Pixel 7aでiPhoneみたいに『MagSafe』使いたいんじゃ!150円の磁石を貼り付けたらとんでもない事に。

2023年6月2日

一部広告リンクを使用しています。

Pixel 7aでも磁気充電は出来るのか

Androidスマートフォンユーザーが羨むiPhoneの『MagSafe』。Appleが開発した磁気ワイヤレス充電技術です。同技術に対応するモバイルバッテリーを背面に取り付ければ、充電しながらiPhoneを利用することも可能です。

私はiPhone 13を所有していますが、日常的に使っていないこともあり、これまで『MagSafe』に対応するアクセサリーを買ったことがありませんでした。しかしAmazonで『Magsafe対応』と書かれたPixel 7a用のケースを見つけてから、一気に興味が強まりました。

TORRAS Google Pixel 7a ケース

TORRASより

Pixel 7aはAシリーズではじめてワイヤレス充電に対応。デフォルトの状態だと当然MagSafeを使うことは出来ないので、ケース側で磁石の部分を追加しているのでしょう。

ケースメーカーは有名所の『TORRAS』。Pixel 7a用のMagSafe対応ケースは、ケース型モバイルバッテリーのカテゴリーでベストセラー1位(2023年6月2日時点)。評価も☆4.6と申し分なし。ただし価格は『3,980円(税込)』と、通常のケースよりはやや高めです。

Pixel 7aのカメラ画質はPixel 6aからどう進化したのか。
【実写】Pixel 7aとPixel 6aのメインカメラで写真画質を比較!イメージセンサーの大型化はどう作用しているか

続きを見る

購入するつもりでカートに入れたのですが、注文を確定する前にふと疑問が浮かんだのです。『マグネットだけ追加したらどうなるのか?』と。

調べてみたところ、『磁気増強 ユニバーサルリング ワイヤレス充電対応キット』というアイテムを見つけました(AmazonブランドのEonoから)。『磁気増強』と書いてあるので、そもそも標準でMagsafeに非対応のPixel 7aでは機能するのか?

販売価格は磁石6個入りで『899円(100円割引クーポン適用)』と激安。『安牌(TORRASのケース)にしておけば良かった』と後悔するハメになるかもしれませんが、ベストセラー商品を『ちゃんと使えました!』とレビューして面白くないですよね。人柱覚悟で磁石を単体購入!

899円で6個入りなので、磁石1つは約『150円』。これでPixel 7aを『MagSafe化』出来たらとんでもないコストパフォーマンス。普段磁石部分がむき出しだと見た目が悪いので、勇み足ながらマグネット式のスマホリング(999円)も追加。

まずはスマホリングから開封。イメージ画像のメタリックな雰囲気とは異なるマットな仕上がり。指紋が目立たないからこれはこれで良いかも。

magsafeスマホリング1

Magnetic・・・』というシルクプリントは必要ないですね。気が向いたらやすりをかけてみるか。作り自体はしっかりしていてそこは一安心。

magsafeスマホリング2

続けていよいよPixel 7aの『MagSafe化』。増強キットは磁石に加えてiPhone(iPhone 13 Proまで)に取り付ける用のガイドもセットになっています。説明をパッケージ内に印刷してコスト削減。Amazonブランドらしいですね。

増強キット同梱

Magsafe化磁石

磁石使用方法

スマホリングに付属していた磁石と比較すると、『増強磁石』の方が厚みあり。流石磁力を強めるためのもの。試しにスマホリングを近づけてみると、『バチン!』と音が鳴るほど勢いよくくっつきました。

磁石厚み比較

裏面は3Mの両面テープ。増強磁石を貼り付けるのは、Googleストアで購入した純正のかわいらしいケース。プリント部分が若干凹凸になっているので、貼り付けには恐らく不向き。3Mがどこまで頑張ってくれるか。

3Mテープ

Googleストアの話では、充電コイルはGロゴマークの少し上あたりが中心になるとのことでした。よって気持ち上(見た目が悪くならない程度)に貼り付け。

Pixel 7a Magsafe化

Pixel 7aのカラーが『Sea』、ケースがクリアなので黒い磁石は違和感あり。ケースがブラックであればそれなりに格好良くなるかも。今度機会があれば試してみます。あくまでMagSafeが機能すれば・・・ですが。

まずはスマホリングを取り付けてみました。抜群の安定感!『充電出来なくてもこれで満足!』と一瞬思ってしまいました。片手で持ち上げてもビクともしません。

Pixel 7aにスマホリング取り付け

磁力が強いので『取り外す時に苦労しそうだな』と思いましたが、『引っ張る』ではなく『回転させながらずらす』やり方で簡単に外れました。

Pixel 7aにで格安SIMの通信速度を測ってみた!
Pixel 7aで『平日お昼』にSIM6種類速度比較!SoftBank『LINEMO』が桁違いの爆速ブッチギリで優勝!

