【使って気に入った】ブラックフライデーで激推ししたい!Motorola、シャオミのスマホ&スマートウォッチ&バンド!

2022年11月22日

ブラックフライデーでお勧めしたい実際に使って気に入ったデバイス

年に1度の超大型セールイベント『ブラックフライデー』。大手ショッピングサイト『楽天市場』『Amazon』においては、下記のスケジュールで開催されます。

楽天市場ブラックフライデー
ブラックフライデー

楽天市場より

2022年11月22日(火)午後8時~2022年11月27日(日)午前1時59分まで

Amazonブラックフライデー

2022年11月25日(金)午前0時~2022年12月1日(木)午後11時59分まで

同セールでは割引率や還元ポイントが大幅にアップ。狙っているアイテムを買うにはまさに絶好のタイミング。今回は私が実際に使って『気に入った!』アイテムを紹介したいと思います。

ブラックフライデーでSIMフリースマホが超還元!AQUOS sense7も登場
【リミッター突破】楽天スーパーDEAL×ブラックフライデーでスマホの還元率が異次元に。AQUOS sense7も登場!

続きを見る

【使って気に入った!】ブラックフライデーで購入して欲しい激推しなSIMフリースマートフォン5選

楽天市場のブラックフライデーでXiaomi 11T Proが4万円台
【狂気】Xiaomi 11T Proが楽天ブラックフライデーで実質『4万円台』になってたから2台目をカートに入れてみた

続きを見る

これまで数え切れないほどのスマートフォンを購入してきましたが、最近はエントリーモデルでもブラウジング程度はストレスなく行えるようになりました。

それでも『ディスプレイ』と『カメラ』性能が高い端末は、使い心地がやはりワンランク上。これらが強めだと感じる『Motorola』『Xiaomi』のSIMフリースマートフォンを5つ紹介。

処理能力の高さを求める場合はAnTuTu Benchmarkを参考にしてください。

3Dゲームや動画撮影を殆ど行わず、サクサクした快適な動作を求める場合は『CPU』『UX』スコアの高い端末、ゲームや動画撮影を頻繁に行う場合は、『CPU』『GPU』スコアの高い端末を選びましょう。

Motorola edge 20

数少ない『薄く』『軽く』『速い』スマートフォンの一つとなる『Motorola edge 20』。2022年はコスト高により、同端末の様なこだわり抜かれたスマートフォンが殆ど登場しませんでした。

1億800万画素』のメインカメラに加え、望遠カメラ(光学3倍)まで備える無双ぶり。ディスプレイは10bit(10億色以上)表示に対応する6.7インチの大画面有機EL。極めてハイエンドに近いハイミッドレンジ。この端末で満足出来ない人はかなり少ないと思います。

格安SIMでMotorola edge 20が2万ちょっと

Motorola edge 20 性能

Motorola edge 20をAnTuTu Benchmark(Ver.9.4.4)で実測

  • Soc:Snapdragon 778G(6nm)
  • 画面:6.7インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート144Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(望遠カメラ光学3倍、光学式手ブレ補正)、1,600万画素(超広角・マクロ)
  • 重量:163g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • お勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

motorola edge 20
motorola edge 20がヤバい!電池もち発熱問題なし。ミドル最高クラスの処理能力。コレ皆が待ってたスマホだ!

続きを見る

軽くて速いスマートフォンの新たな選択肢 Mi 11 Lite 5G、Motorola edge 20
Xiaomi 11 Lite 5GとMotorola edge 20が作った『軽くて速い』という新たなスマホの選択肢。

続きを見る

Motorola edge 20 fusion

Motorola edge 20の弟分的な存在となるMotorola edge 20 fusion。ワンマーク下の価格帯ながら『1億800万画素カメラ』と『10bit有機ELディスプレイ』を備える充実スペック。

電池が『5,000mAh』と大容量かつSocの電力効率が高いので電池持ちは良好。『Micro SDカード』を使ってストレージ容量を拡張出来るのも大きなメリット。メディアプレーヤーとして使い続けたい一台。

