ソフトバンクが3Gサービス終了の期限を1月31日から4月15日に延期。状況によって被災地のユーザーは更に延期も

一部広告リンクを使用しています。

3G停波延期

ソフトバンク株式会社は2024年1月17日(水)、令和6年能登半島地震の影響を鑑みて、当初『2024年1月31日』を予定していた3Gサービスの終了を『2024年4月15日』に延期することを発表しました。

今後の状況によって被災地のユーザーを対象に『さらに延期』する場合は、決まり次第お知らせするとのことです。

3G専用の料金プランを契約』『4G/5Gサービスに対応している料金プランであっても、VoLTEサービスを利用できない契約』『SoftBankで購入した3Gサービスのみに対応している特定機種を使用』のいずれかに該当する場合は、2024年4月16日に自動解約。

ソフトバンクが3G回線の提供を終了すると、3Gに対応する『ガラケー』は通信を行えなくなります。また、VoLTEをサポートしない旧型端末においても、『通話』が出来なくなるので注意が必要です。

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, SIMフリー, SoftBank, カテゴリー, スマートフォン
-, ,