povo2.0とLINEMOなら月額『千円』程度でデュアルMNO環境を構築出来る!突発的な通信障害対策にもお勧め。

povo2.0とLINEMOなら月額千円でデュアルMNO環境構築可能!通信障害にも強い!

人々の生活に無くてはならないアイテムの一つとなった『スマートフォン』。『分からない事を調べる』『オンラインショップで買い物』『目的地までの案内』『外国語の通訳』『テレビ電話』『音声通話』『ストリーミング動画を観る・音楽を聴く』など出来る事は無数にあります。

Snapdragon 8 gen 1の驚くべきGPU性能!Motorola edge 30 proのベンチマークスコア実測

スマートフォンを利用する上で必須となるのが『通信回線』。通信障害が起きると、出来ることが一気に制限されます。連絡が遮断されるので、家族・知人・取引先に心配、迷惑をかける事になりかねません。

いつでも連絡がとれて当たり前』の時代となった今だからこそ、導入を検討したいのが『通信の保険』です。例えばNTTドコモの回線が障害を起こしたとしても、SoftBank回線と『デュアルSIM運用』していれば『通信出来ない状況』を回避出来ます。

通信に保険をかけるならデュアルSIM運用
NTTドコモ、SoftBank、au回線をデュアルSIMして通信に保険をかけよう。備えあれば憂いなし!繋がるを担保する

続きを見る

通信業者は自ら回線を提供している『MNO』と、MNOから回線をレンタルしている『MVNO』に分かれます。『通信の保険』が一般化されてくると、1つの通信キャリアで障害が起こった時に、他のキャリアに切り替えて利用する人が一気に増加。

通信に保険をかけるならデュアルSIM運用

そこで臨機応変に対応出来るのは、回線の管理をしやすい『MNO』です。MNOは基地局も設営及び管理、直営店の維持費が発生するので、少し前までは基本料金がMVNOと比較してかなり割高でした。

しかしNTTドコモの『ahamo』、auの『povo2.0』やSoftBankの『LINEMO』は、窓口をオンラインに限定する事でランニングコストを大幅に削減。料金設定をMVNO並に引き下げました。

ahamo(NTTドコモ)LINEMO(Softbank)povo 2.0(KDDI)
3GBなし990円(税込) 低速:最大300kbps990円(税込) 低速:最大128kbps(使用期限30日)
20GB2,970円(税込) 低速:最大1Mbps2,728円(税込) 低速:最大1Mbps2,700円(税込) 低速:128kps(使用期限30日)
国内5分以内かけ放題無料550円(税込)※契約から1年間無料550円(税込)
国内無制限かけ放題1,100円(税込)1,650円(税込)1,650円(税込)
通話料金30秒あたり22円(税込)30秒あたり22円(税込)30秒あたり22円(税込)
eSIM対応対応対応
契約事務手数料無料無料無料
解約事務手数料無料無料無料

povo2.0は月額基本料金が『無料』。利用したい分だけデータやコンテンツを『トッピング』する形式。トッピングをしなくても最大『128kbps』の速度でデータ通信及び通話が可能です。不定期でデータ容量のプレゼントキャンペーンを行ったりもするので契約しておいて損はなし。

povo2.0が12月31日まで大感謝祭開催中

ただし注意事項に『180日間以上有料トッピングの購入等がない場合、利用停止、契約解除となることがあります』との記載があるので、その点は注意が必要。永久的に『0円運用』出来るわけではありません。

それでも『必要な時のみトッピングする』という使い方は通信の保険にベストマッチ。仮に障害が起こらなかったとしても、『smash使い放題パック(220円)』『データ使い放題24時間(330円)』といった実用的に使える格安トッピングが用意されているので、1年を通しての負担は微々たるもの。

トッピングメニュー

povo2.0より

LINEMOの『ミニプラン』は月額『990円(税込)』でデータ量が『3GB』。千円切りというMNOらしからぬ料金設定ながら、電話番号もしっかりと付与されます。

さらにLINEMOのミニプランは上位の『スマホプラン』と同様に『LINEギガフリー』に対応。LINEアプリを利用した『トーク』『音声通話』『ビデオ電話』に関するデータ消費が『ゼロ』に。頻繁に友達や家族とビデオ電話をしているという人にとっては神的サービス。頻繁にPayPayポイント還元キャンペーンを行っているので要チェック。

LINEギガフリー

LINEMOより

povo2.0LINEMOの組み合わせであれば、MNO環境でありながら通信の保険までつけて月額コストは千円程度。あまりスマートフォンを使わない人にもお勧めしたい組み合わせ。お試しください。

デュアルSIM設定方法
デュアルSIMはこうやって設定する!OCNモバイルONEとLINEMOを1台のスマホで使用する方法を分かりやすく解説。

続きを見る

Redmi Note 10Tを楽天モバイルとpovo2.0で0円デュアルSIM
シャオミの5GエントリースマホRedmi Note 10Tを楽天モバイルとpovo2.0で千円デュアルSIM化してみた

続きを見る

povo2.0について

  • 音声対応SIM基本料金:0円(税込)
  • 契約月の基本料金:0円(税込)
  • 5分かけ放題:550円(税込)
  • 無制限かけ放題(専用通話アプリ不要):1,650円(税込)
  • 通話料金:22円/30秒
  • データ容量:1GB~(トッピング式)
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • 通信回線:au
  • 公式サイト:https://povo.jp/

LINEMOについて

  • 音声対応SIM基本料金:990円(税込)~
  • 契約月の基本料金:日割り
  • 5分かけ放題:550円(税込)
  • 無制限かけ放題(専用通話アプリ不要):1,650円(税込)
  • 通話料金:22円/30秒
  • データ容量:3GB~
  • 翌月くりこし:非対応
  • 5G:対応
  • 低速切り替え:非対応
  • 通信回線:SoftBank
  • 公式サイト:https://www.linemo.jp/

この記事に関連するカテゴリー

格安SIM

格安SIMに関連する記事

follow us in feedly
  • この記事を書いた人

ハイパーガジェット通信

実機を使ったSIMフリースマートフォンに関するレビューを中心に、通信料金が節約出来る格安SIM、その他ガジェットに関する最新情報を配信中! 問い合わせ:hypergadget555@gmail.com

-Android, Gadget NEWS, LINEMO, povo, povo2.0, SIMフリー, カテゴリー, スマートフォン, スマートフォン役立ち, ハイガジェ注目トピックス, ファブレット, 役立ち, 格安SIM
-, , , , , , ,