【節約】実際に使って満足してる『月額千円以内』の激安オススメSIM3選。スマホのランニングコストを削減しよう!

一部広告リンクを使用しています。

スマホを運用するランニングコストが一気に下がる激安SIM

10年前に『格安SIM』を利用していた人の多くは『安くて使いものにならない』というイメージを持っているはず。なぜなら、当時はまだ『4G』が普及しはじめたばかり。

3Gは帯域幅が最大『5MHz』だったのに対し、4Gではそれが最大『20MHz』に。帯域幅は道幅の様なもので、広い程多くの車(データ)を一度に送受信出来ます。

携帯電話所有者割合

総務省より

しかし総務省の資料を参考にすると、4G対応端末の契約者数割合が最大となったのは2016年~2017年ころ。当時は基地局の数も少なかったので、『格安SIMで安定した速度を維持する』のは極めて難しい状況にありました。

しかし基地局は増え続け、さらに2021年には総務省がデータ回線の貸出料引き下げを通信キャリア3社に要求。通信環境がある程度安定しただけでなく、『料金の引き下げ』まで行われたのが『今の格安SIM』です。

もっとも、一部の人口が密集している場所においては『パケ詰まり』と呼ばれる現象が起きており、一般的な利用に支障が出る程度まで通信速度が低下。これは今後5G(Sub6やミリ波)の更なる普及(帯域幅最大100Mhz~400MHz)で改善されると考えられています。

パケ詰まり』は場所が限定的ですが、ユーザーの接続数がもっとも増える(通信速度が低下しやすい)時間帯は『平日のお昼』と基本的に共通。

私は『UQモバイル』『楽天モバイル』『LINEMO』『mineo』『OCNモバイルONE』『IIJmio』といった複数の回線を契約しており、これまで何度も通信速度の実測を行っています。

その中で『平日のお昼』に一番遅いのが『IIJmio』。同時間帯以外は50Mbpsを超える事が殆ですが、大体『1Mbps前半』まで低下。

IIJmioお昼の通信速度

2023年11月16日(木)午後0時12分にIIJmio(ギガプラン音声:au回線)の通信速度をfast.comで実測(高速設定)

50Mbpsから1Mbps台に通信速度が落ちると流石に驚きますが、『出来ない事』の方が実は限定的。

例えば『QRコード決済』『ブラウジング』『LINE(音声通話・メッセージ送受信)』『音楽を聴く(通常音質)』『動画を観る(SD画質)』『SNS』といった使い方は基本的に問題なし(画像の読み込みなどが若干遅れる場合はある)。

大容量ファイルの送受信』『高解像度動画を観る』といったことは出来ませんが、そんなことをしたら月間データ容量が一気に消費されて通信速度制限に。つまり本来のスマートフォンの使い方であれば『大きな支障はきたさない』という事です。

通信料金が安いだけじゃないIIJmioの19ヶ月利用レポート
IIJmio(ギガプラン音声SIM)レビュー!1年半使って感じた『6つ』のメリット『3つ』のデメリット。

続きを見る

IIJmioは『高速』『低速』の切り替えが出来て、低速時の最大速度が『300kbps』とやや速いのが特徴(通常最大128kbps)。『QRコード決済』『LINE(メッセージ送受信)』『音楽を聴く(節約)』程度のことは行なえます。

個人的には平日お昼の速度低下より、『低速時に最大300kbpsで通信出来る(3日間で366MB)』ことへの満足感の方が大きいですね。

回線は『ドコモ』『au』から選択可能。他社から乗り換えの場合は様々な『SIMフリースマートフォン』を破格(110円など)で購入出来るので、特典の利用を絶対にお忘れなく!

MotorolaやXiaomiのあのスマートフォンが遂に最安値突破
【2月】IIJmioが基本料金440円割引&かけ放題410円割引&スマホ110円~&モバイルルータ500円~の超得開始

続きを見る

IIJmioについて

先述している通り、通信速度が1Mbps以上出ていれば大体のことが出来てしまいます。それはデバイスがパソコンではなくスマートフォンだから。

mineoの『マイそく(スタンダード)』は、月額990円(税込)支払えば最大『1.5Mbps』の通信速度でデータ通信し放題(3日間で10GBを超えると通信速度制限)。

[Surprise] What kind of people do you recommend mineo's My Soku? Introducing the features of Super Light, Light, Standard, and Premium by plan
【驚安】mineoのマイそくはどんな人にお勧め?スーパーライト、ライト、スタンダード、プレミアムの特徴をプラン別に紹介

続きを見る

普段『YouTubeで動画を頻繁に観る』という人には、是非『マイそく(スタンダード)』を一度試してほしい。スマートフォンの画面サイズに適した『480p』程度の解像度でたっぷり動画を観られます。

" label="" pc_height="" name="" bgcolor="" color="" webicon="" readmore="on" thumbnail="on" type=""]

ネックとなるのは、『月~金曜日の午後0時~1時』の時間帯に通信速度が最大『32kbps』に制限されること。32kbps以下だとQRコード決済すらままなりません。『お昼ごはんを買えない』というのは困ります。

マイそく(スタンダード)の強い味方となるのが『PayPay』。PayPayは2023年7月20日『オフラインモード』に対応。通信出来ない状況においても『1回支払いの上限:5万円』まで支払えるように。

通信環境が無くてもコード決済できちゃうPayPayのオフラインモード
PayPayのオフラインモードがmineo(マイそく)ユーザーを『魔のお昼』から救う!コード決済可能&1回の上限5万円

続きを見る

mineoは『ドコモ』『ソフトバンク』『au』の3回線から選択可能。『通信キャリアで購入したスマートフォンをそのまま使いたい』という人が安心して契約出来ます。

mineoについて

やはり格安SIMは怖い』『そこまでスマートフォンを使わない』という人にはSoftBankの『LINEMO』がイチオシ。これまで私が行った通信速度検証ではほぼ『最高速度』を記録。

Pixel 7aにで格安SIMの通信速度を測ってみた!
Pixel 7aで『平日お昼』にSIM6種類速度比較!SoftBank『LINEMO』が桁違いの爆速ブッチギリで優勝!

続きを見る

iPhone 15の通信速度
iPhone 15で『OCNモバイルONE(ドコモ)』と『LINEMO(SoftBank)』の通信速度を実測した結果。

続きを見る

ワイモバイルで1円のスマホは通信速度が遅いのか?
【検証】マジで電池もちが良いmoto g53y 5G(ワイモバイル)にLINEMOのSIM入れて通信速度を測ってみた。

続きを見る

LINEMOはSoftBankのオンラインブランドなので、一般的な格安SIMの様に『回線を借りている』といった状況ではありません。つまり『格安SIMは不安だけど月額料金を安くしたい』という人にぴったり。

LINEMOには月額990円(税込)の『ミニプラン(3GB)』が用意されており、格安SIM並みの安さでSoftBank回線を利用可能。安いだけでなく、対象となるLINEサービス利用時の通信がノーカウントになる『LINEギガフリー』に対応しているのもポイント。

For LINEMO users who have an iPhone sleeping at home, let's try "watching"! You can meet your pet from outside with "0 data consumption"!
家にiPhoneが眠ってるLINEMOユーザーは『見守り』を試してみよう!外出先から『データ消費0』でペットに会える!

続きを見る

SoftBankからの乗り換え候補として一番お勧めなのは、問答無用で『LINEMO』です。期間限定でお得なキャンペーンが開催されているので、検討している人はとりあえず公式HPをチェックしてみましょう。

LINEMOについて

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, Gadget NEWS, IIJmio, LINEMO, mineo, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, 格安SIM
-, ,