Motorola edge 20 fusionは5つの満足を得られるスマホ

Motorola edge 20 fusion性能

Motorola edge 20 fusionをAnTuTu Benchmark(Ver.9.4.4)で実測

  • Soc:MediaTek Dimensity 800U(7nm)
  • 画面:6.7インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート90Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(マクロ)、200万画素(深度センサー)
  • 重量:185g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:対応
  • お勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

Motorola edge 20 fusionは5つの満足を得られるスマホ
Motorola edge 20 fusionはハイエンドとエントリーの良いトコ取りしたスマホ!5つの満足を得られる。

続きを見る

画面、電池持ち、カメラ全部良いスマホMotorola edge 20 fusion
【予想外】 Motorola edge 20 fusionは画面・カメラ・電池もち全部良かった!Micro SDもOK

続きを見る

Motorola edge 30 pro

SocにSnapdragon 8 Gen 1を搭載する2022年式ハイエンドモデル。メインカメラ(1/1.55インチのイメージセンサー搭載)は『光学式手ブレ補正』をサポート。レタッチ感の無い素直な色味が特徴です。

10bit対応の有機ELディスプレイは最大リフレッシュレート『144Hz』。一般的なハイエンドは『120Hz』程度。それを更に凌ぐクセになる滑らかさです。

Motorola edge 30 Proはデスクトップ機能『Ready for』がワイヤレス接続に対応。人によっては『パソコン要らず』な環境を築けます。それくらい素晴らしい処理能力と完成度、そして拡張機能を併せ持つコスパの高い端末。

Motorola edge 30 Proの性能

Motorola edge 30 ProをAnTuTu Benchmark(Ver.9.4.4)で実測

  • Soc:Snapdragon 8 gen 1(4nm)
  • 画面:6.7インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート144Hz、最大タッチサンプリングレート360Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:4,800mAh
  • カメラ:5,000万画素(メイン)、5,000万画素(超広角/マクロ)、200万画素(深度測定)
  • 重量:196g
  • おサイフケータイ:非対応
  • Micro SDカード:非対応
  • お勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

楽天市場で購入する

Motorola edge 30 Proは1台で2台分使える!パソコン要らずな時代がはじまる
Motorola edge 30 proのReady Forはスマホ1台完結時代を予感させる完成度。PC要らないじゃん

続きを見る

Snapdragon 8 gen 1の驚くべきGPU性能!Motorola edge 30 proのベンチマークスコア実測
8 gen 1ヤバし!Motorola edge30 ProのAntutu、3DMarkスコア実測。衝撃のGPU性能!

続きを見る

Motorola edge 30 ProとXiaomi 11T Proのカメラ画質を比較
Motorola edge 30 proのカメラ画質をXiaomi 11T Proと比較!自然かつ丁寧な画作りに好感!

続きを見る

Xiaomi 11T Pro

iPhoneと同様に、JPEG比でデータ量が半分程度となる『HEIF(.HEIC)』書き出しに対応するXiaomi 11T Pro。ストレージの圧迫を気にせず鮮やかで明瞭な写真を気の向くままに撮りまくれます。

さらに動画は『HDR 10+』をサポート。普段静止画ばかり撮影しているという私みたいな人には、是非HDR 10+で動画を撮って欲しい。静止画では表現しきれない世界がそこにはあります。充電速度は最大『120W』。他の端末を充電する時遅くてストレスに感じてしまうのが難点です。

高性能を詰め込んだXiaomi Japan初のハイエンドモデルXiaomi 11T Pro

Xiaomi 11T Pro 性能

Xiaomi 11T ProをAnTuTu Benchmark(Ver.9.4.4)で実測

  • Soc:Snapdragon 888(5nm)
  • 画面:6.67インチ(10bit、フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz)
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB、256GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、500万画素(テレマクロ)
  • 重量:204g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:非対応
  • お勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

xiaomi 11t proのお買い得感が半端ない!画面、音、カメラ、デザイン、全部よくておサイフケータイ対応
2021年式Xiaomi 11T Proはもう一台欲しくなる安すぎハイエンド。速度、写真、画面、充電、電池、音全部良し

続きを見る

2021年ベストコスパスマホ
2021年コスパ最強スマホは『Xiaomi 11T Pro』で確定だぁ!使うほど『超お得』を感じさせてくれる作り込み。

続きを見る

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G

動画撮影性能は今回お勧めしている他モデルより劣るXiaomi Redmi Note 11 Pro 5G。ただし大型イメージセンサーを採用しているので、静止画はそこらのミッドレンジを確実に上回ります。充電速度も『67W』と激速!

