【気に入った】ワイモバイル限定のmoto g53y 5Gはマジでバランス良きスマホ。これが『1円』は正直やりすぎ感。

1円で買えるスマホのスペックじゃないmoto g53j5G

ワイモバイルが2023年6月29日(木)に発売を開始した『Motorola moto g53j 5G』。ワイモバイルオンラインストアにおいては、他社から『シンプルS』に乗り換え時『3,996円(税込)』、『シンプルM』『シンプルL』に乗り換え時『1円(税込)』という破格中の破格のスマホ。

Motorola moto g53j 5G 5Gは『y』がついたワイモバイルモデルです。他に『j』がついたオープンマーケット版『Motorola moto g53j 5G』が販売されており、こちらは直販価格『34,800円(税込)』。

他社からギガプラン(音声SIM、音声eSIM)への乗り換え時にスマートフォンを『110円~』という特価で提供中の『IIJmio』ですら、moto g53j 5Gが『14,800円(税込)』。

moto g53y 5Gはメモリ容量が4GB(拡張機能で5GBまで仮想的に増量可能)と少なめですが、『1円』は流石に安すぎ。

本当は性能が違うのではないか?』と気になって仕方がなくなり、私は『moto g53j 5G』『moto g53y 5G』をどちらも購入。moto g53y 5Gはプリインストールされているアプリの数が多く、使わないアプリを『アンインストール』『無効化』するのに5分ほどかかりました。面倒はそれだけです。

1円のスマホと3万円のスマホの性能がどの程度違うのか比較してみた
【どっちも買った】ワイモバイルで『1円』のmoto g53y 5Gとmoto g53j 5Gは何が違うのか?実機を比較

続きを見る

スマートフォンの性能をトータルで数値化してくれるAnTuTu Benchmarkでテストを行うと、『moto g53j 5G』『moto g53y 5G』の差はほぼなし。つまり両モデルの性能は極めて『等しい』ということです。

メモリ使用量(Device info HW参照)は、デフォルトの状態でmoto g53j 5Gが『約36~7%』、moto g53y 5Gは『約57~58%』。Motorolaはソフトウェアが軽いので、メモリ4GBでもそれなりに余裕があります。

また、上記には拡張メモリ分が含まれないので、かなりヘビーな使い方をしない限り『メモリ容量をオーバーする』といったことはないはず。実際に『ブラウジング』『動画鑑賞』『写真撮影』など使っていても基本スムーズ。

Motorola moto g53y 5Gのメモリ容量

高品質なソフトバンク回線を安く使いたい人は『ワイモバイルの営業マン』になって『一人目のユーザー』を家族内に誕生させよう

続きを見る

廉価なスマートフォンの定番的なスペックは、メモリ『4GB』にストレージ『64GB』。moto g53y 5Gはその2倍となる『128GB(Micro SDカードにも対応)』。ストレス無く使えるのSoc性能に加え、保存領域が広いのは大きな魅力。

写真画質は上位モデルの『Motorola edge 40』に到底及びませんが、出かけ先の景色をそれなりのクオリティで残してくれます。

写真1

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影(HDR)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/50、ISO:466、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

写真2

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影(ポートレート)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/164、ISO:100、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

写真3

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影(HDR)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/1190、ISO:466、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

写真4

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影(HDR)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/40、ISO:772、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

写真5

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/710、ISO:100、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

写真6

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影(HDR)】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/40、ISO:1716、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

写真7

【Motorola moto g53y 5Gのメインカメラで撮影】F値:1.8、シ ャッタースピード:1/12、ISO:1913、焦点距離:4.27mm、拡大率:等倍、フィルタ:オリジナル

5万円以内で購入可能なSIMフリースマートフォンのカメラ画質とは
【実写作例】moto g53jとmoto g52jのカメラ(写真)画質を比較。MOTOROLAの廉価5Gスマホ対決!

続きを見る

スピーカーはステレオ仕様(DOLBY ATMOS対応)。『これで音楽聴きたい!』と言えるほどの音質ではないですが、横置きにした状態で右と左からしっかりと音が流れるので、シングルスピーカーの廉価モデルとは明確に一線を画しています。

性能的には上位モデルとなるmoto g52j 5Gには非対応となる、『Moto Secure』というセキュリティ機能を搭載しているのも『moto g53j 5G』『moto g53y 5G』の特徴。

セキュリティ

設定したアプリの保護を強化する『Secureフォルダ』。Wi-Fiセキュリティ、アクセスポイント、Wi-Fiブロックリストに分類される『ネットワーク保護』。画面ロック時もセキュリティを継続する『ロック画面のセキュリティ』など細かく設定可能です(Moto→Moto Secureから)。

低解像度ディスプレイだからこそ輝度を上げたりリフレッシュレートを高めても実用的に使える
moto g53j 5GでYouTube動画1時間再生したら電池の減り僅か『3%』。低解像度のメリットを目の当たりに

続きを見る

そして極めつけは、周囲のノイズを低減して人の声を際立たせる『CrystalTalk AI』。『通話』に加えて『録音中』の音質を改善することも出来ます(設定→音とバイブレーション→CrystalTalk AIから)。

安いスマートフォンの選び方
【安いスマホはAnTuTuで選ぶな】AQUOS wish 2より低スコアなmoto g53j 5Gの方が快適な理由とは

続きを見る

ユーザーがより便利に使えるように、細かいところまで作り込みがしっかりしている『moto g53j 5G』『moto g53y 5G』。FeliCa ICチップ搭載で『おサイフケータイ』『Googleウォレット』にも対応。これでデザインも良いのだから文句なしでしょ!