続きを見る

ここで検証の為に購入した、『MagSafe対応モバイルバッテリー』の登場。ケースメーカーとして有名な『ESR』のもの。『3,999円(税込)』は今回購入した中でもっとも高額。仮にPixel 7aを磁気充電出来なかった場合は、『磁石がついた割高なスタンドつきバッテリー』と化します。

スタンド付きモバイルバッテリー

Pixel 7aを近づけると、スマホリング同様に『バチン!』と音を立ててくっつきました。ここで何の反応も起きなければ『終了』。

Magsafe化Pixel 7a充電

MagSafe対応モバイルバッテリーPixel 7aが接続されたとほぼ同時に、ボワーンという音が鳴り充電のパーセンテージが表示されました。150円の『増強磁石』により、Pixel 7aの『MagSafe化』に成功した瞬間です!

Pixel 7a 磁気充電

磁力が強いので、バッテリーからPixel 7aが滑り落ちそうな気配は一切なし。安定してiPhoneの様に充電しながら使えます!

手に持ったままPixel 7a充電

ただし元々のワイヤレス充電性能が高くないPixel 7a。30分経過して増えた電池の量は『9%』。速度には物足りなさを感じます。もっとも、本体の電池もちを補助する『ながら充電』が主な使い方であれば、この部分はあまり重要ではないかもしれません。

MagSafeに対応するモバイルバッテリーは、『パススルー』かどうかがとても重要(殆どの製品は仕様部分に記載あり)。通常充電中のモバイルバッテリーにスマートフォンを接続すると、モバイルバッテリーの中を一度通ってからスマートフォンに出力を行います。

Pixel 7a用のイヤフォンを探してるならLe Audioアップデート確定モデルがお勧め
Pixel 7a用にBluetoothイヤフォン『EarFun Air Pro 3』を購入した理由。ミドルのコスパ追求

続きを見る

パススルー』では電池の中を通らずに直接スマートフォンを充電する(一定の出力が必要な場合あり)ので、モバイルバッテリーを劣化させずにすみます。2WAY仕様といったところですね。

磁気ワイヤレス充電スタンド

ESRのMagSafe対応モバイルバッテリーはパススルーなので、マグネット式充電スタンドとしても機能。磁気充電を普段使いしたいのであれば、増強キットによるカスタムより電力効率が高そうな、『TORRASのMagSafe対応ケース』を購入した方が良いかもしれません!

【今回の記事で使用したアイテムまとめ】

Pixel 7aは置くだけ充電に対応。コスパの高い無線充電器とは。
Pixel 7aに適したワイヤレス充電器は?Google Pixel Stand (第2世代)はオーバースペックかも。

続きを見る

Pixel 7aをより便利に長く使う方法
Pixel 7aを購入したら最初にすべき『7つ』のこと。Pixel 6aでは必要なかった2つの設定は『ON』必須!

続きを見る

Pixel 7aで写真を撮りまくってAmazon Photoにアップロードしまくれる格安SIM
カメラ性能が向上したPixel 7aにお勧めな実質『写真アップロードし放題』な安いSIM。mineoなら月額千円以内!

続きを見る

Google Pixel 7a(G82U8)にお勧めなSIM

  • 5G Sub-6: 対応バンド n1 / 2 / 3 / 5 / 7 / 8 / 12 / 20 / 25 / 28 / 38 / 40 / 41 / 66 / 75 / 76 / 77 / 78 / 79
  • LTE: 対応バンド B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 25 / 28 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 66
  • UMTS / HSPA+ / HSDPA: 対応バンド  1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
  • GSM / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(◎)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

スマホ便利情報に関する記事

一覧はコチラから

follow us in feedly

サイト内検索はコチラから

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

ハイパーガジェット通信の運営者。趣味:写真撮影、映画・ドラマ鑑賞、お笑い、ファッション、音楽(Jazz HIPHOP)。好きな食べ物:寿司、焼肉、パスタ、ラーメン、ブレッド、パンケーキ。【問い合わせ先】hypergadget@outlook.jp

-Android, Google, Google Pixel 7a, SIMフリー, スマートフォン, スマートフォンレビュー, スマートフォン便利情報, ニュース, レビュー
-, ,