最新Chromeで生成AIが使えるように!タブの自動グループ化や問い合わせの自動文章作成が可能。まずはお試しで米国から

一部広告リンクを使用しています。

Googleの生成AI機能がChromeで使えるように

Googleは2024年1月23日(米国)、デスクトップ用のブラウザ『Chrome (M121)』を正式にリリースしました。

Chrome (M121)には実験的に生成AI機能を導入。Googleはブラウジングをさらに簡単かつ効率的にすると共に、エクスペリエンスをユーザーに合わせてパーソナライズし続けるとしています。

生成AI機能は今後数日以内に米国から順次導入。『Mac』『Windows』のChromeで新機能をいちはやく試せるように。

安くて実用的に使えるSIMに乗り換えて効率的に節約しよう
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換えるのが一番楽

続きを見る

生成AIを利用するには、まずChromeにサインイン。右上の●が縦に並んだアイコンから『設定』→『Experimental AI(実験用AI)』の順に移動します。

ただし同機能は初期の公開実験段階にあるため、現時点では企業アカウント、教育アカウントにおいては無効。

AI機能の一つとなる『タブオーガナイザー』は、開いているタブの情報に基づいてタブグループを自動的に提案。『手動でタブを管理する』といった手間が省かれます。

実際Chromeを使用していると、タブだらけになり『どこに何の情報が表示されているか分からない』といったことがシバシバ。タブオーガナイザーが類似情報をグループ化してくれたら、『情報迷子』が無くなりますね。

タブオーガナイザーを使用するには、タブを右クリックして『類似したタブを整理』を選択するか、左側にあるドロップダウン矢印をクリック。Chromeは類似タブをまとめるだけでなく、グループの名前と絵文字も同時に提案してくれるのでより管理が簡単に。

タブオーガナイザー

Googleより

Android 14及びPixel 8シリーズには『生成AI壁紙』が導入され、壁紙選びをより自分の好みに合わせて行えるようになりました。

現時点でChromeは一部の『決められたテーマ』を選択することしか出来ませんが、『AIを使用して作成』を利用するとよりカスタマイズが柔軟に。

AI壁紙

Googleより

また、問い合わせ内容に合わせて文章のテンプレートを作成することも。問い合わせ先のサイトを表示させ、テキストボックスまたはフィールドを右クリック。続けて『手伝ってください』を選択し、いくつかの単語を入力するとAIが文章作成を開始します。

自動文章作成

Googleより

専門的な知識に関しては、未だ『誤回答が多い』と感じるGoogleの生成AI。しかし問い合わせのテンプレート程度であれば問題なく便利に使えそう。日本でのリリースが待ち遠しいですね!

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, google, カテゴリー, 生成AI
-, ,