【請求書払い】楽天ペイは『利用可能なお支払い先』に書かれていない自治体に税金支払いが出来ない?実際に試してみた結果。

一部広告リンクを使用しています。

楽天ポイントを使ってお得に節税

楽天ペイは2023年4月17日(月)から『請求書払い』に対応。楽天キャッシュや楽天ポイント(期間限定ポイント含む)で公共料金(ガス、電気料金など)、税金(固定資産税、自動車税、住民税など)の支払いが可能になりました。

楽天市場では頻繁に『ポイントアップキャンペーン』を行っています。さらに『楽天モバイル(最大+3倍)』『楽天カード(+2倍)』などSPU(スーパーポイントアップ)対象のサービスも盛り沢山。

4月17日から楽天ペイ(期間限定ポイント)が公共料金や税金払いに対応。SPU倍率最大3倍の楽天モバイルユーザーは超得に

続きを見る

日常的にインターネットで買い物をしている人であれば、販売価格がAmazonより少し高くても『ポイント還元を含めた実質価格が安い楽天市場で買った』という経験が一度はあるはず。

しかし楽天ポイントで『無駄な買い物』をしてしまったら、それは節約に繋がりません。楽天ポイントの使用は『必要な支払いに限定する』といった意識を持つべき。

楽天ポイントの使い方で節約が一気に変わる!
【超節約】楽天カードユーザーは楽天市場でポイント使うな!『請求書払い(公共料金・税金)』に回せば失効&無駄遣いが減る!

続きを見る

請求書払い』は『絶対に必要な支払い』に該当します。無駄遣い率で言えば『ゼロ』。期限切れが迫って無駄な買い物をしがちな『期間限定ポイント』の使い道としても最も有効。

最強プランはパートナー回線でも高速通信無制限!au回線を普段どの程度使ってるか知ってる?
楽天モバイル(最強プラン)は6月1日からパートナー回線データ高速通信無制限!au回線を月どの程度使っているか調べる方法

続きを見る

楽天ポイントを貯めていざ請求書払いで税金を収めようとしたところ、『利用可能なお支払い先(バーコード読み取りに対応している自治体一覧)』に私の居住している自治体が含まれいない!

楽天ペイで読み取り可能なQRコード( eL-QR)自体は支払い用紙に印刷されているので、もしかしたら払えるかもしれない。もしダメだった場合は楽天市場で何を買おう?無駄遣いに思考がシフトしかけていました。

QRコード

楽天ペイより

実際に試してみた結果・・・無事読み込み&支払いが完了!『利用可能なお支払い先』には補足として『順次拡大中』と書かれており、それに該当したということか。不確定な場合は一度QRコードやバーコードを読み込んでみましょう。

利用可能な支払先

楽天ペイより

同じく請求書払いに対応する『PayPay』はどうかと言えば、こちらは『利用可能サービス』の中に私の住む自治体がしっかりと含まれていました。『情報が更新されている』といった印象。

請求書払いするなら楽天Payの方が良いかも
あと払い登録者はPayPayの『請求書払い』要注意!デフォルトの支払い方法が『あと払い』に。決済のキャンセル不可!

続きを見る

SNSなどを見る限り、楽天ペイやPayPayの請求書払い利用者は確実に増えています。中には『住んでいる自治体が未掲載だから楽天ペイではなくPayPayを使う』という人もいるのでは。勿体ないですね。

楽天モバイルが楽天モバイルを紹介すると一人につき7,000ポイントも貰える!
楽天モバイルユーザーは誰か一人紹介で『7,000円』相当のポイントを貰える。最強プランに進化した今が最高のタイミング!

続きを見る

電子マネーに関する記事

一覧はコチラから

follow us in feedly

サイト内検索はコチラから

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

ハイパーガジェット通信の運営者。趣味:写真撮影、映画・ドラマ鑑賞、お笑い、ファッション、音楽(Jazz HIPHOP)。好きな食べ物:寿司、焼肉、パスタ、ラーメン、ブレッド、パンケーキ。【問い合わせ先】hypergadget@outlook.jp

-スマートフォン, ニュース, 楽天ペイ, 楽天市場, 節約, 電子マネー, 電子決済
-, ,