圧倒的に安いと思ってたLINEMO。しかし家族割と60歳以上かけ放題割を適用するとあら不思議
ワイモバイルよりLINEMOの方が『安い』と思ってたけど条件次第?『家族割』『60歳以上かけ放題割』を適用すれば同等か

続きを見る

1円のスマホと3万円のスマホの性能がどの程度違うのか比較してみた

Motorola moto g53j(g53y) 5Gを購入すべきポイント

  • 1秒間に120回書き換え可能な20:9比率の6.5インチ滑らか液晶ディスプレイを搭載
  • SocにはSnapdragon 480 5Gの最大クロック周波数アップモデルとなるSnapdragon 480+ 5Gを採用
  • メモリ8GB(moto g53j 5Gのみ)、ストレージ128GBの大容量モデル
  • 5,000mAhの大容量電池による長時間駆動
  • 最大18Wの急速充電機能TurboPower™ チャージに対応
  • Micro SDカードで最大1TBまでストレージ容量の拡張が可能
  • 非接触ICカード技術方式FeliCa採用でおサイフケータイが使える
  • NTTドコモ・Softbank・au・楽天モバイルのメイン4G通信バンドをサポート
  • 第5世代移動通信システム(5G Sub6)に対応
  • 即日通信を開通させることも可能なeSIMサポート
  • Micro SDカードを使用しながらeSIM+物理SIMによるデュアルSIM運用が可能
  • Wi-Fiは2.4GHz/5GHzのデュアルバンド対応
  • セキュリティ&プライバシー保護機能Moto Secureにより、様々な脅威から情報を守り安全を確保
  • イヤフォンジャック搭載で手持ちのイヤフォンやヘッドフォンがそのまま使える
  • 電池大容量モデルながら約183gの実用的な重量をキープ
  • クアッドピクセルテクノロジー5,000万画素の高解像度撮影に対応するメイン(広角)カメラ
  • インスタ映えする画像を量産出来る200万画素のマクロカメラ
  • 夜景撮影時の画質を引き上げる専用モードナイトビジョンに対応
  • 顔認証に加えて指紋認証をサポート。マスク着用時もスムーズにロックを解除
  • GPS、A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDouといった複数の衛星に対応
  • こぼれた水や水しぶきから保護する撥水設計

Motorola moto g53j(g53y) 5Gのスペック

Motorola moto g53j(g53y) 5G
SocQualcomm Snapdragon 480+ 5G
容量4GB/128GB(moto g53y 5G)、8GB/128GB(moto g53j 5G)
電池5,000mAh
重量約183g
画面
  • サイズ:6.5インチ
  • 種類: 液晶
  • 画面比率:20:9
  • 解像度:720×1,600ピクセル
  • リフレッシュレート:120Hz
カメラ
リアカメラ
  • メインカメラ
    解像度:5,000万画素
    F値:1.8
    画素サイズ:1.28μm(ピクセル統合時)
    オートフォーカス:PDAF
  • マクロカメラ
    解像度:200万画素
    F値:2.4
    画素サイズ:1.75μm
フロントカメラ
  • メインカメラ
    解像度:800万画素
    F値:2.0
イヤフォンジャック対応
Bluetooth5.1
位置情報GPS、A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou
Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz / 5GHz)
SIMNanoSIM+eSIM(DSDV)
防塵防水IP52
認証指紋認証(側面)、顔認証
おサイフケータイ対応
Micro SDカード対応(最大1TBまで)
OSAndroid™ 13

Motorola moto g53j(g53y) 5Gにお勧めな格安SIM

  • 5G:n3/n28/n77/n78
  • 4G:LTE B1/B2/B3/B4/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B26/B28/B38/B41/B42
  • 3G:W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8
  • 2G:GSM 850MHz/900MHz/1,800MHz/1,900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)

docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(◎)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band11(◎)、Band18(◎)、Band28(◎)、Band41(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)

au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)

楽天回線が使えるお勧め格安SIM

Motorola moto g53j(moto g53y) 5Gに関する記事

一覧はコチラから

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, MOTOROLA, Motorola moto g53j 5G, Motorola moto g53y 5G, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, ワイモバイル
-, ,