IIJmioで乗換特価『新旧逆転現象』発生!OPPO Reno9A『19,800円』、Reno7 A『21,800円』

最新スマホが旧スマホより安くなってる!

OPPOより

他社からギガプラン(音声SIM、音声eSIM)への乗り換え時に、対象となるスマートフォンを特別価格で購入可能な格安SIMのIIJmio。競合となるOCNモバイルONEが2023年6月26日(月)で申し込みを受付終了するので、今後優位性は揺るがぬものに。

そのIIJmioでおかしな現象が起きています。2023年6月22日(木)から取り扱い開始となったOPPO Reno9 Aは、乗り換え特価が『19,800円(税込)』。OPPO直販価格46,800円(税込)の最新スマートフォンが、いきなり2万円を切っています。

OPPO Reno9 A販売価格

IIJmioより

普通に考えれば、『新型が旧型より安く発売される』というのはあり得ません。しかしIIJmioではその『あり得ない逆転現象』が起きています。

OPPO Reno7 A販売価格

IIJmioより

2022年モデルとなる『OPPO Reno7 A』は、乗換特価が『21,800円(税込)』。つまりOPPO Reno9 Aの方が『2千円安い』のです。OPPO Reno9 Aはメモリ容量が6GBから8GBに増量されており、最新モデルなので当然アップデートは長く提供されます。

日本特化モデルOPPO Reno9 A新登場!
OPPO Reno9 Aが『メモリ8GB』になって新登場!期間限定で全損修理『0円』のOPPO Care1年プラン無料

続きを見る

OPPO Reno9 Aの方が安く買えるのだから、どちらにすべきか悩む必要はなし。『どうしてもOPPO Reno7 Aのカラーじゃなきゃ嫌だ!』という人意外は、問答無用でOPPO Reno9 Aを選びましょう。セール期間は『2023年7月3日』まで!セール終了前に在庫切れとなる可能性大ですね。

OPPO Reno9 A(SMフリー版)を購入すべきポイント

日本特化モデルOPPO Reno9 A新登場!

OPPOより

  • 8GBの大容量メモリ(RAM)採用によりマルチタスク時の動作環境を改善
  • RAM拡張機能によりストレージの一部をメモリとして仮想化。最大容量を16GBまで拡張可能
  • OPPOの独自背面加工技術となるOPPO Glowとガラス素材を組み合わせることで星空のような輝きに高級感をプラス
  • FeliCa対応おサイフケータイが使える。クレジットカードやSuica、PASMOをスマートフォンの中に入れて荷物をスリム化
  • 最高クラスの防塵防水規格IP68に準拠。キッチンやプールといった水場を問わずスマートフォンを好きな場所で使える
  • コストの高騰により採用モデルが減っている有機ELディスプレイ搭載。ブリリアントモードではDCI-P3(100%)sRGB(136%)の広い色域に対応
  • 日本の衛星測位システムQZSS(みちびき)対応で位置情報をより高精度に測位
  • 最大リフレッシュレート90Hz。1秒間に90回画面の書き換えを行い滑らかに表示
  • システム劣化防止機能の導入により、36ヶ月使用しても劣化をわずか5%以内に抑制。快適な動作環境が継続
  • クイック起動を使用すれば指紋認証から5種類のアプリにショートカット出来る
  • 4,500mAhの大容量電池は18Wの急速充電に対応。バッテリーケア機能が過充電を防止
  • Socには十分な処理能力と高い電力効率をもつQualcommのSnapdragon 695 5Gを採用。安定した動作と長時間駆動を実現
  • キッズスペースを利用する事でスマートフォンの使用を制御していたずらを抑制。安心して子供に貸せる
  • リアカメラは広角(4,800万画素)、超広角(800万画素)、マクロ(200万画素)といった様々な被写体に対応する3眼構成。独自フィルター機能ネオンポートレートを使えば光の煌めきが一眼レフのようなボケ感に
  • インカメラ(1,600万画素)は新たにAIカラーポートレートをサポート。被写体と背景を自動識別してインスタ映えする非現実的な写真を生成
  • Micro SDカード対応で最大1TBの容量拡張が可能
  • Micro SDカードを使用しながらeSIM+物理SIMによるデュアルSIM運用が可能
  • デザインを損なわないディスプレイ指紋認証によりマスク着用時もスタイリッシュに素早くロックを解除
  • 高音質BluetoothコーデックLDACをサポート
  • 3.5 mm ヘッドホンジャック搭載で手持ちのイヤフォンやヘッドフォンがそのまま使える
  • NTTドコモSoftBankau楽天モバイルといった複数の通信回線に対応。格安SIMも選び放題

OPPO Reno9 A(SMフリー版)関連する最新記事

一覧はコチラから

OPPO Reno9 A(SMフリー版)の主な仕様

モデル名OPPO Reno9 A
SocSnapdragon 695 5G(6nm)

  • CPU:Kryo 660 Gold Cortex-A78×2(2.2GHz)、Kryo 660 Silver  Cortex-A55×6(1.7GHz)
  • GPU:Adreno 619
容量8GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS2.2
電池4,500mAh(最大18W急速充電)※充電機同梱なし
重量約183g
画面
  • サイズ:6.4インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:FHD+
  • リフレッシュレート:90Hz
  • タッチサンプリングレート:180Hz
  • 通常輝度:430ニト、最大輝度:600ニト
  • 素材:DT star2
カメラメインカメラ

  • 解像度:4,800万画素
  • F値:1.7

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:200万画素
  • F値:2.4
防水防塵IP68
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.1
位置情報GPS、BeiDou、GLONASS、GALILEO、QZSS
Wi-FiIEEE802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi® 2.4GHz/5GHz
SIMNanoSIM+eSIM
指紋認証ディスプレイ内
おサイフケータイ対応
Micro SDカード対応(1TBまで)
OSColorOS 13 based on Android™ 13

OPPO Reno9 A(SIMフリー版)にお勧めな格安SIM

  • 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
  • 3G: UMTS(WCDMA) Band 1/4/5/6/8/19
  • 4G: TD-LTE Band 38/40/41/42
  • 4G: LTE FDD Band 1/3/4/5/8/12/17/18/19/26/28
  • 5G: n3/n28/n41/n77/n78

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(×)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

OPPOに関連する記事

一覧はコチラから

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, IIJmio, OPPO, OPPO Reno7 A, OPPO Reno9 A, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, 数量期間限定セール情報, 格安SIM
-, ,