【試した】Google Arts & Cultureで生成AI機能『Art Selfie 2』が使えるように!

一部広告リンクを使用しています。

Googleの生成AI機能を試した

2018年からGoogleが提供している『Google Arts & Culture』というアプリにおいて、生成AIを使用した『Art Selfie 2』という機能が利用可能になりました。

Google Arts & Cultureは世界80カ国、2,000以上の美術館や博物館の作品、ストーリー、知識を手元に届けるアプリです。

Art Selfie 2は『Pixel 8』『Pixel 8 Pro』といったGoogle端末以外でも、『Google Arts & Culture』をインストールすると使えるように。

今回は『Art Selfie 2』の使い方を含め、どういったことが出来るのかを解説していきます。

[Surprise] What kind of people do you recommend mineo's My Soku? Introducing the features of Super Light, Light, Standard, and Premium by plan
【驚安】mineoのマイそくはどんな人にお勧め?スーパーライト、ライト、スタンダード、プレミアムの特徴をプラン別に紹介

続きを見る

まずはAndroidスマートフォンに『Google Arts & Culture』をインストールして起動。続けて『カメラ』の項目を開きます。

カメラ項目

カメラ項目内に新たに追加された『Art Selfie 2』を選択。

フロントカメラが起動するので撮影。

※生成AIで出力した画像を撮っています。

撮影した画像の下に適用可能な『スタイル』の一覧が表示されるので、選択するとミックス画像が生成されます。今回お試しで生成した画像がコチラ。

Art Selfie 2で生成1

ジョージアン時代

Art Selfie 2で生成2

ダ・ヴィンチの白貂

安くて実用的に使えるSIMに乗り換えて効率的に節約しよう
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換えるのが一番楽

続きを見る

Art Selfie 2で生成3

空のパイオニア

Art Selfie 2で生成4

カザフの鷲使い

Art Selfie 2で生成5

宇宙飛行士

Art Selfie 2で生成6

大波

観光名所に置いてある『顔出し看板』の様な仕上がりですね。生成AIを使用しているのでクオリティ高め。プロフィール画像に遊び心を加えたい時などに活躍しそう。

お得にSoftbank回線を使える格安プラン&格安SIM
created by Rinker
follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, google, カテゴリー, 生成AI
-, ,