6.67インチの大型有機ELディスプレイは『120Hz』のリフレッシュレートと『360Hz』のタッチサンプリングレートに対応。『滑らか』でタッチした時の『感度が良い』という事です。もうすぐAndroid 12にアップデート。セールで買うには絶好のタイミング。

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G性能

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5GをAnTuTu Benchmark(Ver.9.4.4)で実測

  • Soc:Snapdragon 695 5G(6nm)
  • 画面:6.67インチ(フルHD+、有機EL、最大リフレッシュレート120Hz、最大タッチサンプリングレート360Hz)
  • メモリ:6GB
  • ストレージ:128GB
  • 電池容量:5,000mAh
  • カメラ:1億800万画素(メイン)、800万画素(超広角)、200万画素(マクロ)
  • 重量:202g
  • おサイフケータイ:対応
  • Micro SDカード:対応
  • お勧めなSIM:mineoahamoLINEMOUQモバイルワイモバイル

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G総合レビュー。進化したカメラスマホ。67W充電、おサイフケータイ、eSIMに対応
Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G 総合レビュー!デザイン・処理能力・充電速度・画面・カメラ画質等

続きを見る

Redmi Note 11 Pro 5Gカメラレビュー!Xiaomi 11T Proと同じイメージセンサーを採用するスマートフォン
Redmi Note 11 Pro 5Gカメラ実写レポ!Xiaomi 11T Proと同じイメージセンサー搭載スマホ!

続きを見る

Redmi Note 11 Pro 5Gの処理能力を実測
Redmi Note 11 Pro 5GをAnTuTu、Geekbench 5で実測!スナドラ695って実際どうなん?

続きを見る

【使って気に入った!】ブラックフライデーで購入して欲しい激推しなスマートウォッチ、スマートバンド

TicWatch Pro 3

TicWatch Pro 3

Wear OSに対応するスマートウォッチの弱点は『電池もち』。その電池もちを克服していると感じたのが『TicWatch Pro 3』。

通常の『有機EL』に『TN液晶』を重ねたハイテク『二重層ディスプレイ』を採用。TN液晶時は超低消費電力で駆動します。必要最低限の情報は表示出来るし、モニタリング自体はしっかり継続されます。

Wear OSなので、Google Mapsを表示させたり自分なりのカスタマイズが可能。今後Wear OS 3にアップデート予定である事も大きなポイント。大きめなフェイスデザインがG-SHOCK世代にバッチリハマるかと!

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

Xiaomi Smart Band 7 Pro

Xiaomi Smart Band 7 Pro

情報に対する視認性に優れ、機能が豊富なのは『スマートウォッチ』。寝る時に着けていて違和感が無く、電池持ちが良いのは『スマートバンド』です。そしてスマートウォッチとスマートバンドの良いとこどりをしたのが『Xiaomi Smart Band 7 Pro』。

スマートウォッチの様にGPSを搭載しているので、一緒にスマートフォンを持ち歩かなくても位置情報を記録してくれます。ディスプレイは1.64インチ。表示領域はXiaomi Smart Band 7より『約50%』拡大。文字情報がかなり見やすいです。

見た目は横幅をあと少し広げればスマートウォッチ。しかし装着感はスマートバンド』。ギリギリのところでバランスをとっているんだなと、使い始めて実感。

意外と便利だったのが音声アシスタント『Alexa』。スマートフォンを開かずとも、手元である程度の情報を知る事が出来ます。最新製品なのでセール対象になるか分かりませんが、値下がりしてたら買う価値アリ!

Amazonで購入する

楽天市場で購入する

関連するカテゴリー

XiaomiMotorola

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, MOTOROLA, Motorola edge 20, Motorola edge 20 fusion, Motorola edge 30 pro, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi Redmi Note 11 Pro 5G, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット, 数量期間限定セール情報
-, , , , , ,