge 30 Proを使用)

LINEMOも同様だろうと高を括って実測した驚きの結果がコチラ。

Pixel 7のLINEMO通信速度

11月9日(水)LINEMO(ミニプラン:SoftBank回線)の通信速度をFAST.comで実測(Pixel 6aを使用)

これまで同じ場所で計測した通信速度の中で最速。なんと『340Mbps』を記録。Wi-FiはOFFのまま。光回線の速度ではありません。ちなみにWi-FiをONにして測ってみたら『190Mbps』でした。光回線の速度超えてる!

Pixel 7 Pro LINEMO通信速度

11月9日(水)LINEMO(ミニプラン:SoftBank回線)の通信速度をFAST.comで実測(Pixel 7 Proを使用)

せっかくなのでPixel 7 Proでも実測。Pixel 6aを更に上回る『400Mbps』!アンテナがフルに立っていないのにこの速度。

Pixel 6a お昼の通信速度

11月9日(水)LINEMO(ミニプラン:SoftBank回線)の通信速度をFAST.comで実測(Pixel 6aを使用)

バグかと思い、1日の内でもっとも通信が混雑するお昼(平日の水曜日)の時間帯に再計測。若干速度は落ちましたが、それでも『250Mbps』を維持。バグじゃ無かった。

Sub 6の場合は最大帯域幅が『100MHz』。4Gは『20MHz』なので、超高速通信を行うには役不足。ただしSoftBankは4Gを束ねて『100MHz』に帯域幅を広げる『キャリアアグリゲーション』技術を導入しています。

キャリアアグリゲーション

SoftBankより

4G+』はキャリアアグリゲーションで通信している状態を示すアンテナピクト。それでも100Mbpsを超えることは稀でした。しかし5Gに切り変わった事でなぜここまで劇的に速度が向上したのか。

5G利用者調査

MM総研より

8月25日にMM総研が公表した調査(2022年7月実施)結果によると、対象者31,923人の内5Gスマートフォンの利用者は『21.8%』。この内容を踏まえれば、未だ8割近い人が『4G』で通信を行っている事になります。つまり5Gの帯域が比較的『空いている』状態。

空いている道路

もっともUQモバイルは5Gでも100Mbps程度なので、『5G転用の進み具合』によって速度にはムラが出るはず。私が計測したエリアにおいては、SoftBankが急ピッチで転用を進めているのでしょう。

今後5Gに対応する端末の利用者が増えれば、速度は徐々に落ちていくかもしれません。しかしそれと同時にSub 6のエリアが広がれば問題なし。結果的には『5Gの導入は早い方が良い』という結論に至ります。4G転用5Gを侮ることなかれ。『400Mbps』なら文句無し!しかも格安プランのLINEMOですからね。

LINEMOについて

  • 音声対応SIM基本料金:990円(税込)~
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 通話料金:22円/30秒
  • 5分かけ放題:550円(税込)
  • 無制限かけ放題:1,650円(税込)
  • データ容量:3GB~
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • eSIM:対応
  • 通信回線:SoftBank
  • 公式サイト:LINEMO

関連カテゴリー

Google格安SIM

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, LINEMO, SIMフリー, SoftBank, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 格安SIM
-, , , , ,