Anker Nano Power Bank USB-Cを買った理由は『今のスマホ』に最適なモバイルバッテリーだから。

2024年2月3日

一部広告リンクを使用しています。

最新のスマホにとって本当に必要な充電保険的なAnkerの充電器

Ankerより

スマートフォンの『電池もち』を主に決めるのは、主に『電池容量』と『Socの電力効率』です。近年は電池の大容量化が進み(Android端末に関しては4,000mAh以上が一般的)、Socも電力効率の向上が顕著に。

つまり電池もちは格段に『良くなっている』のです。しかし5年以上前に発売されたスマートフォンを使い続けていたりすると、『電池容量が少ない』『Socの電力効率が低い』に加えて『電池の最大容量が減っている』という三重苦に陥ります。

すごい勢いで電池残量が減るので、それを補うため『スマートフォンよりも重たい大容量モバイルバッテリー』を手放せない状況に。これは全てにおいて『非効率』です。通信業者が行っているキャンペーンを利用すれば、電池もちの良い『最新型』に安価で乗り換えることが可能。

電池もち』『一般的な使いやすさ』『価格』を優先するなら『Motorola moto g53j 5G』『Motorola moto g53y 5G』『Xiaomi Redmi 12 5G』あたりがお勧めです。

8GBの大容量メモリ&120Hzのリフレッシュレートに対応するMotorolaのエントリーモデルmoto g53j(53y) 5Gのセール価格
Motorola moto g53j(g53y) 5Gを安く買える店は?120Hzの激ヌルディスプレイ&大容量スマホ!

続きを見る

Redmi 12 5Gを安く購入する方法
【2/21】Redmi 12 5Gを安く買える店は?MNPなら4千円台!スナドラ4Gen2とFeliCa搭載スマホ

続きを見る

しかし最新型のスマートフォンを使っていても、『充電のし忘れ』は誰にでもあるはず。ギリギリの時間に慌てて家を飛び出し、電車の中で『電池残量10%』に気づくという絶望的な経験を私も何度かしています。

最新のスマートフォンに合わせてモバイルバッテリーを購入するなら、以前のように『スマートフォンの利用時間を長くする』ことを目的とせず、『不測の事態を補う』のを一番に重視すべき。

そうなると『大容量』は優先項目から除外。必要なのは『軽量』『ある程度の出力』『携帯しやすさ』の3点。

軽量』であれば日常的にカバンの中に入れていても負担になりませんし、『出力』がそれなりであれば長い時間をかけずに充電を終えられます(この部分はスマートフォンが対応する充電速度にも依存)。

携帯しやすさ』はサイズも重要になりますが、個人的に欲しいと思っていたのは『充電コネクタ一体型』。『充電ケーブルを別に持ち歩く』というのは正直面倒ですし、そもそもケーブルを忘れたら充電を行う事が出来ません。

安くて実用的に使えるSIMに乗り換えて効率的に節約しよう
【実際に使ってる】月額990円で満足度が高いハイコスパSIM3選。固定費を削減したいなら通信業者を乗り換えるのが一番楽

続きを見る

電池容量はどの程度が理想的と言えるか。モバイルバッテリーでスマートフォンを充電する際には、電気抵抗による『送電ロス』が必ず発生。私が所有する電池容量『5,000mAh』のモバイルバッテリーでは、4,500mAhのスマートフォンを『82%』充電出来ました。

スマートフォン自体の電池もちが長くなっているので、『フル充電』を目的とする必要はなし。よって個人的には『5,000mAh』程度の容量が最適だと考えます。

すでに所有している5,000mAhのモバイルバッテリーは、『AC充電器』としても使う事が可能。ただし『コネクタ一体型』ではありませんし、重さが『150g』を超えているのでこの部分をもう少し改善したい。

[Surprise] What kind of people do you recommend mineo's My Soku? Introducing the features of Super Light, Light, Standard, and Premium by plan
【驚安】mineoのマイそくはどんな人にお勧め?スーパーライト、ライト、スタンダード、プレミアムの特徴をプラン別に紹介

続きを見る

電池容量5,000mAh』『重さ100g程度』『コネクタ(USB Type-C)一体型』『18W以上の出力』というそれなりに厳しい条件でモバイルバッテリーを探してみたところ、『Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)』に辿り着きました。

Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)

Ankerより

Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)は『5,000mAh』『102g』『USB Type-Cコネクタ搭載(しかも折り畳み収納式)』『最大22.5W出力』と私が希望するスペックを全て満たしていました。

Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)

Ankerより

さらに『パススルー充電』に対応しているので、モバイルバッテリーを充電しながらスマートフォンを同時に充電可能。『モバイルバッテリー自体の充電し忘れ』を防げます。

Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)

Ankerより

ぱっと見は『ただの小型充電器』ですが、流石充電器メーカーが『2023年9月』という比較的新しい時期にリリースした製品。最近のスマートフォン性能にしっかり合わせて作られている!思わず買ってしまいました(色はホワイト)。レビューは少し使ってからお届け予定です。

格安SIMのmineoが平日お昼の通信品質大幅改善!よりハイコスパなサービスに
mineoが2023年1月比較で平日昼の『通信品質約5倍改善』!2月28日から『ファンとく』刷新しmineoコイン配布

続きを見る

Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)の主な仕様

サイズ約 77 x 37 x 25 mm
重さ約102g
USB-C 入力5V = 3A / 9V = 2A (MAX 18W)
USB-C 出力5V = 3A / 9V = 2.22A / 10V = 2.25A (MAX 22.5W)
電池容量5,000mAh
カラーホワイト/ブラック/グレイッシュブルー/パープル/グリーン
ポート数2 (USB-Cx2)
同梱品Anker Nano Power Bank (22.5W, Built-In USB-C Connector)、USB-C&USB-Cケーブル (0.6m) 、取扱説明書
follow us in feedly

サイト内の情報をワード検索

Googleニュース
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget@outlook.jp

-Android, ANKER, Anker Nano Power Bank USB-C, Gadget NEWS, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, ハイガジェ注目トピックス, 充電器
-, ,