Google検索結果が酷くなってしまった『本当の理由』。大きな原因は『2023年10月』に行われたコアアップデート

一部広告リンクを使用しています。

なぜGoogleの検索結果がオワコン化したのか

一時期から『Googleの検索結果がひどい』という意見を頻繁に目にする様になりました。『AI記事が増えすぎたから』『SEO対策をするメディアが増えすぎたから』など、憶測も混じった解析が一部の機関から挙げられています。

確かに上記も一部の要因かもしれません。しかし一番は『2023年10月』に行われた、Googleの『コアアルゴリズムアップデート(通称コアアップデート)』です。

コアアップデートとは、アルゴリズムの見直しを行い表示内容の健全化を行う事が本来の目的。例えば『外国サイトの和訳をChat GPTにかけて要約しただけの記事』などは、本来コアアップデートで表示結果から弾くべきです。

コアアップデートはこれまで何度も行われていますが、2023年10月に行われた内容は、それまでと大きく異なる類をみないものでした。最大の流入元となる『Google Discover』に掲載されるドメインが激減。

Google Discoverの内容を最適化することは出来るのか
コアアップデートでGoogle Discoverの内容が大幅刷新!法人メインに。興味が無いサイトを非表示にし続けた結果

続きを見る

当サイトも2023年10月のコアアップデートで『Google Discover』への掲載から除外され、今も非掲載の状態が続いています。

では、Google Discoverに掲載されなくなると一体何が起こるのか。先述している通り、Google Discoverは多くのメディアにとって最大の流入元です。それが断たれると『運営出来なくなる』というのがまず第一です。

また、Google Discoverに掲載されたメディアはアクセスが増えるので『検索結果の上位に表示されやすい』という特性を持ちます。

以前は様々なメディアがGoogle Discoverに表示されていたので、流動性も踏まえた上で『ガチガチにSEOで固めたメディア以外』も上位に表示されていました。ある意味ユーザーファーストにのっとった健全な状態だったのです。

しかし2023年10月のコアアップデートで『ドメイン制限』が行われたことで、検索上位がほぼ『固定』の状況に。

2023年10月以前はGoogle Discoverで気になる記事を見つけられ、それが導線となって検索結果に反映されていたので、『欲しい情報』がすぐに見つかっていたのです。

その導線が遮断されてしまったのだから『欲しい情報が中々見つからない』となるのは当然のこと。

もっとも、Google Discoverに掲載されているメディアがすべて『高品質』であれば、ここまで混乱した状況に陥ることは無かったはず。しかし中にはプロバイダを偽った怪しい多言語メディアや、海外サイトの和訳をChat GPTで要約しただけのメディアが混在しています。

Google Discoverにはそういったメディアを通報する仕組みも用意されていますが、上記の様に質の低いメディアは減るどころか増える一方。それが『検索結果の悪化』につながっていると考えます。

Googleは生成AIを開発している側なので、AI記事が増えることは容易に推測出来たはず。それなのになぜ、AIで記事を書いていない(AIが台頭するずっと前から質の高い記事を書いている)真っ当なメディアを、2023年10月に行ったコアアップデートでGoogle Discoverから除外したのか。それが不思議でなりません。

Google Discoverに表示される内容をユーザーではなく『イチ企業』に決めさせてしまうと、WEBの情報はその『イチ企業』が独占的に操作出来ることに。個人的にはそれが一番問題であると考えます。

私は実際にメディアを運営(最高月間PV100万超え)しているので『メディア』『ユーザー』両方の立場で現状を判断することが出来ます。Google Discoverに掲載されているメディアは、『すまほん!!』など一部の有志以外多くを語りたがりません(もしくは完全な的外れ)。

Google Discoverへの掲載から除外されたメディアは、運営出来ないレベルにアクセスが激減しているので、必然的に『アフィリエイト』を利用した記事が増えてしまいます。そこに関しての批判は完全に『死体蹴り』なので、今は少し控えていただいたほうが良いかと。

このままだと、多くの小メディア(当サイトを含む)は消えてなくなります。RSSを登録したりSNSをフォローするなど、個人的に気になるメディアがある場合は、応援をどうぞよろしくお願い致します。

運営者の怠慢で更新が滞っているわけではありません。2023年10月のコアアップデート以降は『運営出来ない状況に陥っている』というのが正しいです。

Googleがオワコン化してしまったと感じているのは、ユーザーだけでなくメディア運営者も同じ。2023年10月以前のコアアルゴリズムにロールバックされることが一縷の望みです。

follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Gadget NEWS, google, カテゴリー
-, ,