11Tから1世代飛ばして『Xiaomi 13T』降臨!画面、処理能力、カメラ大幅性能アップ&おサイフ防水対応で7万円台

2023年11月29日

一部広告リンクを使用しています。

UQモバイルとauで購入可能な超進化したXiaomi 13T

Xiaomi Japanは2023年11月29日(水)、日本市場において最新スマートフォン『Xiaomi 13T』をリリースしました。販売チャネルはUQモバイルとau。価格は74,800円(税込)。

カラーはアルパインブルー、メドウグリーン、ブラックの3色展開。アルパインブルーのみがビーガンレザー素材を使用しています。発売開始は2023年12月8日(金)から。

Xiaomi 11Tの後継モデルとなるXiaomi 13T。日本ではXiaomi 12Tの発売が見送られたので、1世代スキップしての登場となります。

Xiaomi 12T、Xiaomi 11T Proのベンチマーク
Xiaomi 12T Proの弟分!12Tと11T ProのAnTuTu、Geekbench、3DMarkを実測比較。

続きを見る

2世代前のXiaomi 11Tと比較して、一体どういったアップグレードが行われているのか。まずは主なスペックを比較してみましょう。

Xiaomi 13TXiaomi 11T
SocDimensity 8200-Ultra(4nm)Dimensity 1200 Ultra(6nm)
容量8GB/256GB

  • メモリ:LPDDR5 RAM
  • ストレージ:UFS3.1
8GB/128GB

  • メモリ:LPDDR4X
  • ストレージ:UFS3.1
電池5,000mAh5,000mAh
充電速度最大67W最大67W
充電器別売り同梱
重量ガラス:約197g、IPU:約193g約203g
画面
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2,712×1,220px
  • 最大リフレッシュレート:144Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:480Hz
  • 輝度:1,200ニト(最大)、2,600ニト(ピーク)
  • 色深度:12bit
  • コントラスト比:不明
  • HDR10+:対応
  • Dolby Vision:対応
  • 素材:Corning®️ Gorilla®️ Glass 5
  • サイズ:6.67インチ
  • タイプ:有機EL
  • 解像度:2,400×1,080px
  • 最大リフレッシュレート:120Hz
  • 最大タッチサンプリングレート:480Hz
  • 輝度:800ニト(最大)、1,000ニト(ピーク)
  • 色深度:10bit
  • コントラスト比:5000,000:1
  • HDR10+:対応
  • 素材:Corning®️ Gorilla®️ Glass Victus™
カメラメインカメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.9
  • イメージセンサー:IMX 707
  • イメージセンサーサイズ:1/1.28インチ
  • 画素サイズ:2.44μm(4-in-1 Super Pixel)
  • 焦点距離:24mm相当
  • 手ぶれ補正:光学式
  • ALD(フレア軽減):対応

望遠カメラ

  • 解像度:5,000万画素
  • F値:1.9
  • イメージセンサー:OV50D
  • イメージセンサーサイズ:1/2.88インチ
  • 画素サイズ:0.61μm
  • 焦点距離:50mm相当

超広角カメラ

  • 解像度:1,200万画素
  • F値:2.2
  • イメージセンサーサイズ:1/3.06インチ
  • 画素サイズ:1.12μm
  • 焦点距離:15mm相当

フロントカメラ

  • 解像度:2,000万画素
  • F値:2.2
  • 画角:78度
メインカメラ

  • 解像度:1億800万画素
  • F値:1.75
  • イメージセンサーサイズ:1/1.52(DxOMarkより)
  • 画素サイズ:2.1μm(9-in-1 Super Pixel)

超広角カメラ

  • 解像度:800万画素
  • 画角:水平120度
  • F値:2.2

マクロカメラ

  • 解像度:500万画素
  • F値:2.4
  • オートフォーカス(3cm~7cm)

フロントカメラ

  • 解像度:1,600万画素
  • F値:2.45
おサイフケータイ対応非対応
防塵防水IP68不明
センサー近接センサー、360°環境光センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス、リニアモーター、IRブラスター、フリッカーセンサー近接センサー、周囲光センサー、加速度計、ジャイロスコープ|、電子コンパス、リニアモーター、IRブラスター、バロメーター、色温度センサー
スピーカーデュアルスピーカー(Dolby Atmos対応)デュアルスピーカー(Dolby Atmos対応)
SIMnano SIM + eSIMnano SIM×2スロット

スマートフォンの処理能力を決めるSocは、Dimensity 1200 Ultra(6nm)から『Dimensity 8200-Ultra(4nm)』に刷新。AnTuTu Benchmark(Ver.10)のランキングを参考にすると、Xiami 13T(8GB/256GBモデル)のトータルスコアは『905,365(CPU:261813、GPU:229741』。

Dimensity 8200-Ultra

Xiaomiより

Xiaomi 11Tは勿論のこと、Snapdragon 888を搭載するXiaomi 11T Proすらやや上回る高性能。5,000m㎡の大型冷却機構ヴェイパーチャンバー(初のグラフェンマイクロナノキャビティ熱伝導フィルム採用)を備えるなど、熱対策にも余念なし。

Xiaomi 11Tでは原神を高いグラフィック設定(画質:最高、フレームレート:60FPS)でプレイする事が出来ませんでした。しかしXiaomi 12Tでは環境が大幅に改善。

Xiaomi 12T Pro弟モデルXiaomi 12Tの持つゲームパフォーマンス
【驚き】Xiaomi 12Tの潜在能力が凄かった。原神(60fps、画質最高)で12T Proに近いパフォーマンス発揮

