AQUOS sense7のIGZO有機ELはHDRに『非対応』。でもアノ機能を『ON』にすればガッカリしなくてすむ理由

2022年12月6日

AQUOS sense7はHDRコンテンツ表示非対応

SHARPが11月25日(金)から発売を開始した『AQUOS senes7(SIMフリー版)』。『トータル性能』『CPUの処理能力』『アプリ起動速度』『電池持ち』『充電速度』に関して検証を行った結果は『順当に進化している』と言える内容のものでした。

AQUOS sense7とAQUOS sense6の性能を実機比較したら結構違ってた
【結構違う】AQUOS sense7と6のトータル性能、CPU処理能力、アプリ起動速度、電池持ち、充電速度を実機比較!

続きを見る

一点気がかりだったのは『ディスプレイ』。AQUOS senes7のディスプレイは、SHARPの独自技術を使った『IGZO有機EL』を採用しています。IGZO有機ELの採用は前モデルとなる『AQUOS sense6』から。液晶モデルと比較して発色が劇的に変わりました。

IGZOが有機ELになって神進化したAQUOS sense6。さらに22g軽量化!
AQUOS sense6の有機EL IGZOが神ってる!22gの軽量化も実現。女性に超モテるスマホの魅力が更にアップ!

続きを見る

なぜAQUOS sense7のIGZO有機ELが『気がかり』なのかと言えば、それは『HDRに非対応』だから(AQUOS sense6は対応)。HDRは『High Dynamic Range』の略称です。HDRに対応するコンテンツは、通常のSDRと比較して明暗差が広くなりリアリティが増します。

実際にAQUOS sense6AQUOS senes7にHDRコンテンツ(Real 4K HDR: TCL Four Basic Colors in HDR)を表示してその違いを検証。

HDR比較1

上:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、下:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF)

HDR比較2

上:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、下:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF)

HDR比較3

上:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、下:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF)

AQUOS sense6は明暗差のハッキリとしたまさに『HDR』といった表示。対してAQUOS senes7は全体的にどんよりしていて明暗差も感じづらい。この結果だけ見ると、ハイダイナミックレンジが好きな人は『AQUOS sense7を買うべきではない』と感じてしまうはず。

悩む

有機ELは液晶と比較して『コントラスト比が高い(AQUOS sense6、AQUOS sense7は1300万:1)』ので、HDRコンテンツを表示するのに適しています。それなのに何故、AQUOS senes7はHDRに非対応なのか。

AQUOS sense7とAQUOS sense6のカメラを撮り比べ
【写真撮り比べ】AQUOS sense7のカメラはsense6から何が変わったのか?昼から夜まで画質差をチェック!

続きを見る

悔しい

その理由と考えられるのが『バーチャルHDR』という拡張です。バーチャルHDRは『設定』→『ディスプレイ』→『バーチャルHDR』からONに出来ます(AQUOS sense6、AQUOS sense7どちらでも利用可能)。

バーチャルHDR設定

AQUOS senes7のバーチャルHDRをONにした状態で、再度AQUOS sense6とHDRコンテンツの表示を比較してみました。

HDR比較4

上:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、下:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:ON)

HDR比較5

上:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、下:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:ON)

HDR比較6

上:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、下:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:ON)

AQUOS sense7でマクロ撮影
マクロ撮影非対応のAQUOS sense7にマクロレンズ着けたら凄い写真が撮れた。プラス3千円で得られるもう一つの世界

続きを見る

先程の比較がまるで嘘の様に、両モデルの表示に大差が無くなりました。バーチャルHDRをONにした事で、AQUOS senes7の輝度が最大1,300nit(動画再生時)に切り替わり、明暗差も拡大。バーチャルでここまで遜色なく表示出来てしまうのならば、『HDR非対応でも問題ない』と言えるでしょう。

AQUOS sense7とAQUOS sense6のカメラを撮り比べ
【写真撮り比べ】AQUOS sense7のカメラはsense6から何が変わったのか?昼から夜まで画質差をチェック!

続きを見る

それどころか、同機能をONにしていれば『コンテンツ側のHDR対応・非対応』にとらわれる事なく『全ての動画をHDR調』で観られます。夜景や花火はHDR表示に最適。AQUOS sense6AQUOS senes7を購入したら是非お試しあれ!

下:AQUOS sense6(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:OFF、HDR動画:HDR標準)、上:AQUOS sense7(輝度:100%、画質基本設定:おススメ、バーチャルHDR:ON)YouTubeからLondon At Night,England参照(SDR)

AQUOS sense7とAQUOS sense6の性能を実機比較したら結構違ってた
【結構違う】AQUOS sense7と6のトータル性能、CPU処理能力、アプリ起動速度、電池持ち、充電速度を実機比較!

