povo2.0

勢いで楽天モバイルからpovo2.0に乗り換えするとハマるかも。解約せずに0円で環境改善が正解。3GB+かけ放題は維持

楽天モバイルでは7月1日から新プランを導入。従来プランではデータ通信1GBまで基本料金『0円』。新プランで料金が改定され、0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1G ...

楽天回線からスルッと乗り換えするならau回線

【月額千円以内】楽天モバイルからスルっと横スライドするならau回線!節約を継続出来る音声通話SIM5選。eSIM対応も

楽天モバイルは7月1日から新プランをスタート。従来プランではデータ通信1GBまでは基本料金『0円』だったのが、新プランでは0GB~3GBまで一律『1,078円(税込)』に。 データ量 0GB~1GB ...

楽天モバイルでかけ放題を続けるべきか他9社と比較

0円終了の楽天モバイルで『国内かけ放題』を続けるか?9社と比較して検討。5分はpovo2.0、10分はmineoが安い

楽天モバイルは2022年7月1日から新プランをスタート。新プランでは基本料金『0円』が廃止となり、データ通信0GB~3GBまでが一律で『1,078円(税込)』に。既存ユーザーは7月1日をもって従来プラ ...

Rakuten Handはpovo2.0で0円運用を維持

楽天モバイル『0円終了』でRakuten HandのSIMどうする?基本料金『0円運用』継続ならpovo2.0で決まり

楽天モバイルは7月1日から新料金プラン『Rakuten UN-LIMIT VII』をスタート。すでに従来プランを契約中のユーザーは7月1日時点で自動的に新プランへと移行。移行後に通信が1GB未満の場合 ...

Redmi Note 10Tを楽天モバイルとpovo2.0で0円デュアルSIM

シャオミの5GエントリースマホRedmi Note 10Tを楽天モバイルとpovo2.0で千円デュアルSIM化してみた

Xiaomi(シャオミ)から登場した5G世代のNewエントリーモデル『Redmi Note 10T』は、2種類のSIMとMicro SDカードを同時に使用する事が可能です。 ただし物理的なカードスロッ ...

デュアルSIM運用した方がスマホが便利で安く使えるかも!

2種類のSIM使ってスマホを『デュアルSIM運用』した方が、『便利』になったり利用料金が『安く』なったりするかもよ!?

スマートフォンは一般的に『SIMカード』を差し込んで使用するもの(eSIMの場合もあり)。元々は1台に1種類でしたが、2021年に通信業者各社の基本料金が大幅に値下がり。それにより2種類のSIMを使っ ...

高速通信が魅力のLINEMOやahamo

キャリアの前にLINEMOやahamoを試してみよう!安定した高速通信が魅力の格安MNO。きっと満足出来ちゃうはず!

モバイル通信サービスは『MVNO』と『MNO』に分けられます。MVNOは通信キャリアから回線・帯域をレンタルしユーザーに提供。基地局の開設及び管理が不要なだけでなく、契約やサポートをオンラインベースに ...

通信キャリアで購入したスマートフォンにお勧めなSIMと設定方法

NTTドコモ、Softbank、auで購入したスマホで使える格安なSIMはコレだぁ!通信開通までの簡単な設定方法も解説

数年前までスマートフォンは『NTTドコモ』『Softbank』『KDDI(au)』といった通信キャリアのショップで購入するのが一般的。端末には特定のSIMのみで動作する『SIMロック』がかけられていた ...

esim

2021年はeSIM対応サービスが増加!iPhoneやPixelでもデュアルSIM。オンライン上のやりとりで即開通!

少し前までは、モバイル通信を行うのに物理的な『SIMカード』が必須でした。WEBの申込みが主体となる格安SIMの場合は、申込み手続き終了後に各通信業者がSIMカードを発送。そのSIMカード受け取らなけ ...

povo2.0が12月31日まで大感謝祭開催中

povo2.0が激アツな一手を出してきた!Pontaポイント20%還元で150GBが実質10,364円!半年使えるぅ!

KDDIのオンラインブランド『povo 2.0』。バージョンアップにより基本料金は『0円』に。用途に合わせて『データ』『コンテンツ』『通話』『サポート』をトッピングする形式を新たに取り入れ、競合の『a ...

povo2.0とRakuten Linkで作る0円のかけ放題スマホ

povo2.0と楽天モバイルで作る基本料金『0円』のかけ放題スマホ。Rakuten Linkは他社回線でも通話可能!

月額基本料金『0円』で利用可能な通信サービス『povo 2.0』と『楽天モバイル』。申し込み手数料や解約手数料も『0円』。さらに従来の物理的なSIMカードに加えて『eSIM』まで選択出来る。控えめに言 ...

3千円以内でフュージョン効果抜群なSIMの組み合わせ11通り。docomo、Softbank、au、楽天回線自由自在!

2021年、総務省の指導や楽天モバイルの躍進により、通信料金は大幅に値下がりしました。値下がりに伴いユーザーの奪い合いが激化。各社はそれぞれ独自の特性を打ち出してターゲットの絞り込みを開始。それらの特 ...

ahamo、LINEMO、povo 2.0ではYouTubeの解像度指定必須な理由

デフォルトは危険!ahamo、LINEMO、povo 2.0ユーザーはYouTubeの解像度を絶対指定した方が良い理由

『ahamo』『LINEMO』『povo 2.0』は、NTTドコモ、Softbank、KDDIが提供している格安プラン。通信キャリアが直接提供している『MNO』サービスに該当するので、混雑が想定される ...

最高のSIMの選び方

SIM選びに迷ったらとりあえずahamo、LINEMO、povo2.0を試した方が良い理由。大正解はこの中にきっとある

通信業者によっては契約時に『契約事務手数料(3,300円程度)』が発生します。しかし通信キャリアNTTドコモが提供している『ahamo』、Softbankの『LINEMO』、KDDIの『povo 2. ...

Pixel 6シリーズに最適なSIM

Pixel 6シリーズにはahamo、LINEMO、povo2.0が最適な理由。eSIM対応と高速通信が肝となる!

Googleの最新スマートフォン『Pixel 6』『Pixel 6 Pro』には、同社初の独自Soc『Tensor』が搭載されています。バランスとAI性能を重視したソコソコ高性能なSocになるだろう程 ...

© 2022 ハイパーガジェット通信