続きを見る

Xiaomi 13TではSocのプロセスサイズが4nmに微細化(GPU性能も向上)されており、かつ冷却性能が強化されているので、より3Dゲームに適した環境が整備されたことになります。

ストレージは128GBから『256GB』へと増量。そしてもう一点注目すべきが『メモリの規格』です。Xiaomi 11Tでは、LPDDR4Xというミドルクラス向けの規格が採用されていました。

上記はXiaomi 11Tの搭載しているSoc『Dimensity 1200-Ultra』に起因するもの。Dimensity 8200-Ultraでは上位規格となる『LPDDR5』をサポート。処理能力の底上げが行われているのはSocだけでは無いのです。

軽量化

Xiaomiより

重量は200g超えから100g台に。高性能化に伴い、端末重量が増えるというケースは珍しくありません。5,000mAhの電池容量を維持しつつの軽量化は好印象。

残念なのは『充電器が同梱されていない』こと。Xiaomi公式ストアで販売されている『67Wターボチャージ対応急速充電器・ケーブルセット』は4,490円と中々のお値段。ベストな充電パフォーマンスを求めるなら、追加出費が必要に。

ディスプレイは2,400×1,080ピクセルから『2,712×1,220ピクセル』へとやや高解像度化。加えて最大リフレッシュレート(1秒間に画面を書き換え可能な回数)が120Hzから『144Hz』に向上しています(色深度は10bitから12bit)。

ディスプレイ

Xiaomiより

最大輝度は800ニトから『1,200ニト』へ(一部の明るさを示すピーク輝度は1,000ニトから2,600ニト)。ディスプレイには『Pro HDR Display』という名称が付けられており、HDR領域を正確に特定する『ダイナミックマスク』を使用することで、異なる領域間の明るさをスムーズに切り替えられるとしています。

HDR

Xiaomiより

ただしガラスに関しては、Gorilla®️ Glass Victus™から『Gorilla®️ Glass 5』にランクダウン。耐久性が気になる場合は、ケースガラスフィルムをはやめに装着(ケース付属、画面保護シート貼り付け済み)しましょう。

メインカメラは1億800万画素から『5,000万画素』へ。何度もお伝えしていますが、『高解像度=高画質』ではありません。解像度よりも『イメージセンサーサイズ』『画素サイズ』の方がよほど重要です。

カメラ

Xiaomiより

Xiaomi 13Tのメインカメラは、『1/1.28インチ』の大型イメージセンサー『SONY IMX 707』を搭載。これは上位モデルとなるXiaomi 13T Proと同じもの。ピクセル統合時の画素サイズも2.1μmから『2.44μm』に拡大しています。

イメージセンサー

Xiaomiより

レンズはF1.75から『F1.9』にやや小口径化していますが、『非球面高透過率レンズ使用』『光学式手ブレ補正搭載』『レンズエッジのインクコーティング』『ALD超低反射テクノロジー採用』など高画質を補う技術が随所に。

カメラ機構

Xiaomiより

もう一つ個人的に注目しているのが『望遠カメラ』。メインカメラと同じ『F1.9』のレンズを採用しています。公式サイトには『一眼レフに匹敵するボケ味を作り出す』と書かれており、かなり私好みの写真が撮れそうな予感。

50mm

望遠カメラ作例(Xiaomiより)

日本モデルではライセンスの関係で『Leica(ライカ)』のフィルター効果を使えません。『Xiaomi Imaging Engine スマートイメージアルゴリズム』によるシーンの最適化や忠実な色彩表現が、どこまで満足度を上げてくれるか。

Xiaomi 11Tでは、画像を処理する『ISP』の性能にやや物足りなさを感じました。Dimensity 8200-Ultraが採用している『14bit HDR-ISP 』の仕事ぶりによっては、前世代のイメージが覆されることに。

一般的な部分では、『おサイフケータイ』『防塵防水(IP68)』に対応したことが何より大きなポイント。回線契約が必要ないという人、『au』『UQモバイル』からXiaomi 13Tを単体で購入しましょう。

データ大容量&通話もお得なUQモバイルの新プラン!
【通話セット】UQモバイルからahamo、LINEMO(スマホプラン)の対抗馬となるコミコミプラン登場!カケホ留守電付

続きを見る

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker

Xiaomi 13Tにお勧めなSIM

  • 5G:NSA + SA をサポート
  • 5G:n3/28/41/77/78
  • 4G:LTE FDD:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/26/28
  • 4G:LTE TDD:38/40/41/42
  • 3G:WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
  • 2G:GSM:850 900 1800 1900MHz

docomoの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band19(◎)、Band21(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)、Band n79(×)
docomo回線が使えるお勧め格安SIM

Softbankの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band8(◎)、Band11(×)、Band28(◎)、Band42(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
Softbank回線が使えるお勧め格安SIM

auの周波数帯対応状況

  • 4G:Band1(◎)、Band3(◎)、Band18(◎)、Band41(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)、Band n78(◎)
au回線が使えるお勧め格安SIM

楽天モバイルの周波数帯対応状況

  • 4G:Band3(◎)、Band18(パートナー回線)(◎)
  • 5G(sub6):Band n77(◎)
楽天回線が使えるお勧め格安SIM

Xiaomiに関連する記事

一覧はコチラから

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, XIAOMI, Xiaomi 13T, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス
-, ,