続きを見る

SHARP AQUOS sense6、AQUOS sense7の主な仕様

AQUOS sense6AQUOS sense7
SocSnapdragon 690 5G(8nm)Snapdragon 695 5G(6nm)
容量4GB/64GB、6GB/128GB6GB/128GB
電池4,570mAh(USB Power delivery Revision3.0)4,570mAh(USB Power delivery Revision3.0)
重量156g158g
画面サイズ:6.1インチ
種類:IGZO有機EL
表示色:10億色
解像度:1080×2432ピクセル
ピーク輝度:1,300nit
コントラスト比:1,300万:1
サイズ:6.1インチ
種類:IGZO有機EL
表示色:10億色
解像度:1080×2432ピクセル
ピーク輝度:1,300nit
コントラスト比:1,300万:1
カメラリアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:4,800万画素
    F値:1.8
    広角:79度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
  • 望遠カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:45度
    焦点距離:53mm相当(35mm換算)
    望遠:光学2倍
    手ブレ補正:電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:120度
    焦点距離:15mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式

フロントカメラ

  • サブカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
    広角:78度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
リアカメラ

  • メインカメラ
    解像度:5,030万画素
    F値:1.9
    焦点距離:23mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式
  • 超広角カメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.4
    広角:120度
    焦点距離:15mm相当(35mm換算)
    手ブレ補正:電子式

フロントカメラ

  • サブカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
    広角:78度
    焦点距離:26mm相当(35mm換算)
オーディオモノラル(シングルスピーカー)モノラル(シングルスピーカー)
イヤフォンジャック対応対応
Bluetooth5.15.1
おサイフケータイ対応対応
位置情報GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)GPS、GLONASS、BeiDou、Galileo、QZSS(みちびき)
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/acIEEE802.11a/b/g/n/ac
SIMnanoSIM/eSIM DSDV nanoSIM/eSIM DSDV
防塵防水IP68IP68
MIL規格MIL-STD-810H準拠MIL-STD-810H準拠
OSAndroid 12Android 12

SHARP AQUOS sense7のセール情報

AQUOS sense7を安く買えるのは?
AQUOS sense7を安く買えるお店は?格安SIMへの乗換なら3万円台!MILスペック準拠で長く使える高耐久スマホ

続きを見る

SHARP AQUOS sense7(SH-M24)を購入すべきポイント

AQUOS sense7

SHARPより

  • メインカメラのイメージセンサー1/1.55インチに拡大。光の取得量が増し光の少ない場所でも赤るく高画質に描写
  • AQUOS R7のカメラ高画質化技術を応用した画質エンジンProPix 4を採用。ノイズを抑えつつディテールを高精細に表現
  • 最上位モデルAQUOS R7と同じ技術を導入したナイトモード機能搭載。
  • 全画素を使用した像面位相差AF機能により、オートフォーカス速度がAQUOS sense6比較で約2倍に高速化
  • SHARPの独自技術を詰め込んだIGZO有機EL10bit(10億色以上の表示)に対応
  • アイドリングストップ(表示内容によりリフレッシュレートを1Hzまで低下させる可変駆動)機能によりディスプレイの書き換え頻度を制御し省エネを実現
  • ピーク輝度は1,300nit。直射日光下で視認性を向上させるアウトドアビューモード搭載
  • タッチパネルの感度調整最適化機能により、画面が水に濡れた状態でも快適に操作
  • 13,000,000:1の圧倒的なコントラスト比でメリハリのあるクッキリとした表示を実現
  • 標準モデルのメモリを4GBから6GBに、ストレージを64GBから128GBに増量
  • 4,570mAhの大容量電池と電力効率の高いSnapdragon 695 5Gの採用によりストリーミング動画再生最大約23時間の長時間駆動を実現
  • 電池の劣化を抑えるインテジェントチャージ機能により3年後も90%以上の最大電池量を維持
  • マスク着用時顔認証によるロック解除が可能に
  • 幅約70mm重量約158gの片手もちしやすいスリム&軽量設計
  • 指紋認証キーの長押しで電子決済アプリを起動するPayトリガー機能搭載
  • 付属のクイックスイッチアダプターを使用してAndroidスマートフォン、iPhoneからデータを一括コピー
  • 耐衝撃(落下)防水(侵漬)、高温動作、氷結(結露)など16項目のテストをクリアしてMIL規格(MIL-STD-810G、MIL-STD-810H)に準拠
  • 最高レベルの防水防塵性能(IPX5/IPX8/IP6X
  • FeliCa対応でおサイフケータイGoogle Payが使える
  • 高音質BluetoothコーデックLDAC、aptX™ Adaptive対応
  • nanoSIM/eSIM DSDV(Dual SIM運用)対応
  • Micro SDカードにより最大1TBの容量増設が可能
  • 発売日
  • から2年間OSバージョンアップデートに対応
  • 高速通信5Gネットワーク対応

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, AQUOS sense6, AQUOS sense7, Gadget NEWS, SHARP, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ファブレット
-, , , , ,